*

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

公開日: : 最終更新日:2015/10/17 グルメレポート, プチ情報・便利帳


調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。
さらに連日連夜飲み歩きしていると、さらに胃腸が弱っていく。

わたしが胃もたれと胸やけでうなっていると、タイ人がこんなものをコンビニで買ってくれた。

イーノENO胃腸薬 (1)

タイ語で説明してくれたが、よくわからない。胸に手を当てて上下にさすっている。
どうやら胃腸薬のようだ。
一個12バーツ。

ENO ORANGE FLAVOURED FRUIT SALT
(イーノ オレンジ味フルーツソルト)

フルーツソルト?

果物塩?

なんだ、それ?

とりあえず、試してみよう。

イーノENO (1)

イーノENO (2)
飲み方は、コップに軽く水を入れてから、粉末を投入。かきまぜる。
すると、しゅわしゅわと泡立つ。
オレンジの香りがふわっと。
飲むと、あら不思議、胃もたれと胸やけがおさまった。あっという間に効果てきめん。
まあ、プラセボ効果かもしれないが、気分はよくなった。
オレンジフレーバーのシュワシュワ感が気持ちいい。

根本的な解決にはならないだろうけど、その場の胸焼けはおさまる。
12バーツで大したもんだ。

SPONSOR LINK



ENO ORANGE FLAVOURED FRUIT SALT

さて、このENO ORANGE FLAVOURED FRUIT SALT。
あらためて調べてみた。

日本語の情報少ないなあ。よくわからんので、英語サイトへ。

やはり胃腸薬のようで、消化不良や胸焼けに効果があるらしい。

amazon.co.jpでかろうじて一種類だけ売っているのを発見。

宣伝文句は、”Gets to work in 6 seconds

6秒で効果が現れると謳っている。

たしかに即効性はあるなあ。

商品説明には、こう書いてある。

イーノは胸焼けや消化不良の一時的な救済のための火花制酸ドリンクを生成する水と混合されている制酸剤粉末です。

制酸剤(antacid)とは何ぞや。要するに胃腸薬のことらしい。

ENOは、1850年代にイギリスのイーノさんによって発案されたもの。
インド、スペイン、ブラジル、南アフリカ、マレーシア、そしてタイでは大きなマーケットを持っているらしい。

タイで売られているENOの主な成分(製品パッケージから抜粋)

イーノENO胃腸薬 (2)

一袋の内容量は4.3g
Sodium Bicarbonate 1.96g
Citric Acid Anhydrous 1.85g
他、ちょろちょろ

医学用語は難しい。英語となると尚更だ。さっぱりわからない。
そのままグーグル翻訳にかけてみた。

炭酸水素ナトリウム1.96グラム
クエン酸無水1.85グラム

やっぱり、わからん。

ちなみに、胸焼けは英語で「Heartburn」といいます。これは、そのまんまなんで覚えやすいね。
胃もたれに相当する直訳語がないんで、「Stomach feels so heavy」とでも言えば通じやすいかな。

ちなみにタイ語は知りません。

この手の薬をタイ語で何というのかタイ人に聞いてみると、「イーノ」として答えてくれなかった。
胃腸薬=イーノの図式なわけね。
華僑系なら漢方薬を飲んでいるかも。
もちろん、薬局に行けば、きちんとした胃腸薬や整腸剤が買える。胸をさすりながらハートバーン&ストマックヘビーを連呼すれば、わかってもらえるはずだ。

後日、英語も堪能なタイ人に「ストマックメディスン」をタイ語で何と呼ぶのか聞いてみると、「ヤーロットゴート」(ロットゴット、ロットゴッ、ロットコーッとも聞こえる。ヤーは薬、ロットは車、ゴートは不明。)と教えてくれた。が、やはりタイ人はみんな「イーノ」としか呼ばないとのことだった。

それにしても、このENO、日本ではまったく無名だよなあ。
日本にはオリジナルの胃腸薬がたくさんあるからかな。

自分好みの胃腸薬を日本から持参してもいいけど、タイ旅行中に手持ちが無い時は、コンビニでENOをどうぞ。
6秒であなたの胃腸もすっきり爽快だ。

 

amazonで胃腸薬ベストセラー1位がこちら。胃腸薬ってどれがいいのか、種類が多すぎて、これまたさっぱりわからん。

SPONSOR LINK

関連記事

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

(閉店)シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

バンコク銀行ATM (1)

タイのATMや銀行窓口を使ってタイ国内送金する方法(バンコク銀行)

ごくごく一般的な旅行者には特に必要はないだろうが、熱心なリピーターとなってタイ人の知り合いが増え

記事を読む

ILOVEFARANGファラン

ファラン(Farang)というタイ語の意味と語源について考えてみた

当ブログにも頻出する単語の一つ、ファラン(farang)。 タイ好きなら、誰もが覚えてしま

記事を読む

ピーチ航空 (4)

ピーチ航空がプロモーション中。香港へ片道2000円。ついでにマカオとバンコクも行っちゃう?

ピーチ・アビエーション(ピーチ航空)が搭乗者1000万人を記念して、プロモーションを展開中。

記事を読む

Banchaing chimchum (7)

サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

パタヤのチムチュム&ムーガタ店の新規開拓シリーズです。 今回はサードロード沿いの店へお邪魔しま

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂(追記あり)

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

スクリーンショット_050517_065451_PM

タイ国際航空就航57周年記念運賃が安い。バンコク往復4万円。でも二人同時予約必要。

夏の終わりにタイ旅行を検討している友人から教えてもらった情報。 タイ国際航空のプロモーショ

記事を読む

スクートプロモーション20151029 (4)

スクートが3周年プロモーション。関空・バンコクが片道7333円。本日正午スタート!

LCCのSCOOT(スクート)がスクート就航3周年記念セールと題したプロモーションをはじめます。

記事を読む

ブッカオ火金市場 (1)

ソイブッカオの火金市場。安い衣料とローカル気分を求めるならここへ。

ソイブッカオの南端で、火曜日と金曜日限定で開かれる大型市場。 テパシットの週末ナイトマーケット

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑