*

ホテルの部屋に居座るタイレディを追い出す方法

あなたは経験がないだろうか、タイ女性名物の居座りを。
はたまた荷物置きを。

居座りは、ペイバーして一晩を過ごしたものの、翌日の昼になっても帰ろうとせず、そのままぐずぐずと部屋に居座る行為。
そのうち夕方になり、ああ出勤時間過ぎちゃった今夜もペイバーしてね、というわけだ。まあ、これは昼間に一緒に食事に出かけて、そのままバイバイすれば、防げるかな。

荷物置きは、仲良くなってペイバーしたゴーゴー嬢なりバービア嬢なりが、一度自分の部屋に帰るにしても、自分の荷物や服や化粧品をホテルの部屋に置きっぱなしにする行為だ。
また戻ってくるから、いちいち持って帰る必要ないよね、というわけだ。
つまり、毎日ペイバーしてよねという無言の圧力でもある。

時には、髪飾りなどの装飾品だけを置いていったりもする。
クローゼットの引き出しや洗面所の片隅に、ひょいと髪留めが置いてあったりするのだ。

これは、一種のマーキング行為といえるかもしれない。他の女に男(=客=カネ)は渡さないぞ、という意思表示だ。

まあ、あからさまに荷物を大量に置いていくのは、こちらのことを本当に気に入ってくれて、一緒に過ごしたいと思ってくれているからかもしれない。
そう考えると、男としては、やっぱりうれしい。

が、それが当たり前になってくると、やっぱり荷が重くなってくるもの。
他の女とも遊びたい病も発症するしね。

一緒にいるのがしんどくなるケース

相手によりけりだけど、中には図々しくなってくる女性もいる。

友人の話。
バービア嬢を最初にペイバーしてから、数日連日ペイバー。
ペイバーが当たり前になってしまった。
で、彼女の働いているバービアへ夜になってから迎えにいくと、そのバービア嬢はすでに酔っ払っていた。しかも、伝票はちゃっかり友人に回していた。
これには、さすがに友人は怒っていた。勝手に人のカネで飲むなと。
怒りながらもホテルに連れて帰ったものの、バービア嬢はベッドの上では大泣きしている。
もう限界と追い出すことにした。

また別の友人の話。
バービア嬢と仲良くなったものの、毎日のようにディスコへ連れて行かれて、辟易してきたという。
それも女性の友人も連れての明け方までのディスコ三昧。いやだと言っても、強制連行。
さすがにもう限界と追い出すことにした。

が、荷物はたくさん部屋に置いたまま。

これと似たような経験を持っているタイ好きの人も多いんじゃないでしょうかね。

そこまで嫌いにはなっていないけど、ずっと一緒にいられるのも困るというケースも多い。
一週間の滞在のうち、3日くらいならオッケーだけど、毎日はちょっとなあ。
でも、仲良くなると、タイ人は平気で荷物を置いていくしなあ。

最もシンプルな追い出し方法は、ただ一言、「Go home!」と告げるだけ。
これまでのお手当を渡して、そのまま引導も渡す。実にシンプル。

かといって、そこは心優しいというか、はっきり言えない日本人の性、高圧的に出て行けとは言い出しづらいし、慣れない英語やタイ語での説明も面倒。
言い争いになったり泣かれでもしたら、さらに面倒だ。

ええい、こうなったら、強制執行だあ。

ホテルの部屋を変えてしまう

アレカロッジ部屋

常套手段は、同じホテル内でも部屋を変えてもらうことだ。
事情を話せば、ホテル側で応じてくれるケースがほとんど。
彼女が一度自分のアパートに帰っているうちにホテルの部屋をチェンジしておくのだ。

わたしの友人は、バービア嬢が置いていった荷物をフロントに預けたうえ、部屋も変えてもらっていた。
バービア嬢がホテルにやって来ても、フロントが追い返してくれる。荷物もちゃんと返却できるんで、それほど問題にならないかな。荷物を勝手に処分しないだけ、わりと良心的かも。
かりに女性がフロントをスルーできても、部屋が変わっているので、まずたどりつけない。以前の部屋をノックしても無人のままか、別人が現れる寸法。
ホテル前でずっと見張られたらそのうち見つかるだろうけど、そこまでするタイ人はまずいない。
でも、そのバービア嬢が働く周辺のバービアには近づけないけどね。

さらに、友人は電話番号まで変えてしまっていた。
ここまですれば、日本に急遽帰ってしまったとでも思ってくれるか、素直にあきらめてくれるだろう。

一番いいのはホテル自体も移動してしまうことだろうが、予約済みの場合は、さすがにもったいない。

まあ、狭いパタヤの街。どこかで偶然ばったり出くわすこともありそうだけど、大丈夫。
きちんとその日その日でチップを渡しておけば、別に金銭トラブルに発展することはない。
単に「ジャオチュー(浮気者)」認定されるだけの話。
どうせ数日も経てば、当のバービア嬢も忘れるさ。というか、その日のうちに別の上客が見つかれば、過去のことなんてどうでもよくなるに違いない。

気にするだけ無駄な話。
お互い様である。

とはいえ、これは短期滞在、それもそれなりにセキュリティのしっかりしているホテルでの話。
たとえばアパート滞在だと、とたんに難しくなってくる。
簡単に部屋を変われないし(日本に比べればタイのアパート引っ越しは実に安くて簡単だけど)、セキュリティのゆるいアパートだと容易に入って来られる。

普段から荷物は置かせないようにすべきだ。

今回のわたしのケース

今回わたしが宿泊しているのは、ガードマンのいない小さなホテル。
夜間はほぼ無人である。いちおうオートロックになっているものの、侵入はそれほど難しくない。

27歳バービア嬢は、大量に荷物を置いている。
カバン2個、靴3足、化粧道具などなど。

なるべくなら穏便にことを済ませたい。
いつものように部屋にやって来たバービア嬢に話を切り出す。

今日から日本の友人がやって来る。
で、友人は英語もタイ語も話せない。パタヤもよく知らない。
わたしが一日中ガイドしなくちゃいけない。
だから、きみとは会う時間が取れない。
友人は4日ほどパタヤに滞在する。
友人が帰ったら、また連絡するから、とりあえずそれまでは荷物をすべて持って帰ってくれ。

とか何とか、理由を言い繕った。

日本の友人が遊びに来るのは事実。が、やって来るのはまだ先だし、滞在するのは2日だけ。パタヤには慣れているので、そこまでガイドは必要じゃない。

まあ、丸っきり嘘じゃないんで、別にいいか。

しぶしぶと納得する彼女。
でも、「ブアマイ?(飽きたの?)」と聞いてくる。
いや、飽きたわけじゃないけど。
他に女ができたんでしょ?」とも聞いてくる。
いや、まだ確定してないけど。

嫌いになってはないし、彼女の方から好意を寄せてもらっているのは感じ取れるんで悪い気はしないんだけど、なんとなく、トータルな意味合いで、しばらく距離を取りたいというのが率直な気持ち。

まあ、彼女もそれなりに経験を積んだ大人のバービア嬢。
きちんとすべての荷物をまとめてくれた。
最後は「またね」と表面的友好関係のままバイバイできた。

ちなみに、帰り際、バイクの修理代として彼女に500バーツを手渡した。
些細な手切れ金としておく。

間違いなく彼女は本心からは納得していないだろうが、それなりに理解はしてくれた。
これがもっと若くて一途な性格のタイ女性だったら、かなり揉めたかもしれない。
大人な女性で助かった。

とりあえず、居座りと置き荷物問題は片付いた。

やっぱり、最初から荷物は置いていかさないことだな。

 

でもねえ、荷物置いていっていいよと言うと、信用度が増すんだよねえ。他の女を連れ込まないつもりなんだと。
仕事終わりに泊まりに来てくれる確率も断然アップ。
バーファイン代もいらないし、チップも最低限ですむ。
長く安く関係を続けるには、いい方法なんだけど、いざ重荷になった時に困る。
いろいろ難しいパタヤ長期滞在なのである。

短期にしろ長期にしろ、パタヤで遊んでいると、女性関係で少々悩ましいケースにはよくぶち当たる。

まあ別に本気で付き合って同棲しているわけではないし、それほど気にする必要もないけどね。
同棲してたら修羅場になるだろうなあ。

その場その場でカネを払って綺麗にリセットしていくのが、一番楽で安全な遊び方だと、わかりきってはいるんだけどねえ。
たとえカネが絡んだ関係でも、男女間のことだし、そうそううまくはいかないもんです。(カネが絡まないともっと厄介だけど。)
だからこそ、タイの夜遊びは楽しいとも言えますな。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

ボムとトンシア_156_101215_010655_AM

カラオケ嬢と連夜のブンブンと添い寝(介抱付き)

37日目つづき カラオケ嬢と一発 アテンドが終了してから、深夜まで一人でバービアへ。 カラオケ

記事を読む

怒り

浮気心に目覚めた男は、ソイ6へとバイクを走らせる 沈没史第53話

  以下の記事は、2015年10月頃についての回想録です。  

記事を読む

ソイLKメトロ

特定の相手との安定の日々か、新規開拓の不安定な日々か。それが問題だ。

50日目 カラオケ嬢との日常 もはや、わたしのベッドはカラオケ嬢の定位置と化した。 彼女は一日

記事を読む

シャンペーン(シャンパーニュ)

友人のアテンド二日目。MPハニー1、LKメトロのシャンパーニュ、ソイ10バービア。

37日目 カラオケ嬢と昼食 ブンブンを中断してから、カラオケ嬢と二人で食事へ出かける。 といっ

記事を読む

ハリウッド

サードロード付近のディスコとパブ。パタヤのローカルパブには未成年がいっぱい?

54日目 いよいよパタヤ沈没生活も残り4日となった。 ゴールはもうすぐだ。 目覚めは快

記事を読む

びっくり

パタヤはやっぱり狭い街。浮気現場の目撃に注意せよ。

先のパタヤ滞在中は、ずっと特定の女性と一緒だった。 昼間は二人で食事に出かけたり、センター

記事を読む

カラオケ嬢下着

21歳カラオケラウンジ嬢と念願のブンブン。大当たりの夜。

(36日目最後) バービアでカラオケ嬢と飲む 友人のアテンドを終えて、なじみのバービアへ。 ち

記事を読む

ロイクラトーン

パタヤのロイクラトーンとゴーゴー嬢の思い出

タイの二大祭りといえば、ソンクラーンとロイクラトーン。 ソンクラーンが4月で、ロイクラ

記事を読む

イサーン語スラング

タイ語学校では教えてくれないイサーン語スラング。でも使っちゃダメよ。

英単語でイサーン語の発音ができるというおもしろい画像のご紹介。 それもイサーン語のスラングです。

記事を読む

屋台のガパオムラームック (2)

コンビニ日本飯、屋台タイ飯、虫料理。テキーラと袖の下ペイバーの夜。

19日目 豚カツバーガーとおにぎり ちょっとだけ日本食が恋しくなってきた。 ファミリーマートの

記事を読む

アドステア

Comment

  1. じゅん より:

    いつも楽しく読ませてもらってます。今回は大変ためになりました。「友人のアテンド」なるほどなるほど。

    私がいま気になっているのはお金の関係では無くなってしまった娘の対応…。初心者にありがちな過ちでしょうね。トホホ。

    ともかく後半戦も楽しみにしております! お役立ち系も夜遊び系も!

    • pattayan night より:

      友人をダシに使うのは、わりと有効かと思います。が、理由はてきとうにでっち上げてください。急にバンコクで仕事が入ったとか言って、こっそりパタヤのホテルを移るのもアリでしょうね。
      お金の関係では無くなると、手を切るのが厄介になってきますね。冷酷無比に切れれば楽なんですが、情もあることだし、なかなかねえ。修羅場にならないよう願っています。

  2. ヨッシー より:

    師匠、追い出し法 勉強になりますッ!(笑)

    最初はコスパも良いし、ガムラーン ブアになった時が確かに困りますよね・・。
    「クラップ バーン!」とは、なかなか言えない。

    私も今夜から日本を発ってパタヤに向かいます。
    今回は連休を利用した4日間の弾丸ですので新規開拓はたぶん無しです。

    ブッカオ、LK近辺をバービア嬢とウロウロしているだけだと思います。
    それっぽいヤツだな?と思われた時はぜひ、お声をお掛け下さいね。

    • pattayan night より:

      強く命令するなら「ガップ バーン シ!」ですね。さすがに言えません。怖いっす。
      わたしは、深夜12時以降に活動的になりますんで、それまでは身を潜めています。

  3. タク より:

    こんばんは~♪

    私の場合、脱いだシミーズ(古っw)をバスルームのタオル掛けに置かれたことと
    髪止めをドレツサー前に忘れられたこと
    またクレジットカードが床に落ちてた事があります。
    最初のみ悪意が感じられましたが
    全て自分で発見してますので大事に至らず。。。

    そうそう これは友人談ですが
    ホテルの部屋を変えてもらったのは良いものの
    同じフロアだった為、あっさりコール音でバレたそうです (^^)

    でもお話を拝見していると贅沢な悩みですなぁー 羨ましい!!!

    • pattayan night より:

      ヘアピンやゴムバンドくらいは、普通に落ちてますね。ま、これは単に忘れたか、どうでもいい安物なんで、放置しただけでしょう。

      同じフロアのくだりはおもしろいですね。レディが鬼の形相でドアをがんがんノックしている情景が目に浮かびます。少々詰めが甘かったですね。電話番号も変えてしまいましょう。
      友人用の番号不変の携帯と、夜遊び用のいつ番号を変えてもいい携帯の2台持ちがおすすめです。デュアルSIMのスマフォがあれば一台でオッケー♪

  4. コウ より:

    いつも楽しく ためになる 記事ありがとうございます
    特に 今回のは身につまされる話でした。
    いやーどこまでいっても 追求しきれぬ夜遊びの道ですな。
    これからも 期待しています!
    私も 明日から というか もう今日から1週間のパタヤ入りです。
    何処かで ご一緒したら よろしくお願いしますね。

    • pattayan night より:

      いえいえ、いつもご愛読ありがとうございます。
      やっぱり、タイで夜遊びしている人は、一度ならずとも遭遇する事態のようですね。
      それもコミコミで楽しみましょう。

  5. けんたろー より:

    パタヤあるあるですねw

    自分の経験だと、フェイスブックで自分が訪タイしたのを確認した嬢がアパートの1階で何時間も張り込んでいたことありますよw
    1×歳で無職の娘だったんでお金が無かったんでしょうね…
    「アタシに飽きたんでしょ~」とかアパートの前でワンワン泣かれて大変な思いをしました

    • pattayan night より:

      訪タイした日に、狙いすましたかのように電話がかかってきたりメッセージが来るのも、パタヤあるあるですね。スワンナプームからパタヤ行きエアポートバスに乗ったとたん、電話がかかってきたこともありますよ。AISの電源オン告知サービスのせいでしょうけど。
      さすがにアパート前で張り込みされた経験はないですけど。追い返すのは、さぞ大変だったでしょうねえ。

アドステア

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

sensations
【昨晩のウォーキングストリート】エアポートクラブとセンセーションズ

調べごとがあり、数日ぶりに夜のウォーキングストリートを訪れた。

camel toe pattaya (1)
ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(

→もっと見る

PAGE TOP ↑