*

ハリウッド出身のファランにとってパタヤは天国か地獄か

公開日: : エッセイ

同じ宿に長期滞在しているファランがいる。まあ、安宿なんで、そんな沈没系ファランばかりなのだが、ベランダでたばこを吸っていると、たまたま隣室のファランに声をかけられた。
緩みきった上半身裸姿で、髪はもじゃもじゃ。
挨拶してみると、彼はロサンゼルス出身の52歳。名前はボビー。
元ハリウッドで映像制作の仕事をしていたそうだ。
毎日毎日、映画やアニメの映像チェックばかりしていて、気がおかしくなりそうになって、早期退職してパタヤへ逃げてきたという。

ハリウッドでの生活やロサンゼルスの治安の悪さや物価の高さを嘆くボビー。銃、ドラッグなど問題も多い。
華やかに見えるハリウッドやロサンゼルスも、やはり息が詰まるようだ。

そのうち、話は政治的な方向へ。
ボビーは、アメリカの共和党政権が大嫌い。ブッシュ家を目の敵にしていた。
やつらはいつも戦争を起こしたがる。おれたちに戦地へ言って死ねと命令してくるのだと怒りだした。
第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争。やつらはいつだってそうだ。
やつらの名前は、「ミリタリー・インダストリアル・コンプレックス」さ、と忌々しげに語っていた。

軍産複合体ときたか、ボビー。
ノビー(落合信彦)みたいな主張しているな、ボビーよ。

大雑把に解説すると、戦争が起きることによって軍と産業は潤い、肥大化していき、権勢を維持することができる。だから、アメリカでは軍と産業が一体となった超巨大な軍産複合体が、わざと戦争を起こしているのだ、という考え方。

まあ、そういう一面があることも確かだろうけど、パタヤができたのもベトナム戦争のおかげだぜ。

その後も、ロスチャイルドやロックフェラーの名前が出てきて、話が陰謀論チックになってきた。
最後はフリーメイソンやイルミナティまで登場する始末。
ああ、これはダメなやつだ。
ノビーの次は、ベンジャミン・フルフォードかよ、ボビー。

どうやら、長年のハリウッド在籍は、ボビーの心を少々むしばんだようだ。映画と現実は分けたほうがいい。

こういうタイプにまともに反論や反対意見を述べても疲れるだけ。
というか、わたしにそこまでの英語力はない。おそらく知識量では負けていない自信はあるけど、英語で議論できる自信はない。

返事はシンプルにしておいた。

すべて忘れなよ。ここはパタヤだぜ。ただ楽しもうぜ

「おう、そうだな。」と、ぼさぼさの髪をさらにかきむしるボビー。

世界の裏ではどんな陰謀が進行しているかは知らないし、そんなものありはしないのかもれしないが、ボビーがパタヤに逃げてきたのは正解だろうね。

ここは、ある意味、世界から隔絶された、地上の天国のような場所だ。

ただし、一歩間違うと地獄への道に陥りかねない危険もある。
この地に溺れ、無一文になったり、身ぐるみ剥がされたり、ホテルから飛び降りたファランは数知れず。

世俗のしがらみや、母国での嫌なことなど、すべて忘れてしまえ。
ただ楽しめばいいのさ。けれども、地獄を想定することも忘れるな。
それがパタヤで生き残る唯一の方法さ。

まあ、ぼちぼちやっていこうぜ、ボビー。

天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。

By ニッコロ・マキャヴェッリ


関連記事

Gダイアリー

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。 購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下の

記事を読む

バービア嬢N

パタヤでアパート暮らしをしていると、夜の嬢が勝手に部屋に来るようになる

徐々にパタヤ滞在が長くなるにつれ、夜の生活も少しずつ様変わりしていくことになる。 元々

記事を読む

禁酒日夜のLKメトロ (1)

タイ国民投票による禁酒日夜のパタヤ。LKメトロ最新の様子。

旅行記の更新が著しく滞っていますが、実は、こっそりとパタヤ入りしています。 ハードな旅が続いて

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

バービア嬢、ゴーゴー嬢を囲うには一ヶ月いくら必要か?超ロングペイバー。

夜の女性を囲う 好きになってしまったタイの夜の女性がいるとしよう。 あなたはすでに帰国。

記事を読む

isaandance

サバイディーボー?シーカンボー?イサーン語を少し覚えると、パタヤの夜はもっと楽しくなるかもね。

御存知の通り、パタヤで働く人の多くがイサーン出身だ。 ソムタム売りなんか、あきらかに本場イサー

記事を読む

パタヤ新年LKメトロ花火

パタヤの大みそかは、打ち上げ花火と爆竹で大騒ぎ

年末年始の休暇を利用して、現在、パタヤへ遊びに行っている人も多いでしょう。 わたしは日本で大人しく

記事を読む

school-girl-473071_640

タイへ夜遊び旅行するなら覚える言葉は英語、それともタイ語?

なぜ日本人はタイ語を勉強するのか? パタヤのバービアやゴーゴーバーで飲んでいると、よく質問され

記事を読む

スーパーガール2

スーパーガール閉店(?)について思うこと

ここ最近、珍しくウォーキングストリートへ顔を出す機会が多い。 すると、夜だというのに、ソイ

記事を読む

ウォーキングストリート2015

彼女は床上手?夜のサービスを尋ねるならこのタイ語、ボリカーンディーマイとアオゲーンマイ

タイで夜遊びしている以上、お相手となる女性のサービスはとても重要なポイント。 せっかくバーファイン

記事を読む

ロイクラトーン

パタヤのロイクラトーンとゴーゴー嬢の思い出

タイの二大祭りといえば、ソンクラーンとロイクラトーン。 ソンクラーンが4月で、ロイクラ

記事を読む

アドステア

アドステア

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

→もっと見る

PAGE TOP ↑