*

本日の食費は70バーツ。ブッカオ市場のぶっかけ飯と屋台のカオカームー。


10日目

最後までパタヤに残っていた友人も無事に帰国への途についた。

これで、またパタヤ一人ぼっちの滞在である。
まあ、いつものことなんで平気。

これまでは、一緒に食事しているとすべて奢ってもらえたので、それなりに豪華な食事ができた。
今日からは、節約志向の食生活がはじまる。

というわけで、節約型沈没滞在者の強い見方、ブッカオ市場のぶっかけ飯屋に出かけよう。

ブッカオ常設市場のぶっかけ飯屋

ブッカオ市場

リニューアルしたブッカオ常設市場。
白を基調としたデザインになっている。

ブッカオ市場のテーブル

テントもテーブルも基本的に白。

うーん、見違えるような清潔感だなあ。

新しい食べ物屋がちょこちょこ増えている。

でも、メインはやっぱりぶっかけ飯屋である。

いくつかぶっかけ飯屋がオープンしているが、今回は右奥にある店舗へ。

ブッカオ市場のぶっかけ飯屋

定番の豚肉のレッドカレーを選択。
タイ語は不明。ゲーンカリームーでいいのかな。それともゲーンペットムーか。
ま、細かいことは抜きにして、注文は指差しでどうぞ。

ブッカオ市場のぶっかけ飯レッドカレー

ご飯にぶっかけて30バーツ。
豚肉が多くて、実に食べやすい味。おいしい。
しかも安上がり。やっぱりぶっかけ飯はいいな。

気になる屋台がいくつかあるので、おいおい紹介していこう。

ちなみにぶっかけ飯屋横にある飲水用の浄水器は、さっそく壊れていた。

ブッカオ市場の浄水器

まあ、ご愛嬌ってことで。

カオカームー

ソイチャイヤプーン入り口のカオカームー屋台

夕方以降にソイチャイヤプーンのブッカオ側入り口にやってくる屋台。
ここは、カオカームーが売り。

ソイチャイヤプーン入り口のカオカームー屋台2

見たまんま、カオカームー屋さんである。

カオ=ご飯
カー=足
ムー=豚

つまり、豚足ご飯だ。

中華風の独特の匂いが特徴。八角という香辛料をつかっているようだ。
匂いは強烈だけど、味は意外とマイルド。

屋台なのでテイクアウトでいただく。
一人前40バーツ。

ソイチャイヤプーン入り口屋台のカオカームー

大きな袋に入っているのは、カームーにかけるタレ。
かなりの量がある。

このタレは、毒々しい色をしているけど、それほど濃厚ではない。
たっぷりかけるくらいがちょうどいい。

豚足もタレもけっこううまい。
そこそこいけるね、ここのカオカームー。

が、持ち帰り用の容器では、非常に食べにくい。
すぐにご飯がこぼれてしまうし、タレも垂れてしまう。

大きな皿に移してから食べるほうがいいね。
文句を言いつつも、あっさり完食。
ゆで卵が半個入って40バーツ。まずまずお買い得。

一日の食費

というわけで、本日の食費は70バーツ。

厳密には、朝食に買い置きしてある食パン2枚にハム一枚を挟んで食べている。あとインスタントコーヒも飲んだ。
朝食代として15バーツくらいかな。

それでも朝昼晩と三食で、合計85バーツ。
食費一日100バーツ以下は、それほど難しくないな。

でも、これを毎日続けるのは、けっこう難しい。いや、ほぼ不可能と言ってもいいだろう。
このような食生活を何日か送っていると、もっと豪勢なものだったり、洋食や日本食が食べたくなってきてしまう。
パタヤの日本食はあまりにもコストパフォーマンスが悪いんでさすがに遠慮するが、洋食系に手を出すことは必至。
そうすると、一気に食費は上がってしまう。

また、栄養的偏りも心配になってくる。
野菜不足、ビタミン不足に陥りがちのタイ料理である。油分も多い。
フルーツは積極的に摂取するようにしたい。
あと、牛乳やヨーグルトなどの乳製品も摂取しておきたい。

ちょこちょことお菓子も食べたり、屋台のアイスコーヒーを買ったりもする。

そんなわけで、わたしは一日の食費予算を150バーツに設定している。
何もなければ、屋台メシを中心に100バーツ以下で過ごすことができるんで、これは決して厳しい目標値ではない。
余裕で達成可能だと思う。

まあ、2ヶ月くらいの滞在なんで、あまり小難しいことは考えずに、好きなもんを食べようかとは思っている。
安くておいしいタイ料理はたくさんあるんで、手を変え品を変え、舌と味覚をごまかしつつ、やっていこう。
ストレスを感じない程度に毎日の食生活を過ごせたら、それでオッケーでしょう。

SPONSOR LINK

関連記事

から揚げ棒とコーン

ソイボンコットのクィティアオと、屋台の唐揚げ&とうもろこし。

8日目 昼飯ソイボンコットのクィティアオナムトック 炎天下の暑い最中、ソイボンコットへ。 恒例

記事を読む

焼き鳥バーベキュー

読者さんとスレスレ談義で語り合うバービアの夜

12日目 昼飯はガパオムーサップカイダーオ 宿の近くに新しい炒めもの屋台が出現していた。 もの

記事を読む

ペパーミントゴーゴー

ペパーミントで友人のペイバーを手伝う。ボーイズタウン内のホテルはとってもマッチョな雰囲気。

9日目つづき。夜の部。 ウォーキングストリートへ 食後、ウォーキングストリートへ。 友人のうち

記事を読む

パッタイ屋台

大当たりバービア嬢との再会と、コヨーテ嬢からのヘルプ要請。屋台のパッタイうまし。

22日目 昼飯に豚の喉肉ステーキを食べて、満足。 連日連夜の肉食のような気もするが、まあいい

記事を読む

ビリヤード台

ミスしたら負けよ、バービアで集団ビリヤード勝負。マイロンペンマーで犬になれ。

7日目 昼食は焼き鳥とカオニャオとゆで卵 日中はPC作業や用事が立て込んでおり、いろいろと忙しい

記事を読む

ソイ6

ソイ6、ノースパタヤとナックルアのバービア捜索。最後はコヨーテ嬢が部屋へ。

5日目夜の部 ソイ6 パタヤカンでの食事後、ソイ6へ。 一人でソイ6を調査する。 時刻は

記事を読む

しゅうまい屋台

パットプリックゲーンと焼売。浮気心がうずくも、やっぱりコヨーテ嬢と眠る。

23日目 例によって泊まりに来たコヨーテさんの起床は正午をぶっちぎり、午後3時。 もうおやつ

記事を読む

パタヤの青空

晴れた日には洗濯とアオカンを。19歳の新人バービア嬢を涙ながらに放流。

27日目 晴れた日には洗濯を 起床は正午前。 一人で寝ると、睡眠の深さが違う。 7時間も寝れ

記事を読む

パタヤ看板

2015年5月~6月パタヤ1ヶ月沈没生活終了。当初予算と実際の出費についてのまとめ。

29泊30日。ほぼ1ヶ月のパタヤ沈没生活。 毎度恒例、滞在費や飲み代に関しての実際の費用についての

記事を読む

たこ焼きお好み焼き

ノースパタヤの日本人向けラーメン屋とたこ焼き屋とサラリーマン

(17日目つづき) ソイ3のバービアを出てから、ノースパタヤをセカンドロード沿いにさらに北上。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サライ より:

    แกง(ゲーン)は汁気が多いものを差し、逆に少ないものをพะแนง(パネーン)と言います。
    よって、このオカズはパネーンムーと呼びます。

    • pattayan night より:

      いつも基調なタイ語情報ありがとうございます。
      パネーンは、あまり聞かない言葉ですね。タイ人に聞いても、ゲーンペットだのレッドカレーだのとしか教えてくれないんで。

  2. 猫大好きパパ より:

    前回訪タイ時にはたった3日だったけど無性にインスタント味噌汁が飲みたくなりましたねぇw
    鍋が使えればマルタイラーメン塩味も持参したいとこです^^

    • pattayan night より:

      友人は、日本からインスタント味噌汁を持参してきています。
      でも、今回宿泊したアレカロッジの朝食は味噌汁付きで、インスタント味噌汁の出番はなかったようですが。

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑