*

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。

仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

ウォーキングストリート2015年5月

関連記事:深夜のウォーキングストリートは人間観察と出会いがおもしろい

この記事ではかなり割愛していたが、実際は店の周囲でけっこうな時間を待つ羽目になった。

実態はこんな感じだった。

 

ゴーゴーバーに一軒だけ入り、その後はダイヤモンドアーケードに座ったり、遊びに来ていたタイ女性と会話して時間をつぶす。
もうすることがなくなったし、そろそろコヨーテさんの働く店も閉店の時間だ。
店の近くで、ぼーっと待つことにする。

深夜のウォーキングストリート (3)

時刻はすでに深夜3時頃。
屋台がウォーキングストリート内に入ってきてもオッケーな時間帯。
周囲はにぎやかだ。

同じように閉店を待つタイ人男もちらほらと。
間違いない。ヒモ男たちだ。
中には、トムボーイ(おなべ)の姿もあった。
店からゴーゴー嬢が飛び出してきて、トムボーイにチューして、また戻っていった。
もうちょっと待っててね、ということだろう。

道端に腰かけて、タバコに火をつける。
煙を吐き出すと、急に横から肩を小突かれた。
少し離れて座っている若いタイ女性だった。
鼻をつまみながら、「メーン」と怒っている。

ああ、タバコ臭いのか。
それは、こっちが悪い。
でも、いきなり肩を小突かれるのは、あまり気分のいいものではない。

その女性が視界に入らない場所へ移動。
さらに時間をつぶす。

が、なかなか店が閉まらない。
本来の閉店時間は過ぎているはずだ。
おそらく、まだ客が残っており、チェックビンしていないのだろう。

長い。
夜中とはいえ、人通りが多いし、屋台も出没しているせいで、とても蒸し蒸ししている。
暑い。
汗がにじみ出てくる。
アルコール臭い汗のせいか、蚊が寄ってくる。
道端に捨てられた生ごみと屋台の匂いにひきつけられたハエが飛び回っている。
蚊とハエにたかられながら、ひたすら待つ。

なんか、すごく虚しくなってきた。

いい年した男が、自分よりはるかに年下の女性をこんな風に待つのが馬鹿らしく思えてきた。
人生の貴重な時間を無駄に過ごしている気分になってしまった。
ほんの数十分程度の時間なのだが、果てしなく虚しい。

こんなことをしているくらいなら、部屋で寝ていたほうがましだったかも。
いや、そもそも、パタヤで遊ばずに、日本で真面目に労働しているほうが、よほど有意義な時間の使い方ではないのか。たとえ社畜と罵れ、プライベートと家庭を犠牲にして会社のために粉骨砕身して働いていようとも、ある種の生きがいや充実感は得られるに違いない。

が、これは、とてもつなく非生産的な行為だ。
ヒモ男のように、女の仕事終わりを待つだけの虚しい行為。

いや、そんな考え方をしてしまうこと自体、日本的な精神風土からまだまだ脱却できていない証左なのかとも考えてしまい、頭はぐるぐるとまわり、気持ちも晴れない。

すべては、むせ返るような南国の熱気と、世界屈指の歓楽街の持つ魔力のせいかもしれない。

と、ぐだぐだになりつつも、ようやく閉店した店から出てきたコヨーテさんの満面の笑顔を見ると、待っていてよかったなあと心から思ってしまうのだった。
何歳になっても、男というのは度しがたい生物のようだ。

 

わかったことが一つある。
これは、疲れる。
世の中のヒモ男のみなさんの苦労が痛いほどわかった。

ヒモは楽じゃない。
いや、肉体的には楽だ。
ただ待っているだけだし。
あとはせいぜい、愚痴を聞いてなぐさめてあげるくらい。
まあ、夜のサービスも必要かな。

しかし、精神的には意外ときつい。
わたしには無理かもしれない。
ついつい、あれこれ考えてしまう。
考えすぎる男に、ヒモは務まらない。

マイキットディークワー=考え過ぎないほうがいい

なんとなくタイ人ヒモ男の気質がわかったような気がする。

 

そんわけで、これを最後にして、仕事終わりのコヨーテ嬢を迎えに行くのはやめた。
精神衛生上、よろしくない。

バービアで飲み歩いてから、部屋でうつらうつらした状態で待つようにした。
これはこれで、しんどいけれど、深夜のウォーキングで汗にまみれながらじっと待つよりかは楽だ。

タイのヒモ男のみなさん、いろんな意味で、毎晩おつとめごくろうさまです。
わたしは無理です。
今夜も、疲れきったタイ女性たちを癒やしてあげてください。

では、ごきげんよう。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

Gift

カラオケ嬢が欲しがるお土産は3つ。でも最高のお土産はアレだよ。

タイ訪問まであと少しだが、カラオケ嬢とは毎日のようにLINEのビデオコールでやりとりしている

記事を読む

girl

ホテルのフロントレディをナンパせよ指令

友人にナンパを託す 2年ほど前の話。 わたしはパタヤにアパートを借りて長期滞在していた。

記事を読む

アレカロッジ部屋

ホテルの部屋に居座るタイレディを追い出す方法

あなたは経験がないだろうか、タイ女性名物の居座りを。 はたまた荷物置きを。 居座りは、ペイバ

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

ベトナム 女性

ASEAN自由化で、ベトナム人バービア嬢やゴーゴーダンサーが誕生するのか?

ベトナム人バービア嬢がやって来る? 去年の暮れ頃のこと。 知り合いのバービアママさんと話をしてい

記事を読む

スクリーンショット_061516_074709_PM

Gダイアリー最新号のタイ夜遊びブログ34選と、わたしのお気に入りブログ

紳士の雑誌「G-DIARY」最新2016年7月号に気になる記事があったので購入してみた。 タイ

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

ウォーキングストリート

ブリラム嬢との楽しい会話。タイ語、イサーン語、クメール語の3つで攻めてみよう。ついでにワイルンも。

ブリラムはイサーンの一地方。イサーンの中でも特に貧しいと言われる地域。 地図を見ればわかるように、

記事を読む

facebook

FACEBOOKにご用心。ファランから恫喝メールが届くかも。

フェイスブックに登録して、タイの女性たちとやり取りしている人も多いことでしょう。 タイ女性

記事を読む

songkran

ついにソンクラーンがはじまる。パタヤの近況。

ソンクラン2015年 いよいよ、タイ名物のソンクラーンがはじまった。 公式には4月1

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    まぁヒモ男は意外となんとも思ってないやつが多いですよwお金を迎えに行ってる気分らしいです@@私の昔の知り合いがそう言ってましたwやはり固定せずに毎晩違う子と遊ぶのがいいかもですね。。^^;せっかくの南国ですから精神に異常をきたすのは嫌ですよねw

    • pattayan night より:

      まったく、おっしゃる通りです。一種の仕事として割り切れば、迎えに行くくらい何でもないです。
      とっかえひっかえして普通にカネ払って遊ぶのが一番楽だし、楽しいですよね~

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑