パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー

パタヤカンのCafe Muan Chon アメリカンコーヒー29バーツ

投稿日:

パタヤカンとソイブッカオ交差点近くに小さなカフェがある。
店名は、Cafe Muan Chon。

Cafe Muanchon Pattaya (1)

小さなカフェだが、店内は小綺麗。
コーヒーの価格は安め。
ホットが29バーツから。
アイスは量が多くてお得。

SPONSOR LINK



Cafe Muan Chon

タイ語では、กาแฟมวลชน
カフェムアンチョンと読めばいいのか。

バンコクやチェンマイの支店を持つチェーン店のようだ。
はっきりしないが、CP系列かも。
パタヤ店は、おそらくオープンから2年ほどが経過している。存在はずっと目にしていたが、利用したのは最近になってから。

Cafe Muanchon Pattaya (10)

入り口には、IT ACCESSORY COFFEE AND BAKERYとも書いてある。

店内奥には、IT関連を扱うブースもある。

Cafe Muanchon Pattaya (3)

出張修理なども行っているようで技術者らしき人の出入りがあった。
ITとカフェの融合店らしい。

コーヒーの他、ケーキも扱う。

Cafe Muanchon Pattaya (5)

ドリンクメニュー
Cafe Muanchon Pattaya (7)

ドリンクはコーヒー、ミルク、ノンコーヒー。

コーヒーメニューをアップで。

Cafe Muanchon Pattaya (6)

ホットは、エスプレッソとアメリカーノが29バーツと格安。
カプチーノ、ラテ、モカ、マキアートが40バーツ。

アイスは、サイズが選べる。
スモールとビッグの差額が5バーツ。
アイスアメリカーノのスモールが40バーツ、ビッグが45バーツ。
ビッグサイズはかなりの量だ。22オンス。つまり、650ミリリットルほど。

見本写真付きメニューも置いてある。

Cafe Muanchon Pattaya (8)

店内の様子
Cafe Muanchon Pattaya (4)

テーブル席は3,4セットほど
カウンター席もあり。

店内は禁煙で、入り口脇に小さな喫煙可能テーブルが置いてある。

SPONSOR LINK

アイスカプチーノ

アイスカプチーノのビッグサイズをオーダー。50バーツ。

Cafe Muanchon Pattaya (9)

写真ではわかりづらいかもしれないが、かなりでかい。
さすが22オンス。
実際は氷の量が多いわけだが、それでも飲みごたえたっぷり。

甘さの指定はしなかったが、ほどよい甘さ。
苦味は少なめだが、飲みやすい味。

飲んでも飲んでもなかなかなくならない。

たっぷり飲みたい人には最適。

ホットアメリカーノ

いわゆる普通のコーヒーが飲みたい場合、タイではアメリカーノを注文すればいい。
ホットアメリカーノが29バーツ。サイズはこれだけ。

Cafe Muanchon Pattaya (2)

ブラックの状態で出される。
ごくごく普通のアメリカンである。

砂糖は付いてくるが、ミルクはない。
たぶんリクエストすればミルクを注いでくれると思う。

アメリカンだけに、それほどきつい味ではない。
それでもきちんと苦味と深みもある。酸味は少ない。

高級ではないけれど、インスタントコーヒーよりははるかにおいしい。

29バーツのアメリカンコーヒーがこのレベルなら文句ないですな。

地図と営業時間

パタヤカン沿いで、隣は老舗中華料理店のレンキー。
ソイブッカオ入り口も近い。

営業時間は、午前6時から午後9時まで。
早朝から営業しているのがすごい。

まとめ

アイスのラージサイズは飲み切るのが大変なほどの量。
大汗をかいたときの水分補給として一気に飲むか、部屋でゆっくりと時間をかけて飲むのがいいと思う。
ホットはさくっと飲みきりサイズ。店内でほっと一息つくには最適。
アイスもホットも価格を考えるとコスパ高し。
遠方からわざわざ訪れるようなカフェではないけれど、パタヤカン周辺を散歩している時にでも立ち寄るのがよさそうだ。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.