パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

Pattaya DragonとMALEEバービア群取り壊し。ラスプーチンは健在。

投稿日:

ノースパタヤのセカンドロード沿い、ソイ6とソイ5の間にあるマクドナルド。
その裏手にMPやパブや韓国レストランなどが雑多に並んでいる一角がある。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (11)

正式名称は不明だが、看板にはPATTAYA DRAGONとか書いてある。

コンクリートの骨組みと屋根だけが残された廃墟が特徴的だった。
再開発の噂が出ては立ち消えるの繰り返し。
ちっとも開発されないままだった。
それでもマッサージ屋やレストランなど店はいくつもあった。

SPONSOR LINK



PATTAYA DRAGON 取り壊し

が、先日通りかかると、あたり一面更地となり、工事用のフェンスが設置されていた。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (7)

マクドナルドも消滅。大きな看板だけが残されている。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (8)

敷地内に入ることはできる。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (10)

裏からのぞくとこうなっている。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (1)

長いフェンスとコンクリートの骨組みだけが見える。

さらに奥へ。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (2)

周辺にあった店もなくなっている。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (4)

横には小さなバービア群があったがそれも消滅。
かなり広い敷地を更地となった。

が、ビーチ側へ進むと、残っている店もある。

NAB MEN CLUB

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (3)

知る人ぞ知る、ゲイクラブである。
ステージ上でマッチョなイケメンたちが踊ったり、シャワーを浴びたりしている。
一度連れて行ってもらって、そりゃあもう場違いな雰囲気と他の男性客の目線でお尻のあたりがそわそわした覚えがある。

HAN WOO RI 韓国レストラン

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (6)

パタヤでは老舗の韓国焼肉レストランも存続。
昔一度だけ利用したことがある。
お付きのウェイトレスが次から次へと肉を焼いてくれて、自分では食べるだけ。でも焼きのペースが早すぎて、のんびりできなかった覚えがある。豚肉だけど、わりとおいしかった。

RASPUTIN

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (5)

巨大MPのラスプーチンは堂々と残っている。
何度もひな壇はのぞいた覚えあり。
営業時間は、昼12時から午前1時だそうな。

なお、ラスプーチン脇の道を通れば、そのままビーチロードへ抜けることができる。
ビーチロードとセカンドロード間の抜け道とし重宝する。
ソイ6とソイ6/1を抜け道として使ってもいいけど、いろいろとしがらみがあるし、途中でちょっかいかけられるんで、できれば静かに通りたいときもあるじゃない。

SPONSOR LINK

MALEE COMPLEX取り壊し

またセカンドロードに戻る。
マクドナルドの向かい側、セカンドロードを渡った先にはバービア群がある。

正式名称は不明だが、看板にはMALEE COMPLEXと書いてあった。

(以前の写真)
Pattaya DragonとMaleeバービア群 (12)

まあ、マリーバービア群といったところ。

そのマリーバービア群も消滅している。

Pattaya DragonとMaleeバービア群 (9)

屋根だったり、一部カウンターも残っているが、立ち入りはできないようになっている。
これはもう消滅で間違いないだろう。

ソイ6からドリンキングストリートにかけてのノースパタヤバービア群めぐりには立ち寄るスポットではあった。
特にこのバービア群に思い出はないが、バービア群がなくなるのは寂しいものだ。

 

以前の様子をグーグルストリートビューで確認。(2017年9月撮影)

左側がDragon、右側がMaleeバービア群。
手前がソイ6となる。

セカンドロードを挟んでのエリアだが、たまたま同時期に取り壊されたのか、それとも大規模な再開発の一環なのかは不明。
ホテルになりそうな気もするが、今のところ、情報はない。
健全化が進み、すぐ隣のソイ6にまでその波が押し寄せないことを祈るばかりである。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.