パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

アンヘレス情報

フィリピン・アンヘレスの薬局で頭痛薬を購入

投稿日:


アンヘレス滞在中に頭が痛くなった。
最初は軽い症状だったが、だんだんと重くなっていき、ついには座っているのもしんどい状態。
ベッドに横になると数時間眠ってしまったほど。
それでも痛みは取れない。
かばんの中を見てみるが、タイでは常備している頭痛薬のタイレノールが入っていない。
しょうがない。薬局に買いに行ってみるか。

SPONSOR LINK



アヘンレスの薬局

フィールズアベニュー沿いに比較的綺麗な薬局がある。

アンヘレスの薬局で頭痛薬 (1)

Southstar drugという店名。

地図

ウォーキングストリート内にも同名の薬局あり。

パタヤでは頻繁に薬局を利用するがフィリピンでは初めてとなる。

店内の陳列棚を探してみるが、内服薬は見当たらない。

タイではコンビニで気軽に買える頭痛薬の類もカウンターで注文しないといけないらしい。

たまたま客は誰もおらず、すぐにオーダーすることができた。
タガログ語は知らないし、当然英語で伝える。

頭を指差しながら、I have a heavy headacheと言うだけ。アイハブアヘッドエイク。冠詞のaはあってもなくても通じる。

薬剤師らしき人がさっと取り出してきた薬がこちら。

アンヘレスの薬局で頭痛薬 (2)

なんだか派手な色をしているなあ。

裏側を見てみる。

アンヘレスの薬局で頭痛薬 (3)

Ibpurofen(イブプロフェン)と書いてある。200mg配合のソフトジェルカプセル。
ファイザー製のようで、お値段85ペソ。
190円ほど。
フィリピンの物価にしては高いような気がするが、頭痛を早く治したい。熟考する余裕なし。購入。
1回1錠でいいと言われた。

実際に飲んでみると、知らないうちに頭痛は霧散していた。
これにて無事にバーホッピングができるようになった。

せっかくの旅行中に頭痛で悩まされるのは勘弁してほしい。
フィリピンのホテルはどうしても湿気が多いし、また街中は埃っぽい。
頭痛が起きやすい環境だと思う。
日本から旅行するなら、あらかじめ頭痛薬くらいは用意しておくのがいいかも。
もしも現地で手元にないなら薬局で買いましょう。簡単です。

SPONSOR LINK

-アンヘレス情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.