*

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

公開日: : グルメレポート ,


パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。
昼間でも多いが、特に夕方から深夜にかけては、車道にまでテーブルが置かれて、大繁盛である。

今回紹介するのは、どちらかというと早い時間帯にオープンしているカオガマンガイ屋台。
夕方から夜10時か11時くらいまでの営業だと思われる。

場所は、パタヤタイ通りの北側、クルンタイ(KRUNGTHAI)銀行の隣くらい。
ワットチャイ正門から歩いて2,3分くらいかな。
「CHIC」と看板のある美容クリニック(?)の店前スペースで営業している。
右隣はパッタイ屋。

道路向かいから見た屋台の外観
パタヤタイのカオマンガイ屋外観

道路向かいの様子
パタヤタイのカオマンガイ屋の向かい側

調理台をアップで
パタヤタイのカオマンガイ屋調理台

見てのとおり、カオマンガイがメイン。
CHICKEN WITH RICE FRIED CHICKEN RICEと英語表記してある。
単語がひっついてしまっているが、カオマンガイと、カオマンガイトートのことだろう。

カオマンガイ

まずは、カオマンガイを食べてみた。

スープが大きな器で出てきた。これは、いたって普通かな。

ついで、メインディッシュが登場。

パタヤタイのカオマンガイ (1)
鶏肉がほどよく分厚い。
しかも、いいツヤが出ている。

お、うまい。
柔らかくて、それでいて弾力のある食べごたえ。
いい仕事してるなあ。

内臓系もしっかり煮こまれており、臭みが少なく食べやすい。

ブッカオとパタヤタイ交差点にあるカオマンガイ屋の鶏肉に匹敵する旨さじゃなかろうか。

ご飯もあぶらぎっておらず、食べやすい味。
ここのカオマンガイはうまいね。

パタヤタイのカオマンガイ (2)

関連記事:ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

クィッティアオ

店構えにヌードルチキンと書いてあるとおり、ここにはクィッティアオも置いてある。
2回目の訪問では、バミーを注文してみた。

バミー専門店ではないので、ムーデーンは扱ってなさそう。
ならば鶏肉を入れてもらいたいところ。
カオマンガイ用の蒸しどりを入れてもらえるはずだ。

「バミーガイ」とだけ言えば通じる。
たぶん、英語で「ヌードルチキン」でもオッケーのはず。
あ、いや、それだと、黄色い中華麺(バミー)ではなくて、細い米麺(センミーかセンレック)で出されるかも。

タイでクィッティアオを食べるなら、麺の種類は必ず覚えておきましょう。

センミー=極細麺
センレック=細麺
センヤーイ=極太麺
バミー=中華麺

 

バミーガイ到着
パタヤタイのバミーガイ1

よし。
思惑通り、がっつり蒸しどりが入っているぞ。

かき混ぜてみる。
野菜は少なめかな。テーブルの上に、もやしなんかは置いてあるので、ご自由にどうぞ。

パタヤタイのバミーガイ2

スープはあっさり味。
クセがなくて飲みやすい。

透明のスープは、ナムサイという。
特に指定しなければ、通常はナムサイで提供されるはず。

ちょっと物足りない場合は、唐辛子やナンプラーで味を整えよう。

麺のゆで加減は問題なし。
そして何より、やっぱり肉厚の鶏肉がうまい。
あっさりスープと、バミー麺と、鶏肉の相性が抜群である。

カオマンガイの油まみれのご飯や甘辛いタレが苦手な人でも、バミーと一緒なら鶏肉のうまさを味わうことができるはずだ。

ちなみに、同行のタイ人は、トムヤムスープのクィッティアオを注文していた。

パタヤタイのクィッティアオトトムヤムガイ

見るからに辛そうな色。
かなり酸っぱ辛いので、好みが分かれるところ。
タイ人によれば、味はそこそこイケるとのこと。

 

カオマンガイもクィッティアオも一品40バーツ。
いつ来てもタイ人客でにぎわっており、味は確かなようだ。

ウォーキングストリートからも余裕の徒歩圏内。
ナイトライフを満喫する前に、ちょっと寄り道して、安くておいしいカオマンガイとクィッティアオはいかが?

一皿で物足りなければ、近くに屋台が多数出没。
焼き豚、焼き鳥、寿司(一貫7バーツ)、から揚げ、フルーツ、その他、なんでも揃う。
買い食いしながら、ウォーキングへ向かえばよし。

地図

この手のカオマンガイ兼クィティアオ固定屋台は、パタヤのあちこちに出ている。
他にもおいしい店はたくさんあると思うんで、自分の好みの屋台を見つけるのも、パタヤ滞在の楽しみの一つだろう。

SPONSOR LINK

関連記事

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (2)

セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

ソイ7とソイ8を歩いていると、急に洋食が食べたくなった。 こんな時は、ソイ8にあるSAILOR

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオ2015 (1)

ブッカオ名無し食堂で久しぶりにガパオムーを食べてみた。味は復活したかな。

ソイブッカオにある青い屋根のローカル食堂。店名はない。 誰が呼んだか名付けたか、ブッカ

記事を読む

Tom yum noodle pattaya tai (5)

ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 ここは以前に紹介した。 関

記事を読む

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

【2017年追記あり】ブッカオ・ソイPPのステーキ屋SURPRISEのBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    なんちゃってカオマンガイは、ちょいちょい家で作ってたべますがやっぱり本場のは、一度は、食べないとですねぇ(≧∇≦)今回の滞在中には、立ち寄れないので次回行ってみたいです( ̄Д ̄)ノ

    • pattayan night より:

      カオマンガイは、店によって当たり外れがありますね。大外れは少ないですが、大当たりもなかなか難しいです。

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑