*

バービアでケンカはやめて。酔っ払いファランとタイ人男たち。

6日目つづき夜の部

散髪

コヨーテ嬢を見送ってから、一人で散髪へ。
いつもの散髪屋。
もう顔なじみになってきた。

散髪屋

隣ではファランが髭剃りだけしてもらっている。
少々ローカルなエリアとはいえ、ここはパタヤ。どこにでも観光客や長期滞在ファランがいる。
散髪屋の人たちもブロークンながら英語を話す。

散髪代80バーツ。

ばっさりと短くしてもらった。
さっぱりした。

知り合いのバービア嬢やママさんからは、「ロー ロー」と褒めてもらう。
どうせお世辞だろうけど、かっこいいと言われて悪い気はしない。

やはり、タイでは短い髪型のほうが受けがいいみたい。
まあ、結局は、髪型よりもカオだろうし、そして何より、カネを持っている人がモテる。
ここは夜遊びとビーチリゾートの街、パタヤ。
カネが一番だ。当たり前の話ですな。

夕食はぶっかけ飯

さて、カネのないわたしの食事は、市場のぶっかけ飯屋となる。
ブッカオ常設市場にある食堂だ。
どうやら、開店時間が遅くなってきたらしいが、さすがに夕方になるとオープンしていた。

ぶっかけ飯レッドカレー

レッドチキンカレー。
ゲーンカリーガイと言うのかな。
まあ料理名は知らなくても大丈夫。ぶっかけ飯屋なんで、指差すだけでオッケーだ。
ごはんにかけてほしい時は、「ラートカオ」と言えばよし。
別に何も言わなければ、ごはんにぶっかけてくれるけど。

目玉焼きをのせて、40バーツ。
安くてうまいね。

バービアでケンカはやめて

夜遅くなってから再度外出。
昼間にコヨーテ嬢と一発やっており、すっかり精力はなくなっている。
別に出歩く必要もないのだが、ついつい習慣のようにバービアへ足を向けてしまう。

ぶらぶら歩いていると、とあるバービアに客があふれていた。
ローシーズンなのに珍しい。
と思いきや、客のほとんどが若いタイ人男。
あとはタイ人に混じってファランが数人いて、狭い店内にひしめき合っている。
かと言って、別に盛り上がっているわけではなくて、ムスっとした顔で座っているだけ。
ちょっとヤバい雰囲気がする。

避けるようにして、近くにある知り合いのバービアへ。
そこでいつものようにビールとビリヤード。
客はファランが数人程度かな。
平和でだらけた空間だ。

しばらくすると、近くで怒号と悲鳴が上がった。
さっきのバービアからだ。
通りに出て、様子をうかがってみると、ファランとタイ人男が言い争い、胸ぐらをつかみ合っている。

やっぱりね。

諍いの原因はわからない。
でも、ファランの遊び場にタイ人男が何人も集まるとトラブルの元となる。
だから、タイ人男はそういった場所に来るべきではないし、店側も認めちゃいけない。
これは、タイ人のママさんやタイ人男の従業員が言っていることだ。

もちろん、ママさんなどの友人が一人で遊びに来る程度なら問題ない。
が、集団でタイ男がたむろしていると、ファランとしては心中穏やかではいられないのだろう。

そうなるとファラン客が寄り付かなくなってしまう。
カネを落とすのはファランたちだ。
店の経営が成り立たなくなってしまう。

ゴーゴーバーでも似たような状況で、中にはタイ人男だけの入店を禁じている店も少なくない。
特にファランオーナー店でその傾向が強いかな。
もちろん禁止していない店もたくさんあって、ハッピーグループなんかはタイ人入店オッケーのはず。
禁止している店でも、外国人と同伴ならタイ人男の入店オッケーのケースもある。

ベテランゴーゴー嬢の話では、やっぱりファランが嫌がるからタイ人男の入店を禁止しているそうな。

夜の店で働くタイ女性たちのバックには、タイの若い男たちの影がちらつく。
それはしょうがない。
ファランたちもそれは承知しているだろう。
でも、表舞台には出てくるな、おれたちの遊び場を荒らすな、ということなのかもしれない。

それがファランや外国人旅行者の傲慢なのか、当然の権利主張なのか、紳士協定による平和維持方策なのか。
最後に決めるのは店側なので、外野があれこれ言うことじゃない。
わたしとしては、みんな仲良く楽しく飲めればいいのにと思う。

逆に言えば、タイ人ローカルの遊び場に外国人が訪れるのは好ましくないということになってくる。
たとえ店側がウェルカムの態度でも、タイ人の客たちからはこころよく思われていないかもしれない。

そんなことを考えていたら、今度は隣のバービアでファラン同士の取っ組み合い寸前の口論が始まった。
女の奪い合いかね。
双方とも興奮した口調でまくしたてている。ネイティブじゃないわたしには聞き取り不可能な英語。

なんだよ、単に酔っ払ってケンカっ早くなっているだけかよ、ファラン。
タイ人男なんて関係ないし。

酔っ払いファランに注意せよ。

で、わたしの飲んでいるバービアのボスはファラン。
隣のケンカに口出ししようとしていた。
ママさん(ボスファランの奥さん)が、ぴしゃりと牽制する。

My husband,it’s not your business!
(わが夫よ、あなたには関係ない!)

すごすごと引き下がるボスファラン。
うん、最後に強いのはタイの嫁さんだな。

今夜はこれまで。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

センターン映画館

コヨーテ嬢とセンターンで映画デート。結末やいかに。

20日目 起床は昼過ぎ。 酷暑期のパタヤにしては珍しく、しとしとと雨が降っている。 昨

記事を読む

デスティニー (2)

嬢への家賃補助とLKメトロのデスティニー

16日目 パタヤ沈没後半戦突入。 ベッドでは相変わらずコヨーテさんが熟睡中だ。 後半もこの

記事を読む

エレクトリックブルー1

サードロード捜索からウォーキングへ。エレクトリックブルー初入店。新店情報あれこれ。

11日目 サードロードの出会い系酒場? 夜10時ころ、ようやく外出。 サードロードをひたすら歩

記事を読む

シーシャ

パタヤ到着後、コヨーテ嬢を呼び出しブンブンへ。夜はいつものバービアめぐり。

1日目 パタヤに午前中到着。 連絡しておいた定宿にチェックイン。部屋を用意してくれていた。

記事を読む

たこ焼きお好み焼き

ノースパタヤの日本人向けラーメン屋とたこ焼き屋とサラリーマン

(17日目つづき) ソイ3のバービアを出てから、ノースパタヤをセカンドロード沿いにさらに北上。

記事を読む

ソイ6

ソイ6、ノースパタヤとナックルアのバービア捜索。最後はコヨーテ嬢が部屋へ。

5日目夜の部 ソイ6 パタヤカンでの食事後、ソイ6へ。 一人でソイ6を調査する。 時刻は

記事を読む

パッタイ屋台

大当たりバービア嬢との再会と、コヨーテ嬢からのヘルプ要請。屋台のパッタイうまし。

22日目 昼飯に豚の喉肉ステーキを食べて、満足。 連日連夜の肉食のような気もするが、まあいい

記事を読む

ソムタムタイガイヤーンカノムジン

前半戦終了。タイガールと食べるソムタムとガイヤーンとカノムジンがたまらなく美味い。

15日目 パタヤ滞在も15日目となる。 これで予定の半分が経過したことになる。 今のと

記事を読む

から揚げ棒とコーン

ソイボンコットのクィティアオと、屋台の唐揚げ&とうもろこし。

8日目 昼飯ソイボンコットのクィティアオナムトック 炎天下の暑い最中、ソイボンコットへ。 恒例

記事を読む

2階建てバービア

ソイブッカオのバービアはどこもニアップニアップ

3日目 昼飯カオパット ソイエキサイト脇道にある食堂へ。 ここは日本語メニューが置いて

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑