パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ムーガタとチムチュム

ムーガタ屋PANPANがシーフード食べ放題店へ。活きエビ、イカ、カニ、ホタテ、牡蠣!

投稿日:


サードロードにあるカラオケ付きのムーガタ&チムチュム屋、ปั่นปั่น(PANPAN、パンパン)。
ムーガタもチムチュムもおいしいと評判。
実際何度か通ったこともある。

関連記事:ムーガタとチムチュムとカラオケの店、PANPAN(パンパン)

ムーガタは食べ放題ではなかった。

が、つい先ごろ、食べ放題へ転換した。
シーフード食べ放題で299バーツ。
しかも店舗規模を拡大。
さっそく食べみた。

SPONSOR LINK



パンパンのシーフード食べ放題ムーガタ

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (1)

こちらは従来のパンパン。
店頭に食材がずらり並んでいる。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (3)

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (2)

さらに、少しだけ北へ進んだところにも新しい店舗ができている。以前はぶっかけ飯屋があったところだ。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (21)

テーブルが10脚ほど。喫煙可能。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (9)

こちらも同じくパンパンで、ムーガタの内容も値段もまったく同じ。

ムーガタ食べ放題は2種類あって、シーフードありだと299バーツ。
シーフードなしだと159バーツだ。

もちろんシーフードありでオーダー。
テーブルの上に、従来のムーガタ鍋とシーフードを焼くための七輪をセット。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (8)

食材コーナーへ。

活きたままのエビが水槽で泳いでいる。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (13)

さらに別のクーラーボックス内でもエビが泳いでいる。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (12)

こいつを網ですくって、氷水でしめる。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (14)

自分でやってもいいし、店員に頼めばやってもらえる。
エビはきちんとしめておかないと、七輪の上で飛び跳ねて大変なことになる。

貝コーナーには、定番のホイケンやムール貝のほか、ホタテと牡蠣。
牡蠣はなかなかワイルドだ。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (16)

カニとエビとイカもあり。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (15)

カニもイカもまるごと一匹ずつ並べてある。
食べる時はハサミで切断しましょう。

通常のムーガタ食材は種類少なめ。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (17)

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (10)

豚肉は2種類のみ。
まあ、どうせ豚バラしか食べないから別にいいんだけど。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (11)

シーフード食べ放題とは別のエビやイカもあり。ちょっとしょぼい。
あと、おそらくは七輪は無し。通常のムーガタ鍋のみ。

食材が揃ったところで、ムーガタ開始。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (4)

わたしは七輪前の席で網奉行。

エビ、カニ、イカ、貝と、次々に焼いていく。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (18)

エビは、さっきまで泳いでいただけあって新鮮そのもの。
たぶん、身は生でも食べられるはず。
さっと焼いて食べてみると、実にぷりぷりしてうまい。焼き過ぎはよくない。
でも味噌の部分は焼きが足らないと生臭い。頭だけもう一度焼いて食べたりした。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (5)

カニは、見た目はそこそこ大きいが、実際には食べられる部分少なめ。
また、塩漬けにしていたようで、香ばしいのはいいけれど、かなり塩辛い。
ハサミでさばいて食べるのはいいが、やっぱり面倒くさい。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (6)

イカがうまかった。
まるごと一匹ちょうどいい大きさ。
ゲソもしっかり、頭もしっかり、本体は食べごたえあり。
これもハサミでちょっきんちょっきんと。
七輪で焼くイカの姿焼きは最高だ。
醤油がほしくなったが、まあ、タイの定番激辛タレでも充分うまい。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (7)

ご一緒にホタテはいかがですか。
ホタテを焼いていると、店員がチーズを用意してくれた。
貝殻が開いてきてところでチーズを投入。
ホタテのチーズ焼きの完成。
本当はバターがほしいけれど、文句は言うまい。
これはこれでうまい。

牡蠣もしっかりいただく。
タイ人組は焼かずにそのまま食べていた。日本人組はしっかりと焼いてから食べる。
牡蠣は牡蠣だけど、身がとてつもなく小さい。焼くとさらに縮む。
おいしいのはおいしいけれど食べごたえなし。

と、こんな感じで、ひたすらシーフードばかり食べた。
ムーガタは豚肉と白菜とスープをちょろっと飲むだけ。
ムーガタのスープは従来のパンパンと同じものだと思う。ここのスープはおいしい。
できれば最後に締めのインスタント麺を入れたかったけど、食べ放題の食材には入っていなかった。ちょっと残念。

時間制限は無し。
炭は頼めば交換してくれる。
ゆっくりじっくり食べるのがいい。

シーフード食べ放題ムーガタパンパンPANPAN (20)

2時間ほど滞在して大満足。

地図

サードロード沿いだが、ソイブッカオからも歩いて行ける。
グーグルマップによれば徒歩5分である。

グーグルマップスクリーンショット

営業時間は夕方6時くらいから朝方まで。
ソイブッカオ近辺で連れ出したバービア嬢と行くには最適。

まとめ

5人で訪れて、シーフード食べ放題、ビール大瓶3本、コーラ大瓶2本で合計1,912バーツだった。
ドリンクを水だけにしておけば、もっと安上がり。

カニはちょっと期待はずれ。
牡蠣は身が小さすぎ。
エビはうまい。
でもイカが一番うまい。
七輪で焼くイカの姿焼は最高だ。

同様に活きエビをすくって食べられるムーガタ屋がパタヤタイにある。

関連記事:生け簀のエビが食べ放題!パタヤタイの新しいムーガタ屋

シーフード食べ放題かつ自分のテーブルの上の七輪で焼くことができるムーガタ屋がパタヤに最近増えつつある。
おってレポートしていきたい。
とりあえず、パンパンのシーフード食べ放題ムーガタはけっこういけます。イカとエビ好きなら文句なしでしょう。

SPONSOR LINK

-ムーガタとチムチュム

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.