パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー

【雨降りのソイLKメトロ】TouchとPulseとCrystal ClubとQueen Club

投稿日:

夜になるとほぼ毎日のように雨が降るのが最近のパタヤの空模様。
外出するタイミングがちょっと難しい。
先週のことだが、雨の間隙をぬって、LKメトロのゴーゴーを数軒まわってきた。

普段はあまりゴーゴーへ行かないが、たまには入ってみるとおもしろい。

Touch(タッチ)

touch タッチ

まずはタッチへ。
わりと好きなゴーゴー。とはいえ、入店は久しぶり。
ドラフトビールが75バーツ。

ダンサーは2チームだろうか。
一組目は露出度高め。上下とも脱いでいる。でも、レベルはちょっと残念。
もう一組は、タッチ恒例の長袖コヨーテ衣装。こっちのほうがいい。LK基準でいうと、そこそこのレベル。
ほどよく営業にやってくるので、居心地はいい。
むっちりした色気のある19歳に言い寄られたが軽く世間話をしただけでおしまい。
意外と若いダンサーもいるなあ。
悪くない。

ショータイムはダンサー3人によるレズビアンショー。
なかなかの本気の舐め具合に見えて、これまた悪くない。

Pulse(パルス)

パルス Pulse (2)

続いては、タッチの向かい側にあるパルスへ。
たぶん、タッチとは姉妹店。

木曜日の夜12時前で場内はがらがら。
客は2,3人。
入って右側の客席上段はカーテンで仕切られていて座れないようになっているが、他に座る場所はいくらでもある状態。
変形の長細いステージでダンサーが6人。
これはちょっときついなあ。
というか、しょぼい。
おそらく2ステージで、ダンサーは全部で12,3人といったところ。
レベルも厳しめ。
しばらく来なくていいかも。
ドラフトビール75バーツ。

Crystal Club(クリスタルクラブ)

クリスタルクラブ Crystal Club

別の日、雨が降ったり止んだりのややこしい天候の下、LKメトロへ。
ちょうど到着した時に、またひどい雨が降ってきた。
あわてて入ったのが、クリスタルクラブ。
ここも好きなハコ。
これくらいのサイズのハコが一番見やすいし、滞在しやすい。

ちょうどショータイムが始まるところだった。
ダンサー二人はひらひらの衣装。両手を広げると、布も広がる。ジュディ・オングかと思いきや、蝶の衣装。バタフライ。

ショータイムはポールダンスがメイン。
二人が絡み合ってポールにぶら下がる姿はなかなか大したもの。

通常のダンスとなる。
メインステージに6人、サブステージ3つにそれぞれ一人ずつ。
というか、前から3つもサブステージあったっけ。それだけ久しぶりに入ったということか。

全体的なレベルは今ひとつ。まあ、これがLK標準。
とはいえ、ぎりぎり選べなくもない。

ドラフトビールがたしか75バーツ。忘れた。

Queen Club(クイーンクラブ)

クイーンクラブ Queen Club

クリスタルクラブから外に出ると、まだ大雨のまま。
急いで、斜め向かいにあるクイーンクラブへ駆け込む。

店内は別世界。
相変わらず天井が高くて、音響はいい。ずっしり体に染み込む重低音。好きな人は好き。ファラン客多し。
いつ入っても、にぎわっているのがクイーンクラブ。
固定ファンが多いのかも。

ダンサーはやはり南国系の顔立ちとタトゥー率高し。入れ乳率も多め。
以前に比べると少しだけ東アジア系好み顔が増えたような印象だけど、大筋は変らず。
後ろ姿はかっこいいダンサーが目に飛び込む。小麦色の肌、すらりと伸びた足、きゅっと引き締まったプリケツ、くびれたウェスト、長くつややかな黒髪。振り返るとロナウジーニョだった。マイペンライ。

ドラフトビールが65か75。忘れた。

まとめ

毎日のように雨が降るローシーズンのパタヤ。
客足も鈍りがち。全体的に客は少ない。
ダンサーもそれほど多くない。
LKメトロの現状はけっこう厳しいと思う。時間のかぎられた短期旅行者がゴーゴーで上玉を探すなら、さっさとウォーキングストリートへ行ったほうがいいと思う。
ただLKのほうが開店が早めなんで、午後7時くらいに1,2軒回ってみるのはアリかなと。

まさにこれを書いている16日の午後は、カンカン照りの快晴。
ハイシーズンまであと少し。ぼちぼち盛り上がってくることを期待。

ちなみに、ソイブッカオ沿いにあるクラブ(オアシス)は閉店中。
新しくスタッフを募集しているので、そのうち復活はしそう。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2018年(9月16日更新)


-ゴーゴーバー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.