パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート ホテル情報

ソイブッカオのバスタブ付きホテル、ゴールデンシーパタヤ (Golden Sea Pattaya)宿泊レポート

投稿日:2018年9月1日 更新日:


ソイブッカオの南側にあるゴールデンシーホテルに泊まってみた。
ここは以前友人が定宿にしており、何度か訪れたことがある。
でも実際に泊まるのは初めて。
部屋は広くて、普通に清潔。
バスタブ付きでゆっくり湯につかることができる。
ソイブッカオ沿いの安い価格帯のホテルでバスタブ付きは意外と貴重。

SPONSOR LINK



ゴールデン シー パタヤ (Golden Sea Pattaya)

ソイブッカオ側入り口
ゴールデンシーパタヤホテル (1)

こちら側の入り口は狭い。
奥右手が建物となっている。

ゴールデンシーパタヤホテル (2)

駐輪場は屋根付き。

ゴールデンシーパタヤホテル (7)

裏手にまわると大きなホテルだとわかる。
棟は全部で3つあり。

ゴールデンシーパタヤホテル (34)

さらにヴィラタイプの部屋まで用意されている。

レセプションは手前側の棟。

ゴールデンシーパタヤホテル (6)

ロビーは広々。

ゴールデンシーパタヤホテル (3)

午前11時頃にチェックインへ。
アゴダで予約した際にホテルから連絡があり、チェックインは午後2時からと言われていた。アーリーチェックインは1時間あたり100バーツとのこと。(レイトチェックアウトも1時間100バーツ)
が、すぐに部屋を用意してくれた。
ウェルカムドリンク付き。デポジット1000バーツ。

今回は一番手前のレセプションがある棟。楽でいい。
もちろんエレベーター付き。建物は8階建て。
ベルボーイに案内されて部屋まで。

廊下
ゴールデンシーパタヤホテル (33)

スーペリアルーム室内

予約したのはスーペリアルーム。おそらく一番下のグレードだと思われる。
それでも部屋の広さは40平米。けっこう広い。

ゴールデンシーパタヤホテル (18)

ゴールデンシーパタヤホテル (10)

ゴールデンシーパタヤホテル (21)

ゴールデンシーパタヤホテル (19)

鍵はカードタイプ。部屋の通電もカードを挿して行う。

ゴールデンシーパタヤホテル (9)

ベッドはキングサイズ。
サイドテーブルと照明あり。

ゴールデンシーパタヤホテル (20)

バスタオル、ハンドタオル、スイミングプール用タオルが2セット用意してある。

テレビと作業机。

ゴールデンシーパタヤホテル (13)

コンセントあり。
ティッシュボックスも置いてある。

ゴールデンシーパタヤホテル (14)

テレビはNHKワールドが見られる程度で特に日本関連のチャンネルはない。パタヤでは普通。

別途、椅子とテーブルあり。

ゴールデンシーパタヤホテル (12)

冷蔵庫は小さめ。ミニバーなしで無料の水が2本。

ゴールデンシーパタヤホテル (16)

電子ケトルとインスタントコーヒー。もちろん無料。
セーフティボックス完備。

クローゼット内には、ハンガーと傘。

ゴールデンシーパタヤホテル (8)

室内の設備は充分。
それなりに年季は入っていると思われるが、清潔に保たれている。

バルコニー

ゴールデンシーパタヤホテル (27)

これまた充分に広い。というか無駄に広い作り。
テーブルと椅子あり。

ゴールデンシーパタヤホテル (28)

さらに洗濯物干しもあり。
エアコン室外機前で干しておくと、あっという間に乾く。

ゴールデンシーパタヤホテル (29)

室内禁煙のため、喫煙はバルコニーで。灰皿は室内に置いてあるので外へ持ち出すこと。

部屋はソイブッカオ側。

ゴールデンシーパタヤホテル (30)

車の走行音が聞こえてくるが、少し距離があるので、夜はほとんど気にならない。
ぐっすり眠れた。

角部屋のため、北方向の景色も見られる。

ゴールデンシーパタヤホテル (31)

ただの雑木林だったけど。

東向きの部屋ならプールを見下ろすことができる。
こっちのほうがさらに静かだろうけど、ブッカオ側でも特に問題なし。

浴室

それほど広くないけれど、これまた充分。

ゴールデンシーパタヤホテル (22)

しかもバスタブ付きだ。

ゴールデンシーパタヤホテル (25)

水圧と温度はばっちり。
普通に熱々の風呂に入れる。

ゴールデンシーパタヤホテル (26)

ユニットタイプにつき、シャワーだけでいいなら若干面倒くさいが。

洗面台脇にはドライヤー設置。

ゴールデンシーパタヤホテル (24)

アメニティは、シャワージェル、シャンプー、固形石鹸、綿棒、シャワーキャップなど。歯ブラシなし。

ゴールデンシーパタヤホテル (23)

館内設備

1階ロビー奥がレストラン。
朝食付きプランはここで食べる。
屋外テラス席もそちらは喫煙可能。

ゴールデンシーパタヤホテル (4)

このホテルは中国系団体客も利用する。
以前友人がよく泊まっていたころの話では、団体客とバッティングするとやかましいとのこと。
ただ彼らは朝が早いそうで、少し遅めに会場に行けば、ゆっくりできるそうだ。

スイミングプールは駐輪場の上にある。

ゴールデンシーパタヤホテル (5)

あまり広くない。
奥にはミニバーもある。
利用者は、ファランがメイン。

バスタオルは部屋備え付けものを持っていけばいい。

Wi-Fi無料

作業机の上にパスワードあり。
ブラウザを開いてログインするタイプ。

接続状態はまずまず。たまに切れることがあったが、なんとか使えるレベル。
速度は並。

ジョイナーフィー無料

JF無料。
本来はIDカード預け有りだろうけど、スルー可能。
裏口からエレベーターへ直行すれば、まず呼び止められないはず。
このあたりは自己責任でどうぞ。

地図と周辺施設

地図

ホテル裏手に大型バス駐車場がある。中国人団体用だろう。
が、団体客は奥の棟に固まって泊まっているようで、日中も夜もほとんど出くわすことはなかった。

裏手からサードロード方面へ抜けられる。
ムーガタのセーチュアンが意外と近い。

関連記事:セーチュアン。199バーツでシーフード焼き放題のムーガタ屋。

ソイブッカオでソンテウに乗ればウォーキングストリートへは1本。徒歩で行けない距離でもない。
LKメトロは余裕の徒歩圏内。
コンビニはソイブッカオにいくらでもある。マッサージ屋も多い。
バーも多い。
なんでも揃っている。

まったくのパタヤ初心者はちょっと辺鄙な立地に感じるかもしれないが、ソイブッカオに馴染みのある人なら平気。

宿泊料金と予約先

たまたまアゴダで大幅割引をしていた。

スクリーンショット_082218_070048_PM

1泊778バーツ。2600円ほど。
さすがに普段はこれよりも高いが、1000バーツ以下なら値打ちあり。

ゴールデン シー パタヤ (Golden Sea Pattaya)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

ブッキングドットコム

まとめ

中国系団体客が気になるところだが、実際にはほとんど問題なし。
手前の棟と奥の棟とで棲み分けされている。
夜間も廊下で騒ぐ客はいなかった。

部屋は広くて快適。
そしてバスタブ付き。
ソイブッカオ近辺にもバスタブ付きのホテルはあるけれどそれなりに高い。
1000バーツ以下でバスタブ付きで広い部屋というのは意外とレア。
立地条件も悪くない。
全力でおすすめするほどのホテルではないけれど、選択肢の一つとして確保しておいて損はないと思う。

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート, ホテル情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.