*

ナックルアの真新しいービア群、VIP CENTER BARで飲む

48日目

ナックルアへ

夜7時頃外出。
ナックルアのバービアを捜索することにした。
噂では新しいバービア群ができたとのこと。

ドルフィンサークル近くでソンテウを降りる。

ドリフィンサークル

徒歩で捜索開始。

ナックルア通り東側を期待を込めて歩いてゆく。
本格的にナックルアのバービアめぐりをするのは半年ぶり以上だろうか。
いつだって新規捜索は楽しいものだ。

ちょっと新しいバービアが増えているような気がする。

ナックルアバービア群 (6)

ソイ31とかソイ33あたりにあるバービア群も健在。といっても規模は小さい。

ナックルアバービア群 (1)

おっと、その先に、一際大きくて綺麗なバービア群が完成している。
ソイの29/1あたりかな。

ナックルアバービア群 (3)

地図。場所は大まかです。行けばわかる。

道路側にテーブルが広げられているのが特徴。
多少時間が早いせいか、テーブル席はがらがら。
カウンター席のほうにはすでに客がちらほらと。

ナックルアバービア群 (2)

バービア群の名前を見てみると、「VIP CENTER BAR」と書いてある。
ああ、VIPセンターを取り壊して、建て直したのか。

以前のVIPバーセンター
ナックルアVIPバービア群の昔の姿

微妙に名前の語順が変わっているけど、まあたぶん同じだろう。
ずいぶんと綺麗になったものだ。
いや、はっきり覚えていないけど、別のスペースに新しく建てたのかも。

ナックルアバービア群 (4)

全部で30軒以上のスペースがあるが、実際に埋まっているのは10軒ほどだろうか。
空き店舗が多い。

ナックルアバービア群 (5)

いつ完成したのかは知らないけど、これからに期待だな。
というかナックルアという立地条件で、やっていけるのかちょっと疑問だけどね。

 

まあ、せっかくなので、一杯くらい飲んでいこうか。
ざっと見回したかぎり、特にレベルの高いバービア嬢は見当たらない。
どこでもいいやと、てきとうなバービアに入る。

ビアリオを注文。
すると、バービア嬢たちが出勤してくる。
そのたびに、出勤してきたバービア嬢が次々にリンガベル。

なんなのこれ?

あっという間に3人連続で鐘を鳴らすものだからもう大変。
まだ一本目のビールを飲んでいる最中だというのに、目の前には追加で3本並んでしまった。

タダ酒はありがたいけど、これは想定外だ。
まだ晩飯も食べておらず、軽く一本飲んで退散しようと思っていたのに。
まあこうなったらしょうがない。
空きっ腹で飲むと悪酔いしていまう。とりあえず飯だ。

イサーン屋台で晩飯

バービアの近くにイサーン屋台を発見。

イサーン屋台ガイヤーン

ガイヤーンがうまそうだ。
ちょっとサイズが大きいせいか、一個45バーツと少々高め。
カオニャオは5バーツにしておく。
あとは大好きなゆで卵(カイトム)も購入。一つでよかったのだが3個入りしかなくて20バーツ。

このゆで卵は、ごくノーマルなもの。
中には、殻ごと串に挿した味付きゆで玉子を売っている屋台もある。
あれは中身の白身と黄身が混ざっていて、ちょっと独特の色合いと風味がする。
そこそこおいしいけど、わたしはノーマルのカイトムのほうがいい。

ガイヤーンとカオニャオとゆで卵

がっつり食べる。
ガイヤーン、うまし。
カイトム、うまし。でも、卵3つは食べ過ぎだ。2つだけにしておいて、残りはお持ち帰りにする。

21歳のバービア嬢と遊ぶ

よし、腹もふくれた。
ビールはまだまだある。
出勤してきたバービア嬢の数も増えた。

誰か選ぼうかな、と。

ちょっとだけプンプイだけど、まずまず可愛らしいバービア嬢を席に呼ぶ。
ウドンタニー出身のOちゃん。
21歳。

なんでも、ここのバービア嬢たちは、みんなウドンタニー出身らしい。
ママさんの地元とのこと。

うん、ウドンタニー大好き。
もう5,6回行ったことあるよと話すと、けっこう食いついてくれる。

ラオスのビエンチャンへビザランへ行くついでにウドンタニーへ寄るケースが多いんだけど、実際、ウドンタニーはけっこう好き。
ホテル、ショッピングモール、市場、バービア、置屋が徒歩圏内に集まっていて、とても便利。

チョープ プーイン ウドン」と持ち上げておく。
これまでウドンタニー出身の子とはけっこう相性がいい。
肌の色も比較的白いし、顔もいい。
何十人と相手をしてきたタイ女性の中でも特に印象に残っているのは、ウドン出身者が多い。

そんなこんなで、ウドンタニーのOちゃんと楽しく飲む。
ようやくビールもなくなってきた。
そろそろ次の行動に移らねば。

もう一週間以上、夜のほうはご無沙汰である。
ここは、早い目に決めてしまおう。
わたしの直感では、このOちゃんはハズレではない。
たぶん、いけそうな感じ。
よし、ペイバーだ。

一緒に寝るのは笑顔でオッケーをもらう。
が、連れ出せるのは深夜0時にならないとダメとのこと。
はっきり聞いていないけど、このバービアの決まりらしい。
まだ時刻は夜10時前。
2時間以上あるのか。無理だ。
あっさりあきらめる。

あとで戻ってくるよと言い残して、チェックビン。たぶん、戻らないけど。
レディドリンクを奢って、ビール4本飲んで、トータル210バーツ。
まあ、安上がりだったし、別にいいか。

そういえば、以前飲んだナックルアのバービアでは、レディドリンクを2杯飲まさないとバーファインが500バーツというところもあった。
今回の件もあり、ナックルアのバービアは、店で飲んで騒ぐのがメインのようなイメージがついてしまった。
実際のところ、他のバービアがどういうシステムなのかはわからないけど。
正直なところ、ナックルアでがっつり夜のお相手探しをするのは、ちょっと厳しいかもね。
軽く飲むついでにいい子がいればいいかな、くらいのスタンスで遊びに行けばいいことがあるかも。

これにて、ナックルアバービア捜索終了。

次は、ノースパタヤ方面へ移動。
何としてでも、今晩のお相手を探さねば。

(つづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

ソムタム

ブッカオのバービアで今回初のペイバーするも不発におわる

(10日目つづき) まだまだ続くバービアめぐり ノースパタヤのバーめぐりを終え、ソイ6からソンテ

記事を読む

ソイ7シルバースター

読者さんとパタヤ夜遊びめぐり。LKメトロからウォーキングストリートまで。

(40日目つづき。夜の部) 以前より連絡を取り合っていた読者さんと、ようやく時間の都合が合った

記事を読む

ビアガーデン夜景

ウォーキングストリートのビアガーデンで最後の晩餐。なおも一人寝が続くパタヤの夜。

14日目 朝から少し下痢気味。 連日連夜のビール漬けがたたっているようだ。 特に昨晩の大宴

記事を読む

パタヤビーチ看板バレンタイン

ゴーゴーバー好き友人帰国。7泊で計5発。でもパタヤの魅力はそれだけじゃないよね。

22日目 ソイ6コーナーバーとソイ7のハピネスゴーゴーが取り壊し 本日が最終日となるゴーゴーバー

記事を読む

ムーカタとチムチュム

ムーガタとチムチュムで大宴会atハリウッド前。男女6人鍋物語の結末やいかに。

13日目 ムーカタとチムチュムで大宴会 夜。 友人2人とその連れ女性たちと食事へ行くことになっ

記事を読む

ブッカオ

バービアを放浪するもペイバー難民と化す

12日目 そろそろホテル代の支払いを催促された。月極めを一括払い。 ホテル代は先払いが普通だ

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

バービア嬢

久々のペイバーでようやく当たりを引く

15日目 本日の昼飯 面倒になりコンビニ弁当で済ます。 オムレツ付き豚のレッドカレー炒

記事を読む

エアポートクラブ

久しぶりに入ったエアポートクラブは、馬鹿騒ぎ健在でやっぱり楽しかった。

(夜の部つづき) ウォーキングストリート 夜、再合流して3人でウォーキングストリートへ。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽きゃべつ より:

    女の子達もスレていなさそうでパタヤのソイ7,8より良さそうですね ここに行って見ますね。

    • pattayan night より:

      ナックルアのバービアは擦れてない感じがします。ペイバー、ペイバーとうるさくないですね。
      ビアリオが75か80バーツくらいなんで、特に安くはないですが、のんびり飲むにはいいかもです。

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑