*

ナックルアの真新しいービア群、VIP CENTER BARで飲む

48日目

ナックルアへ

夜7時頃外出。
ナックルアのバービアを捜索することにした。
噂では新しいバービア群ができたとのこと。

ドルフィンサークル近くでソンテウを降りる。

ドリフィンサークル

徒歩で捜索開始。

ナックルア通り東側を期待を込めて歩いてゆく。
本格的にナックルアのバービアめぐりをするのは半年ぶり以上だろうか。
いつだって新規捜索は楽しいものだ。

ちょっと新しいバービアが増えているような気がする。

ナックルアバービア群 (6)

ソイ31とかソイ33あたりにあるバービア群も健在。といっても規模は小さい。

ナックルアバービア群 (1)

おっと、その先に、一際大きくて綺麗なバービア群が完成している。
ソイの29/1あたりかな。

ナックルアバービア群 (3)

地図。場所は大まかです。行けばわかる。

道路側にテーブルが広げられているのが特徴。
多少時間が早いせいか、テーブル席はがらがら。
カウンター席のほうにはすでに客がちらほらと。

ナックルアバービア群 (2)

バービア群の名前を見てみると、「VIP CENTER BAR」と書いてある。
ああ、VIPセンターを取り壊して、建て直したのか。

以前のVIPバーセンター
ナックルアVIPバービア群の昔の姿

微妙に名前の語順が変わっているけど、まあたぶん同じだろう。
ずいぶんと綺麗になったものだ。
いや、はっきり覚えていないけど、別のスペースに新しく建てたのかも。

ナックルアバービア群 (4)

全部で30軒以上のスペースがあるが、実際に埋まっているのは10軒ほどだろうか。
空き店舗が多い。

ナックルアバービア群 (5)

いつ完成したのかは知らないけど、これからに期待だな。
というかナックルアという立地条件で、やっていけるのかちょっと疑問だけどね。

 

まあ、せっかくなので、一杯くらい飲んでいこうか。
ざっと見回したかぎり、特にレベルの高いバービア嬢は見当たらない。
どこでもいいやと、てきとうなバービアに入る。

ビアリオを注文。
すると、バービア嬢たちが出勤してくる。
そのたびに、出勤してきたバービア嬢が次々にリンガベル。

なんなのこれ?

あっという間に3人連続で鐘を鳴らすものだからもう大変。
まだ一本目のビールを飲んでいる最中だというのに、目の前には追加で3本並んでしまった。

タダ酒はありがたいけど、これは想定外だ。
まだ晩飯も食べておらず、軽く一本飲んで退散しようと思っていたのに。
まあこうなったらしょうがない。
空きっ腹で飲むと悪酔いしていまう。とりあえず飯だ。

イサーン屋台で晩飯

バービアの近くにイサーン屋台を発見。

イサーン屋台ガイヤーン

ガイヤーンがうまそうだ。
ちょっとサイズが大きいせいか、一個45バーツと少々高め。
カオニャオは5バーツにしておく。
あとは大好きなゆで卵(カイトム)も購入。一つでよかったのだが3個入りしかなくて20バーツ。

このゆで卵は、ごくノーマルなもの。
中には、殻ごと串に挿した味付きゆで玉子を売っている屋台もある。
あれは中身の白身と黄身が混ざっていて、ちょっと独特の色合いと風味がする。
そこそこおいしいけど、わたしはノーマルのカイトムのほうがいい。

ガイヤーンとカオニャオとゆで卵

がっつり食べる。
ガイヤーン、うまし。
カイトム、うまし。でも、卵3つは食べ過ぎだ。2つだけにしておいて、残りはお持ち帰りにする。

21歳のバービア嬢と遊ぶ

よし、腹もふくれた。
ビールはまだまだある。
出勤してきたバービア嬢の数も増えた。

誰か選ぼうかな、と。

ちょっとだけプンプイだけど、まずまず可愛らしいバービア嬢を席に呼ぶ。
ウドンタニー出身のOちゃん。
21歳。

なんでも、ここのバービア嬢たちは、みんなウドンタニー出身らしい。
ママさんの地元とのこと。

うん、ウドンタニー大好き。
もう5,6回行ったことあるよと話すと、けっこう食いついてくれる。

ラオスのビエンチャンへビザランへ行くついでにウドンタニーへ寄るケースが多いんだけど、実際、ウドンタニーはけっこう好き。
ホテル、ショッピングモール、市場、バービア、置屋が徒歩圏内に集まっていて、とても便利。

チョープ プーイン ウドン」と持ち上げておく。
これまでウドンタニー出身の子とはけっこう相性がいい。
肌の色も比較的白いし、顔もいい。
何十人と相手をしてきたタイ女性の中でも特に印象に残っているのは、ウドン出身者が多い。

そんなこんなで、ウドンタニーのOちゃんと楽しく飲む。
ようやくビールもなくなってきた。
そろそろ次の行動に移らねば。

もう一週間以上、夜のほうはご無沙汰である。
ここは、早い目に決めてしまおう。
わたしの直感では、このOちゃんはハズレではない。
たぶん、いけそうな感じ。
よし、ペイバーだ。

一緒に寝るのは笑顔でオッケーをもらう。
が、連れ出せるのは深夜0時にならないとダメとのこと。
はっきり聞いていないけど、このバービアの決まりらしい。
まだ時刻は夜10時前。
2時間以上あるのか。無理だ。
あっさりあきらめる。

あとで戻ってくるよと言い残して、チェックビン。たぶん、戻らないけど。
レディドリンクを奢って、ビール4本飲んで、トータル210バーツ。
まあ、安上がりだったし、別にいいか。

そういえば、以前飲んだナックルアのバービアでは、レディドリンクを2杯飲まさないとバーファインが500バーツというところもあった。
今回の件もあり、ナックルアのバービアは、店で飲んで騒ぐのがメインのようなイメージがついてしまった。
実際のところ、他のバービアがどういうシステムなのかはわからないけど。
正直なところ、ナックルアでがっつり夜のお相手探しをするのは、ちょっと厳しいかもね。
軽く飲むついでにいい子がいればいいかな、くらいのスタンスで遊びに行けばいいことがあるかも。

これにて、ナックルアバービア捜索終了。

次は、ノースパタヤ方面へ移動。
何としてでも、今晩のお相手を探さねば。

(つづく)


関連記事

ジョーク1

ジョークとジョーク。タダでいいから連れて帰ってと言うバービア嬢。

35日目 暑い。 日中の日差しがきつくなってきた。 1月は歩いていても軽く汗ばむ程度だった

記事を読む

ブッカオ

バービアを放浪するもペイバー難民と化す

12日目 そろそろホテル代の支払いを催促された。月極めを一括払い。 ホテル代は先払いが普通だ

記事を読む

バミーガイ

マイクショッピングモールのフードコート。今宵もバービア。

パタヤ9日目 マイクショッピングモールのフードコート 昼食を食べようと、ふらふらとセカンドロード

記事を読む

ビラボンで宴会2

タイ女性5人と日本人1人で宴会するLKメトロの夜

(45日目つづき。夜遊び編) バービアで少々飲む サードロード散策を終えて、なじみのバービアへ。

記事を読む

パタヤ看板

2015年パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月15万円の予算で毎日夜遊びしながら滞在できるのか、経過報告。

ちょうど1ヶ月が経過したパタヤ沈没生活。 前半戦終了である。 まだ先はあるものの、とりあえず

記事を読む

ソイハニー

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき) 下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだ

記事を読む

ドンムアンからパタヤバス (27)

両替、送金、散髪、買い物など、パタヤ到着の昼間は用事がたくさん。

無事にイミグレーションを通過して、バスを乗り継ぎパタヤへ向かう。 が、エアポートバスの始発が7時半

記事を読む

マンダリン

深夜のゴーゴーバー放浪。TIM BAR、スパイシーガールズ、マンダリン。

(18日目つづき) バービアでのビリヤード大会を終えて、お開き。 各々、別行動へ。 わ

記事を読む

シーシャ

夜のソイボンコット散策。奢ってもらったビールとシーシャで酔いが回る。

43日目 昨晩は少々飲み過ぎたようだ。 変な角度で寝ていたせいで、首が痛い。 左右に振るに

記事を読む

マリブゴーゴー

LKメトロのマリブとソイダイアナのバービア群。あと、パタヤの出張マッサージサービスについて。

37日目 おもらし嬢を見送ってから、一人でソイブッカオの市場へ。 昼食はぶっかけご飯

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽きゃべつ より:

    女の子達もスレていなさそうでパタヤのソイ7,8より良さそうですね ここに行って見ますね。

    • pattayan night より:

      ナックルアのバービアは擦れてない感じがします。ペイバー、ペイバーとうるさくないですね。
      ビアリオが75か80バーツくらいなんで、特に安くはないですが、のんびり飲むにはいいかもです。

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑