*

LKメトロのマリブとソイダイアナのバービア群。あと、パタヤの出張マッサージサービスについて。

37日目

おもらし嬢を見送ってから、一人でソイブッカオの市場へ。

昼食はぶっかけご飯

ぶっかけ飯屋

昼ブッカオの市場でぶっかけ飯。
思いつきで食べたいものを指定したら、見事に豚肉だらけとなる。

ぶっかけ飯

ポークレッドカレーと豚肉ガーリック炒めの合掛けぶっかけ飯。
40バーツ。

この豚肉ガーリック炒めがけっこう好き。
でも、さすがにビタミン不足なような気がする。

帰り道、「オレンジュ~ス ビタミンシィー」という誘い声につられて、生搾りオレンジジュースを一本。
20バーツなり。

オレンジジュース

パタヤの街のあちこちで見かけるジュース屋台。
普通においしいよね。
オレンジ以外にも、マンゴーとかザクロとか何種類かある。

晩飯はバミーナーム

以前から気になっていたサードロードにあるバミー屋台で晩飯。
バミームーデーン。

サードロードのバミー屋台jpg (1)

しまった。また豚肉だ。
まあ、おいしかったからいいか。

関連記事:サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

ソイLKメトロのマリブ CLUB MALIBU

さて、午後10時過ぎ、ようやく夜遊び開始。
久しぶりにゴーゴーバーでも入ってみようかという気分。
ウォーキングストリートまで行くのは面倒なので、ソイLKメトロにしておく。

LKメトロのクラブマリブ
マリブゴーゴー

ミー プーイン スワイ(綺麗な女性がいるよ)」と呼び込み嬢が連呼しており思わず入店。

おいおい、どこにいるんだよ。
一番マシだったのは、案の定、派遣コヨーテというオチ。
まあ、確かに美人がいるけど、派遣を売りにしちゃだめだろ。

でも、その派遣コヨーテが横に座ってきておしゃべり。
というか、酔っぱらいファラン(アラブ系かも)に絡まれそうになり、わたしのところへ避難してきた。
よほど人畜無害に見えたのかな、わたしが。

23歳のコヨーテ嬢。コンケーン出身。
派遣コヨーテとして働き出して、まだ5日目。
10日契約で一日の給料1000バーツ。このあたりは、パタヤの派遣コヨーテの定番。
実際には、レディドリンクノルマ等があるようで、満額もらえるケースは少ないようだけど。

新人かと思いきや、以前にもゴーゴーバーで働いていた経験があるそうだ。
で、ファランの彼氏ができて、囲われていたと。
相手は57歳。
2年ほど一緒に過ごしたそうだ。
月々のお手当5万バーツ。
けっこうな金額で。
ほぼ毎日一緒に行動していたけど、2ヶ月前に破局。
理由をたずねると、「もう疲れた」とか何とか。
年齢も離れているし、いろいろ面倒なんだろうね。
で、今回、久しぶりの現場復帰となったそうだ。

彼女は英語。
わたしはタイ語。
わたしがどれだけタイ語で質問しても、答えは英語で返ってくる。

外国人=英語で話す、という図式がインプットされてしまっているのかな。
まあ、2年もファランと付き合っていれば、そうなってしまうか。

ちなみにマリブの生ビールはアサヒのスーパードライ。
65バーツ。

コヨーテ嬢とのおしゃべりのみで退店。

バービアへ

以前からちょっと気になっていたバービア嬢のところへ。
おっと、今日も客がついている。
顔がやさしそうで好みのタイプ。性格の良さが表情からにじみ出ている。

ん?
でも、よく見てみると、意外とプンプイだ。
ゆったり目の服を着ていると目立たなかったけど、今日の服装は腹回りを露出するタイプのシャツとホットパンツ。
すると、シャツとホットパンツの間に挟まれた肉が、ぷにゅりと外へはみ出している。

おもらし嬢とどっこいどっこいのプンプイさ。
とりあえず、今回はパス。

ビール一本で退散。

うろうろしていると、おもらし嬢と再会。
わたしの姿を見つけて、バーの中から飛び出してきた。
バーには入らずに立ち話。

シーツを交換したメーバーン(家政婦、ルームクリーン係のこと)に内緒にしてくれたのか、ここでもしつこく聞かれた。
だから、言わないってば。

バーの前で立ち話をしていると、ほかのお姉さんバービア嬢に叱られた。
どうやらおもらし嬢にはすでに客がついているようだった。
そそくさと戻っていくおもらし嬢。
たぶん、もう部屋へ呼ぶことはないだろうから、好都合。

出かけるのが遅かったため、時刻はすでに深夜2時前。
でも、もう一杯だけ飲みたい。

ソイダイアナのバービア群

ソイダイアナバービア群

ふらふらと、ソイダイアナのバービア群へ。
ここは、熟女とオカマの巣窟。
ごくたまに若い子が在籍していたりもするが、基本的に選べるレベルのバービア嬢は皆無に近い印象。

まあ、今日はペイバー目的ではないので、別にどこでも構わない。
一番熱心に勧誘してくれたバービアに着席。
熟女たちを話し相手にして飲む。

一人のおばさまが親切に話しかけてくれる。

女はいらないのか?
若い女がいいのか?
それともレディーボーイか?
そうか、男が好きなのか。
よし、ゲイの男を紹介してやろう。
わたしの店は何でも揃う。
女もレディーボーイもゲイも。
写真付きのメニューもあるよ。
フリーデリバリーサービスよ。
オッケー、一人ゲットしたら、もう一人フリーでつけちゃうよ。

おもしろいおばさまだった。
どうせペイバーする気がないのなら、こんな楽しいところで飲んでいたほうがいい。

深夜3時前、ようやくお開き。
本日、これまで。

パタヤの出張マッサージサービス、パタヤアウトコール

おばさまの話が気になったので、ちょっとパタヤのデリバリーサービスについて調べてみた。
いわば、ホテヘルとかデリヘルみたいなもの。

表向きはマッサージ嬢派遣だけど、まあ、やることは一つ。
例えば、ここ。パタヤアウトコール。

パタヤ出張マッサージ

http://www.pattayaoutcall.com/

HPの画像通りの女性がやって来たら嬉しいけど。
FAQによれば、在籍女性のプロフィールの98%は正確と謳っている。
ほんまかいな。

料金は、1時間800バーツから。
女性二人を呼んだら、二人で1時間1100バーツとお得。
でも、別途スペシャル代のチップがかかるはず。

他にも、ソイユメにある「MY GIRL MASSAGE」なども無料で派遣を行っている。
まあ、現物指名が基本のタイの夜遊びで、わざわざデリバリーを頼む必要もないかと思うんだけど。
あまり大っぴらに遊びに行けない事情を抱えた人や、とにかく面倒な人が利用するのかな。

どなたか、日本語で案内オッケーの日本人向けのデリヘリサービスをパタヤで始めてはいかが?
どうしても英語とタイ語に不安がある人もいるだろうから、ちょっとは需要があると思うんだけど。
いや、やっぱりパタヤでは無理かな。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ホイトート(タレートート)

ムートートとホイトートで胃もたれ。脂分はビールで洗浄すべし。

26日目 昼飯はムートート 屋台でムートートとカオニャオを注文して手早く済ますことにした。

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

サファイア

連夜のウォーキングストリートのゴーゴーバはしごで、すっかり下半身が冷えきってしまう。

(20日目つづき) 18歳と強欲ママさんのバービアをあとにする。 友人二人に電話すると、すで

記事を読む

屋台のスルメ

スルメとロティをつまみにバービアで飲む

24日目 本日の昼食 無性にフィレオフィッシュが食べたくなる。 以前はコンビニに置いて

記事を読む

NETARESORT

パタヤ昼散歩。ソイ15からベイウォーク、ソイポストオフィスまで。

昼間。 昼飯を求めて、ブッカオをぶらぶら。 そのまま、ふらふらとセカンドロードのソイ15に入って

記事を読む

ナックルアバービア群 (3)

ナックルアの真新しいービア群、VIP CENTER BARで飲む

48日目 ナックルアへ 夜7時頃外出。 ナックルアのバービアを捜索することにした。 噂で

記事を読む

バービア嬢

ノースパタヤからブッカオまでバービアめぐり。最後は22歳をペイバー。

(48日目続き) ドリンキング・ストリート ナックルアのバービア捜索を終えて、ノースパタ

記事を読む

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

セントラルフェスティバル

セントラルフェスティバルパタヤ。AISとマックガパオとダイソーとユニクロと本屋。

36日目 セントラルフェスティバル セントラルフェスティバルパタヤ。 タイ人の間での呼

記事を読む

カエルの揚げ物

ソイアルノタイのバービア探訪。カエルを食べて、最後はファランに飲まされ撃沈。

17日目 お昼ごろ、友人の宿泊するホテルへ。 現在泊まっている部屋があまり気に入らず、バスタ

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑