パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど) グルメレポート

Hawker CHAN、シンガポール発ミシュラン一つ星の香港油鶏飯(カオマンガイ)がパタヤに登場

投稿日:


飛行機が突っ込んでいる外観で有名なロイヤルガーデンプラザパタヤ。

ロイヤルガーデンプラザパタヤ

パタヤでは高級な部類のショッピングモールだ。
ビーチロード沿いの1階にはレストランやファストフード店が並ぶ。

そこに見慣れないレストランができている。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (5)

Hawker CHANと書かれた大きな横断幕。
なんでも、世界で最初にミシュランの一つ星を獲得したホーカーとのこと。
どうやら、シンガポールチキンライスの店のようだ。タイ風に言うなら、カオマンガイだな。
ミシュラン一つ星のカオマンガイってなんだよ。気になるじゃないか。
食べてみよう。

SPONSOR LINK



Hawker CHAN(ホーカーチャン) パタヤ店

入口はビーチロード沿いの1階。正確にはグランドフロアー(GF)。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (1)

店名は、Hawker CHAN。ホーカーチャン。
漢字で、何やら書いてあるがよく読めない。LIAO FAN、了凡?

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (4)

店頭に飾られたメニュー
ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (2)

具材は、鶏肉、叉焼(チャーシュー)、焼豚、ポークリブ各種。
これと、ご飯や麺を組み合わせるスタイルだ。

香港油雞飯‧麵
ホンコンソイソースチキンライス&ヌードル

と、書いてある。
厳密にいえばカオマンガイではないだろうけど、まあ、シンガポール発香港スタイルの醤油味カオマンガイってことで、この記事では押し通します。

まだオープンして間もないようで店内は広くて綺麗。
ビーチロード側がガラス張りになっていて、海が見える。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (15)

厨房にはこんがり色の鶏肉や豚肉がこれでもかとぶら下がっている。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (8)

食欲をそそりますな。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (7)

セルフサービス方式となっていて、注文はカウンターで。

メニュー
ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (6)

各組み合わせには番号が振ってあり、注文は簡単。
今回はもちろんカオマンガイを食べる。
番号R1、Soya Sauce Chicken Riceだ。95バーツ。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (3)

エキストラトッピングでチャーシューを加えたりといったアレンジもできるようです。

別途ドリンクオーダー。水が20バーツ、缶ジュース35バーツなど。
無料の水はないみたい。グラスと氷は無料。

オーダし終わると、料理ができるまでしばらく待つ。
渡された番号札が呼ばれるので、自分で取りに行く。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (11)

食器類もセルフサービス。
その横には、タレが置いてある。お好きにどうぞ。

タレは3種類。左から、黒醤油、鶏肉用チリソース、醤油。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (10)

カオマンガイには、チリソースと醤油がいいでしょう。

カオマンガイ(醤油チキンライス)

こちらが完成品。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (12)

カオマンガイをアップで。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (13)

ご飯の上にかかっているのは、薄味のタレです。これはそれほどしつこくない。
また、タイのカオマンガイと違って、ご飯自体にダシは染み込んでないみたい。
ご飯の横に添えられているのは、豆です。ピーナッツ。いいアクセントになる。

写真では大きさがわかりづらいが、鶏肉の量はさほど多くない。タイの屋台で食べるカオマンガイの並盛りと同じくらい。
でも、肉厚はばっちり。

ホーカーチャン Hawker Chan チキンライス (14)

しかも柔らかい。弾力もあって、食感もよし。
皮の部分にはタレが染み込んでいて、これがうまい。

肉の部分はそれほど味がないので、カウンターで取ってきたチリソースと醤油をかけてやると風味が断然アップ。
チリソースは、タイのカオマンガイのナムチム(タレ)よりもマイルドな味。辛さも控えめ。その分、パンチに欠ける。
醤油は普通の醤油です。
チリソースと醤油を混ぜるのが一番うまかった。
ちなみに、黒醤油は、醤油に砂糖を混ぜたもので、まったく鶏肉に合いませんでした。焼いたお餅にかけるやつだよ、これ。

醤油味のカオマンガイ。
たしかにうまかった。

ペナン島で食べた海南鶏飯に味付けはよく似ている。

ペナン島海南鶏飯カオマンガイPAKHOK (2)

関連記事:【ペナン島B級グルメ食べ歩き第二弾】ラクサ、インドカレー、ケバブ、海南鶏飯、サテ、APOMなどなど。
関連記事:【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

ペナンのカオマンガイも醤油味。
べったりと醤油ベースのタレにひたしてあり、このホーカーチャンのものより濃厚。
でも、系統は同じ。

個人的には、タイのカオマンガイよりも醤油鶏飯のほうが好きだ。

これまでミシュランの星付きレストランで食べたことがないんで、ミシュラン一つ星という基準がはたしていかなるものかよくわからないし、このチキンライスが一つ星に相当するのかも皆目見当がつかないけれど、まあ、うまいものはうまい。

量がやや少なめなこともあり、あっという間に完食。
ちょっと物足りない。
正直なところ、これで95バーツは高いかなあ。
水代20バーツを足して、合計115バーツ。
パタヤのローカルカオマンガイ屋だと40バーツから50バーツ。
ビーチ至近の立地とはいえ、割高感は否めない。
でもおいしいのは間違いない。

余裕があったら、今度はチャーシュー麺も食べてみたい。

地図と営業時間

地図

ロイヤルガーデンプラザのビーチロード側からどうぞ。もちろんセカンドロードからショッピングモール内を抜けて行くことも可能。

営業時間は、午前11時から深夜0時まで。

駐車駐輪場は地下。ビーチロード側、セカンドロード側どちらかでも入れる。かなり広いんで迷いそうになる。バイク置き場はセカンドロード寄り。

ロイヤルガーデンプラザ駐輪場 (3)

インフォメーションセンターでレシートにスタンプを押してもらうと2時間まで無料。ホーカーチャンの115バーツ分のレシートでも有効でした。

(2階のインフォメーション。他にもあるようだ。)
ロイヤルガーデンプラザ駐輪場 (2)

ホーカーチャンは、タイではパタヤが初上陸というわけではなく、バンコクのターミナル21にもあるようです。
バンコク組の方は、そちらでどうぞ。

まとめ

感動するほどのうまさではないが、当たり前にうまいです。
うまいけど高いっす。
カオマンガイ好きの人は、比較するという意味でも、一度食べて損はないですね。
以上、生涯初のミシュラン一つ星実食レポートでした。

SPONSOR LINK

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど), グルメレポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.