*

バービアでリンガベル。あの鐘を鳴らすのは誰だ?

18日目

サンドイッチとムーカタ

起床は昼前。
前夜の深酒が残っており、ちょっと気分が悪い。
コンビニでサンドイッチだけ購入して、ブランチとする。

コンビニサンドイッチ1

コンビニサンドイッチ2

クロワッサンにハムとチーズを挟んだもの。25バーツ。
見た目は悪いけど、けっこう好き。


友人3人+タイ女性1人の計5人で食事。
パタヤタイ(サウスパタヤ)のニンジャへ。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

がっつり食べてお腹いっぱい。

ニンジャの詳しい内容な前回のエントリー参照で。

関連記事:パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

帰りは乗り合いソンテウでブッカオまで戻る。

ビリヤード大会開催。バービアでリンガベル。

最近友人たちとよく訪れるバービアへ。
ここで、日本人4人+タイ人1人、総勢5人による総当りビリヤード大会を開催することになった。
最下位の人が、バービアの鐘を鳴らすというルール。
これは負けられない戦いだ。

2勝2敗で何とかセーフ。

最下位になった友人が鐘を鳴らしていた。
といってもバービア嬢だけに奢る。他の客には奢らない。無駄に高くなるしね。

ここのバービア嬢は全部で5人。
5人分のレディドリンクを奢って、みんなでカンパーイ。チアーズ。チョークディー。チョーンゲーオ。

リンガベルとは

さて、バービアに吊るしてある鐘を鳴らすことを「リンガベル」と言う。
Ring a bellのこと。

リンガベル1

基本的には、バーの従業員とその場にいる客全員にドリンクを奢ることになる仕組み。
が、バービア嬢だけに限定することも可能。
鐘を鳴らす前に確認しておこう。

バービアでは、ファランがちょこちょこと鐘を鳴らしている。もちろん日本人や韓国人も鳴らす。
奢ってもらった場合は、鐘を鳴らした客のところへ行って、一言挨拶して一緒に乾杯するのが礼儀かな。
もうビールでお腹いっぱいだというのに、さらに一本まわってきたりして、若干ありがた迷惑な面もあるのだが、顔には出さず笑顔で乾杯しましょう。
太っ腹のファランに出くわすと、ひたすらビールやテキーラ攻撃を受けることになる。

なお、ゴーゴーバーでもリンガベルは可能。店によっては人数が膨大になるため、定額制にしているバーがほとんど。一回3000バーツくらいかな。
いまだ、ゴーゴーバーで客がリンガベルしているところを見たことはないけど。

わたしは今まで、バービアで鐘を鳴らしたことが一度だけある。
といってもバービア嬢が二人だけで、客はわたしと友人がもう一人だけの計4人。
基本ケチなので、大盤振る舞いなんて恐ろしくてできない。

でも、一度鳴らしてみると、これが気持ちいいものなのである。
独特のカランカランという派手な音は妙にテンションが上がる。
バービア嬢たちの甲高い嬌声が響き渡り、ちょっとした主役気分が味わえる。

ちなみに、わたしの友人の話。
バービアで知り合ったファランと意気投合。負けた方がリンガベルというルールでビリヤード勝負。
しかも1ゲームごとに鐘を鳴らすようにしたらしい。
熟練ファランに勝てるわけもなく、リンガベルのラッシュ。
お会計1万バーツ越え。
バービアで1万バーツはおそろしい。
ビリヤードに勝ったファランも、鐘を鳴らしたそうで、そりゃあもうすごいテキーラ地獄だったそうな。
ついでにバービア嬢たちの盛り上がりもとんでもないことになったらしい。

リンガベル2

さあ今宵、あの鐘を鳴らすのはあなた。
財布の中身なんか気にするな。
バービアの主役、いや、一夜の王様になれるのだ。
レッツリンガベル。

(つづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

ホイトート(タレートート)

ムートートとホイトートで胃もたれ。脂分はビールで洗浄すべし。

26日目 昼飯はムートート 屋台でムートートとカオニャオを注文して手早く済ますことにした。

記事を読む

マリーンシーフード2

パットママーとマリーンシーフード

沈没生活6日目 パットママームー 本日の昼食はパットママームー。 昨日と同じ屋台で注文した。

記事を読む

デビルズデン

残り二日のパタヤ滞在。読者さんの夜遊び報告と、宿代の支払い。

49日目 いよいよパタヤ滞在も残り二日となった。 あさってには日本へ帰国する予定だ。 最後

記事を読む

バービア嬢Sちゃん

部屋へ泊まりにきたバービア嬢がベッドシーツにシミを作った理由とは?

(36日目夜の部つづき。注意。当記事後半には、人によっては不快に感じるような内容が含まれております。

記事を読む

焼き鳥とカオニャオピン

中華弁当と焼き鳥屋台。バービア嬢から逆ぺイバーを迫られる。

38日目 昼飯は中華弁当 食選びに面倒になった時、重宝するのがコンビニ弁当。 意外とメニューも

記事を読む

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)

ゴーゴー嬢と夜のタンブン&ムーガタデート

47日目続き。夜の部。 バービア嬢との昼間のタンブンデートは、あえなく不発に終わった。 が、

記事を読む

OL1

バービアでパッツン女子大生&OLと飲む。結局、OLをお持ち帰りした夜。

沈没生活2日目 ジョークと名無し食堂のガパオムー 二日酔いだ。 少々頭が痛い。 胃もたれもす

記事を読む

ビーチロード屋台カブドガニ売り

ビーチロードのカブトガニ、ソイヤマト、新人バービア嬢、最後はLKメトロでイカチュー

(42日目続き) ノーティーガールで20歳のかわいいスレンダー嬢と再会してから、ウォーキングス

記事を読む

パッタイクン

ケバブとパッタイとバービアとイサーン語

21日目 起床後、下痢の痛みは治まっている。 念のため、買い置きしてあった薬を飲む。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ちゃいまい より:

    久しぶりです、毎年読ませて頂いております、あの鐘をならすのは…自分も以前パタヤにて二度ほど鐘を鳴らした事があります確かに客は自分たちの仲間六人とバービアガールが同じぐらいの人数だったのと、もう一度はファランが何回か鳴らしたので、こっちもという事で友人と一度ずつ鳴らしました。確かに気分は良いですね~、又パタヤで楽しみたいです。パタヤ~パタヤ♪

    • pattayan night より:

      ファランは鐘鳴らすの好きですよねえ。
      ファランに負けないよう、またパタヤで遊んでください。

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑