*

バービアでリンガベル。あの鐘を鳴らすのは誰だ?

18日目

サンドイッチとムーカタ

起床は昼前。
前夜の深酒が残っており、ちょっと気分が悪い。
コンビニでサンドイッチだけ購入して、ブランチとする。

コンビニサンドイッチ1

コンビニサンドイッチ2

クロワッサンにハムとチーズを挟んだもの。25バーツ。
見た目は悪いけど、けっこう好き。


友人3人+タイ女性1人の計5人で食事。
パタヤタイ(サウスパタヤ)のニンジャへ。

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

がっつり食べてお腹いっぱい。

ニンジャの詳しい内容な前回のエントリー参照で。

関連記事:パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

帰りは乗り合いソンテウでブッカオまで戻る。

ビリヤード大会開催。バービアでリンガベル。

最近友人たちとよく訪れるバービアへ。
ここで、日本人4人+タイ人1人、総勢5人による総当りビリヤード大会を開催することになった。
最下位の人が、バービアの鐘を鳴らすというルール。
これは負けられない戦いだ。

2勝2敗で何とかセーフ。

最下位になった友人が鐘を鳴らしていた。
といってもバービア嬢だけに奢る。他の客には奢らない。無駄に高くなるしね。

ここのバービア嬢は全部で5人。
5人分のレディドリンクを奢って、みんなでカンパーイ。チアーズ。チョークディー。チョーンゲーオ。

リンガベルとは

さて、バービアに吊るしてある鐘を鳴らすことを「リンガベル」と言う。
Ring a bellのこと。

リンガベル1

基本的には、バーの従業員とその場にいる客全員にドリンクを奢ることになる仕組み。
が、バービア嬢だけに限定することも可能。
鐘を鳴らす前に確認しておこう。

バービアでは、ファランがちょこちょこと鐘を鳴らしている。もちろん日本人や韓国人も鳴らす。
奢ってもらった場合は、鐘を鳴らした客のところへ行って、一言挨拶して一緒に乾杯するのが礼儀かな。
もうビールでお腹いっぱいだというのに、さらに一本まわってきたりして、若干ありがた迷惑な面もあるのだが、顔には出さず笑顔で乾杯しましょう。
太っ腹のファランに出くわすと、ひたすらビールやテキーラ攻撃を受けることになる。

なお、ゴーゴーバーでもリンガベルは可能。店によっては人数が膨大になるため、定額制にしているバーがほとんど。一回3000バーツくらいかな。
いまだ、ゴーゴーバーで客がリンガベルしているところを見たことはないけど。

わたしは今まで、バービアで鐘を鳴らしたことが一度だけある。
といってもバービア嬢が二人だけで、客はわたしと友人がもう一人だけの計4人。
基本ケチなので、大盤振る舞いなんて恐ろしくてできない。

でも、一度鳴らしてみると、これが気持ちいいものなのである。
独特のカランカランという派手な音は妙にテンションが上がる。
バービア嬢たちの甲高い嬌声が響き渡り、ちょっとした主役気分が味わえる。

ちなみに、わたしの友人の話。
バービアで知り合ったファランと意気投合。負けた方がリンガベルというルールでビリヤード勝負。
しかも1ゲームごとに鐘を鳴らすようにしたらしい。
熟練ファランに勝てるわけもなく、リンガベルのラッシュ。
お会計1万バーツ越え。
バービアで1万バーツはおそろしい。
ビリヤードに勝ったファランも、鐘を鳴らしたそうで、そりゃあもうすごいテキーラ地獄だったそうな。
ついでにバービア嬢たちの盛り上がりもとんでもないことになったらしい。

リンガベル2

さあ今宵、あの鐘を鳴らすのはあなた。
財布の中身なんか気にするな。
バービアの主役、いや、一夜の王様になれるのだ。
レッツリンガベル。

(つづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ムーガティアム

豚のニンニク炒めとサードロード屋台散策

45日目 昼飯は豚のガーリック炒め乗せご飯 けっこう好きな料理なんだけど、タイ語の名称がわか

記事を読む

ムーカタとチムチュム

ムーガタとチムチュムで大宴会atハリウッド前。男女6人鍋物語の結末やいかに。

13日目 ムーカタとチムチュムで大宴会 夜。 友人2人とその連れ女性たちと食事へ行くことになっ

記事を読む

ソイ7シルバースター

読者さんとパタヤ夜遊びめぐり。LKメトロからウォーキングストリートまで。

(40日目つづき。夜の部) 以前より連絡を取り合っていた読者さんと、ようやく時間の都合が合った

記事を読む

Mちゃんの寝姿

18歳Mちゃんを部屋へ連れて帰るものの淡白なブンブン

30日目 バレンタインナイトから一夜が明けて、平常運行のパタヤ。 1月はかなり涼しかったけれ

記事を読む

LKメトロ

ファランと結婚するというバービア嬢と再会。ちょっと涙酒。

46日目 昼飯はガイヤーンとカオニャオ いつものイサーン料理屋台へ。 ラーブでも食べよ

記事を読む

PPマッサージ

いつもと変わらぬパタヤ沈没生活

パタヤ8日目 本日の昼飯 ブッカオの市場でぶっかけ飯。 節約生活の強い味方だ。 メニュー

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

焼き鳥屋台2

ビール三昧のパタヤバービア沈没

沈没生活7日目 友人二人はパタヤを離れ、プーケットへ。 友人のタイ彼女は田舎へ戻るそうな。

記事を読む

ハッピーアゴーゴー

二日連続のウォーキングストリートゴーゴーバーめぐりは、久しぶりの再会の連続だった。

(6日目つづき) タイ彼女がホテルに戻ってフリーとなった友人と、ゴーゴーバーへ行くことになった

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ちゃいまい より:

    久しぶりです、毎年読ませて頂いております、あの鐘をならすのは…自分も以前パタヤにて二度ほど鐘を鳴らした事があります確かに客は自分たちの仲間六人とバービアガールが同じぐらいの人数だったのと、もう一度はファランが何回か鳴らしたので、こっちもという事で友人と一度ずつ鳴らしました。確かに気分は良いですね~、又パタヤで楽しみたいです。パタヤ~パタヤ♪

    • pattayan night より:

      ファランは鐘鳴らすの好きですよねえ。
      ファランに負けないよう、またパタヤで遊んでください。

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑