*

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 カフェ・コーヒー, グルメレポート


つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。
ここから眺めるパタヤの夜景は格別だった。
意外と料金も安いので、ちょっと紹介してみよう。

SPONSOR LINK



ヒルトンパタヤ「HORIZON」への行き方

ヒルトンパタヤはセントラルフェスティバルの上階にあたる。

セントラルフェスティバルの6階にも入り口があるが、地上から登るのが一般的。
ヒルトンホテルのメインエントランスは、セントラルフェスティバルのビーチロード側にある。
上掲地図を参照に。
以下の写真がヒルトンホテルのメインエントランス。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (1)

またセントラルフェスティバル内の1階ビーチ側、ちょうどH&Mの店舗の反対側あたりにも、エントランスへの通路がある。
ちょっと説明が難しいが、HILTONと書かれた案内板を見ながら進めばたどりつけるはずだ。

ホライズンはヒルトンの34階にある。
まず一度、16階にあるチェックインカウンターフロアーへ。
ここでエレベーターを乗り換える必要がある。
係員に用事を聞かれるようなことは特にない。

こんな案内板が上がっており、次のエレベーターへ。
ヒルトンパタヤ・ホライズン (2)

一気に34階へ。

このフロアーはホライズンしかないようで、あとは一本道だ。

上品な廊下を抜けると、すぐにホライズン到着となる。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (3)

あとはお好きな席へどうぞ。
手前側がテーブルの並んだレストランエリア。奥に出ると、吹き抜けのオープンテラスエリア。
ドリンクだけならオープンテラスエリアがよい。
フェンス際には二人替えのソファーがたくさん並んでおり、カップルはそちらへどうぞ。
中央付近には5,6人で座れるテーブル席もある。

ドリンクも頼まず夜景を見たり写真を撮影することも可能。
でもそんなセコイ真似はやめましょう。

ホライズンの営業時間

夕方5時から深夜1時まで。

パタヤの日没が概ね午後6時台前半。
夕方6時くらいに訪れると、沈みゆく夕日と夜景の両方を楽しむことができる。

PATTAYAのサインボードの脇に夕日が見える。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (4)

ノースショアーも一望。
ヒルトンパタヤ・ホライズン (5)

日没後は、激しく光輝するビーチロードとウォーキングストリートを眼下に望める。
目がくらむほどの景色だ。
ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)
写真うつりが悪いけど、実際はもっと美しい。ぜひ肉眼で確かめてみてほしい。

ホライズンのドリンク料金など

テーブルチャージは必要なし。

シンハービールが180バーツ。サービス税込みの値段。
ちょっとオシャレなグラスに注いでくれる。
「Can I have some snack?」と言ったら、おつまみが無料でついてきた。何も言わずとも提供されるかは不明。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (6)

ビールは、アサヒやハイネケンもあり。180バーツ
バドワイザーが280バーツ。コロナは380バーツ

コーラなどのソフトドリンクが120バーツ

カクテル類は豊富なメニュー。270バーツから。
モヒートが320バーツ

料理メニューも多数。
当然のようにお値段は高め。
刺し身の盛り合わせが1600バーツ。
シーザーサラダが750バーツ。
牡蠣が6個で900バーツ。
などなど。

食事をメインにするなら、建物の中にきちんとしたテーブルが並んでいるので、そちらでどうぞ。
ガラス越しに見るパタヤの夜景は、かなりロマンチックだ。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (8)

まとめ

ドリンク代120バーツから、この空間を堪能できるかと思うと、意外と安い。

高級ホテルのラウンジだけど、ドレスコードは特にないようだ。
Tシャツ短パンサンダル姿の旅行者も見かけた。
ただ正直なところ、よれよれの汚いTシャツ短パンサンダル姿でヒルトン・ホテル内を闊歩したいとは思わない。
正装する必要はないだろうけど、せめて長ズボンくらいは履いておきたい。

また、夕方の時間帯は大きめの音量でBGMが流れており、多少大きな声で話をしても特に違和感のない雰囲気。思いのほか、カジュアルな感じだ。
日が暮れて夜になると、かなりシックで落ち着いた雰囲気となるので、あまりガサツな態度でいると浮いてしまうだろう。

ごく普通の日本人なら、それほど肩肘をはらずに気軽に楽しめると思う。
地上の喧騒と狂乱を忘れて、たまにはこんな空間を楽しむのも悪くない。

 

ヒルトンパタヤには、他にもレストランやバーがいくつかある。

16階にあるSHOREは、プールサイドで酒が飲めるロマンチックなラウンジ。
営業時間は朝8時から夜8時まで。

ビュッフェで有名なのがEDGE。14階。
ランチ、ディナー、曜日によって料理の種類が違うようだ。

他にもDRIFTFLAREといったレストランがある。

詳しくはHILTON HOTELの公式HPで。
(一部日本語で利用可能)

ヒルトン パタヤ (Hilton Hotel Pattaya)
hiltonpattaya1
一泊6000バーツほどから。
スイートルームでも1万バーツほどだ。
未確認ながらJFは必要のはず。(本来はJF1,000Bだそうだが、しれっと連れ込み可能とのこと。)

アゴダでチェック

ブッキングドットコムでチェック

エクスペディアでチェック

ホテルズドットコムでチェック

SPONSOR LINK

関連記事

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

インスタントジョーク Instant jok (4)

インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の原型がなくなるほど、ぐずぐずに

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (2)

パタヤカンでサテ20本一気食い!

サテが好きだ。 元々はインドネシアやマレーシアで食べられている串焼きだが、タイでもポピュラー。

記事を読む

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

アドステア

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑