*

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳


つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。
ここから眺めるパタヤの夜景は格別だった。
意外と料金も安いので、ちょっと紹介してみよう。

ヒルトンパタヤ「HORIZON」への行き方

ヒルトンパタヤはセントラルフェスティバルの上階にあたる。

セントラルフェスティバルの6階にも入り口があるが、地上から登るのが一般的。
ヒルトンホテルのメインエントランスは、セントラルフェスティバルのビーチロード側にある。
上掲地図を参照に。
以下の写真がヒルトンホテルのメインエントランス。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (1)

またセントラルフェスティバル内の1階ビーチ側、ちょうどH&Mの店舗の反対側あたりにも、エントランスへの通路がある。
ちょっと説明が難しいが、HILTONと書かれた案内板を見ながら進めばたどりつけるはずだ。

ホライズンはヒルトンの34階にある。
まず一度、16階にあるチェックインカウンターフロアーへ。
ここでエレベーターを乗り換える必要がある。
係員に用事を聞かれるようなことは特にない。

こんな案内板が上がっており、次のエレベーターへ。
ヒルトンパタヤ・ホライズン (2)

一気に34階へ。

このフロアーはホライズンしかないようで、あとは一本道だ。

上品な廊下を抜けると、すぐにホライズン到着となる。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (3)

あとはお好きな席へどうぞ。
手前側がテーブルの並んだレストランエリア。奥に出ると、吹き抜けのオープンテラスエリア。
ドリンクだけならオープンテラスエリアがよい。
フェンス際には二人替えのソファーがたくさん並んでおり、カップルはそちらへどうぞ。
中央付近には5,6人で座れるテーブル席もある。

ドリンクも頼まず夜景を見たり写真を撮影することも可能。
でもそんなセコイ真似はやめましょう。

ホライズンの営業時間

夕方5時から深夜1時まで。

パタヤの日没が概ね午後6時台前半。
夕方6時くらいに訪れると、沈みゆく夕日と夜景の両方を楽しむことができる。

PATTAYAのサインボードの脇に夕日が見える。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (4)

ノースショアーも一望。
ヒルトンパタヤ・ホライズン (5)

日没後は、激しく光輝するビーチロードとウォーキングストリートを眼下に望める。
目がくらむほどの景色だ。
ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)
写真うつりが悪いけど、実際はもっと美しい。ぜひ肉眼で確かめてみてほしい。

ホライズンのドリンク料金など

テーブルチャージは必要なし。

シンハービールが180バーツ。サービス税込みの値段。
ちょっとオシャレなグラスに注いでくれる。
「Can I have some snack?」と言ったら、おつまみが無料でついてきた。何も言わずとも提供されるかは不明。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (6)

ビールは、アサヒやハイネケンもあり。180バーツ
バドワイザーが280バーツ。コロナは380バーツ

コーラなどのソフトドリンクが120バーツ

カクテル類は豊富なメニュー。270バーツから。
モヒートが320バーツ

料理メニューも多数。
当然のようにお値段は高め。
刺し身の盛り合わせが1600バーツ。
シーザーサラダが750バーツ。
牡蠣が6個で900バーツ。
などなど。

食事をメインにするなら、建物の中にきちんとしたテーブルが並んでいるので、そちらでどうぞ。
ガラス越しに見るパタヤの夜景は、かなりロマンチックだ。

ヒルトンパタヤ・ホライズン (8)

まとめ

ドリンク代120バーツから、この空間を堪能できるかと思うと、意外と安い。

高級ホテルのラウンジだけど、ドレスコードは特にないようだ。
Tシャツ短パンサンダル姿の旅行者も見かけた。
ただ正直なところ、よれよれの汚いTシャツ短パンサンダル姿でヒルトン・ホテル内を闊歩したいとは思わない。
正装する必要はないだろうけど、せめて長ズボンくらいは履いておきたい。

また、夕方の時間帯は大きめの音量でBGMが流れており、多少大きな声で話をしても特に違和感のない雰囲気。思いのほか、カジュアルな感じだ。
日が暮れて夜になると、かなりシックで落ち着いた雰囲気となるので、あまりガサツな態度でいると浮いてしまうだろう。

ごく普通の日本人なら、それほど肩肘をはらずに気軽に楽しめると思う。
地上の喧騒と狂乱を忘れて、たまにはこんな空間を楽しむのも悪くない。

 

ヒルトンパタヤには、他にもレストランやバーがいくつかある。

16階にあるSHOREは、プールサイドで酒が飲めるロマンチックなラウンジ。
営業時間は朝8時から夜8時まで。

ビュッフェで有名なのがEDGE。14階。
ランチ、ディナー、曜日によって料理の種類が違うようだ。

他にもDRIFTFLAREといったレストランがある。

詳しくはHILTON HOTELの公式HPで。
(一部日本語で利用可能)

ヒルトン パタヤ (Hilton Hotel Pattaya)
hiltonpattaya1
一泊6000バーツほどから。
スイートルームでも1万バーツほどだ。
未確認ながらJFは必要のはず。

アゴダでチェック

ブッキングドットコムでチェック

エクスペディアでチェック

ホテルズドットコムでチェック

SPONSOR LINK

関連記事

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

Sala daeng khao soi (1)

サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと。 朝飯を求めて近所を散策し

記事を読む

スクリーンショット_120615_031436_PM

LCCスクートのクリスマスプロモーション。バンコク片道5900円。往復総額17483円。

頻繁にプロモーションを行っているSCOOT(スクート)が、またしてもプロモーションを展開中。

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

ドミノゲーム (1)

バービアでのドミノゲームのルールと遊び方

バービアでのゲーム遊びといえば、サイコロゲーム(ジャックポット)や四目並べ(コネクティン

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑