パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年1月~3月パタヤ沈没日記

パタヤ初日の夜はひたすらバービア飲み歩き

投稿日:

(初日昼の部からのつづき)

まず食事。
ブッカオの南側にある屋台でバミーナム。

バミームーデーン

ムーデーン(焼き豚)とギアオ(ワンタン)入りで40バーツ。
うーん、具だくさんで味はいいんだけど、スープがぬるいのが残念なんだよなあ。
とりあえずお腹は満たされた。

バービアめぐりスタート

近くにある2階建てのバービア群へ。
いまだに名称がはっきりしない。BLUE RAHTREE COMPLEXかBOOM BOOM BEER BAR COMPLEXなのか。
面倒なので通称「2階建てバービア群」と呼んでいる。

オープン当初は、けっこう賑わっていたような気がする。

2階部分も半分くらいは店がうまっていたし、2階一番手前のバーはイタリア人経営で、ボス手作りのイタリアンを食べることができた。ソファーもあって快適な空間だった。

バービア嬢もちょこちょこと若くてかわいい子がいて、何度かおいしい思いもした。

が、現在、ひどい寂れっぷりだ。
二階部分は昨年くらいからすべて閉鎖されていたけど、一階にあるバービアも半分以上が閉店。
灯りが消えて寂しい状況。

ブッカオ2階建てバービア内部

入口近くにあるバービアは、ビールを一瓶35バーツで提供。なんとか客集めしようと必死だ。
半ばやけっぱちのような価格設定だけど、もう手遅れのような。

ブッカオ2階建てバービア

なじみのママさんのバービアは何とか経営を続けているものの、ついにギブアップ。他の場所へ移転すると言っていた。
もうこのバービア群に来ることもなさそう。
ちょっと寂しい。

 

ついで、ブッカオ近辺にあるバービアへ移動。
パタヤ滞在時には週に4回は通っているバービアである。
とりあえず挨拶だけは欠かせない。
バーのママさん以下従業員たちと久しぶりの再会。
かけつけ2杯ほどビールをいただく。
ここはビアリオが一本70バーツ。
バービア嬢は相変わらず熟女ぞろいなのでペイバーの可能性は皆無。
ただ飲むだけだ。

挨拶もそこそこ、次のバービアへ。
またブッカオ方面。

ここは前回のパタヤ滞在時に3人のバービア嬢を立て続けにペイバーしたところ。
やり手のママさんがしきっている。

3人が3人とも大当たりで、とてもおいしい思いをしたバービアだ。

関連記事:新たなペイバー。同じバーで別々のバービア嬢を連続ペイバーってありなのか?
関連記事:田舎っ子Pちゃんと夜の稲刈り。二毛作に挑む。

が、その3人が3人ともすでに店を辞めていた。
二人は田舎へ帰ってしまっている。
もう一人が本命なのだが、ママさんに問いただしたところ、ファランの太客ができて、ずっと一緒に過ごしているとのこと。

Bちゃん3

あれま、あの子、ファランが苦手だって言ってたのに。

関連記事:想定外のペイバーは大当たり

まだ20歳のくせに、アナル舐めが得意でサービス満点のテクニシャンだった。
くっそー。
毎日毎晩、どこぞの馬の骨ともわからぬファランの菊門をなめているわけか。
くやしい。

まあ、そんなケツの穴の小さなことを言っても詮無きこと。
ここはパタヤだ。
女なんて星の数ほどいる。
次だ、次。
(ほんとはけっこう気にしている。)

ソイダイアナを歩いていると、「パパガヨ」というコヨーテバーから知り合いのダンサーが出てきて捕獲された。
もう何年も前からの知り合いだ。
この子はすでに20代後半、いやもう30歳かも。
ペイバー候補ではないけれど、よく一緒に飲む間柄だ。
久しぶりに乾杯。

このパパガヨも客は少なめ。
ファラン率高し。
隣の席では、3人組のファランがタワーグラスを注文していた。
写真ではわかりづらいけど、一番上からアルコール度数の高い酒を注いで、火をつけている。

パパガヨ

ここでは一杯だけ飲んで、退散。
今夜のお相手を探さねば。

パパガヨの隣にあるバービア群を捜索。
まあ、ここは毎度きつい品揃えなので、無理。

LKメトロへ。
LKメトロ

LKメトロのバービアをうろつくも、これといった収穫なし。
惜しい子はいるけど、もう一歩といったところ。

セカンドロード沿いのバービアも漁るが、やっぱりダメ。

 

結局、いつものバービアへ逆戻り。

ひたすらビールを飲む。
もうやけ酒気分だ。
今日は持ち帰りは無し。
先は長いのだ。焦ったって失敗するだけだ。
ひたすら飲む。

気づけば午前2時をまわっていた。
最後は、ふらふら。

何とか部屋にたどり着き、ベッドに倒れるようにして爆睡。

これにてパタヤ初日終了。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2015年1月~3月パタヤ沈没日記
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.