パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ夜遊び情報全般 夜遊び情報

GWから一週間後の週末パタヤ、ウォーキングストリートの様子。がらがらです。

投稿日:2017年5月15日 更新日:

ゴールデンウィークが終わってから1週間。
休暇中にパタヤを訪れていた人は、それそろ重度のパタヤシックにかかっていることでしょう。

でもタイは雨季の到来か、毎日のように雨が降ってますね。ゴールデンウィーク中はほぼ晴れていたのは幸いでした。
丸一日降ったりはしませんが、夜中から早朝、午前中にかけてよく降ってます。しかも土砂降りの大雨。

水はけの悪いソイの中では、あっという間にナムトゥアム(洪水や冠水)となる。

Pattaya flood

ひどいもんです。歩くのも大変。
観光客の多い大通りはわりと大丈夫なのだが、少し路地を入ったところはナムトゥアムに要注意。
このような場所にアパートを借りると、雨季の行動がかなり制限されるし、1階の部屋は床上浸水もありうる。

週末のパタヤ

さて、1週間前までは日本人や韓国人で大賑わいだったウォーキングストリートはどうなっているのか。
土曜日日曜日の夜遅く、軽く様子をチェックしてきた。

その前にバービアを少々見回る。

うーん、ひどい。
これはひどい。

昨晩0時過ぎにソイ10バービア群を訪れたが、ほぼ客はゼロ。これほどの閑古鳥状態は珍しい。
ソイメイドインあたりもがらがら。
比較的日本人が訪れやすいソイ10やソイメイドインだが、あきらかに日本人が減っている。ほぼ見かけなくなった。
しかもファランもいない。ひどいもんです。

つづいてウォーキングストリート。

まずは土曜日から。
深夜0時半頃の訪問。

Walking street 201705 (1)

さすがに通りはそこそこにぎわっている。
日本人は激減しているが、連休以外の通常時とほぼ変わらない感じ。いや、むしろ普段より多いかな。GWをずらして休暇を取っている日本人も多そうな雰囲気。

実際、タイ在住の友人は、日本から知人がやって来て、パタヤアテンドの最中だそうな。
相手はシャチョーさんらしくて、派手にバラまくとのこと。20バーツ札なんてせせこましいことはいわず、100バーツ札をバラまくという。さすがシャチョーさん。ゴーゴー1軒での出費は毎回数万バーツ。日本のシャチョーさんはまだ健在です。アラブの富豪は1000バーツ札をばら撒くらしいけどね。

わたしは一人でせこせことゴーゴーめぐりです。

インフィニティ Infinity

Infinity

まずはインフィニティ。
わりと日本人や韓国人から人気がある。
客入りは3割ほどか。空席が多くて、過ごしやすい。日本人とファランが半々といったところ。
ダンサーの数は多い。レベルはまずまず。まったく悪くない。普通に選べるレベル。
ただ、照明が暗いうえに、長細い作りで、ダンサーの移動もなし。これでははっきり確認できない。
でも心配ない。営業熱心に次々にやってくるんで。
てきとーに世間話だけして終了。
コーラが100バーツぽっきり。ちょうどいい。
ばら撒くどころか、ちびちび100バーツ分のコーラを飲んでおしまい。

ブリス Bliss

Bliss

シャーク系列店へ。
最近、Blissはお気に入り。
店の大きさもダンサーのレベルも、ちょうどいい感じ。これくらいのハコが1番好き。
土曜日だというのに、寂しい客入り。深夜1時とはいえ、これは厳しいなあ。
人数は少ないが日本人がそこそこ目立つ。

知り合いのダンサーにつかまり、ドリンクを一杯ごちそう。
レディドリンクは150バーツだったような。

選べるダンサーはそこそこ残ってます。
この時期のウォーキングストリートは狙い目です。土曜日深夜でも選びたい放題。

 

続いて日曜日。
連夜のウォーキングストリート訪問だ。

Walking street 201705 (2)

時刻は深夜2時。
ソイ14や15はがらがらだが、メイン通りを歩く人はそれなりにいる。アラブ系やファランが多いかな。さすがに日本人韓国人は少ない。

ゴーゴーバーに入ると、さらに客がいない。

アイアンクラブ Iron Club

Iron club

別名、アイロン。
ひさしぶりの入店だ。
おっと、中央にあったバスタブに蓋がしてある。
吊り輪ショーもやっていない。もうやめたのかな。あれ、好きだったんだけど。

ダンスステージは2つ。
手前側はトップレス、奥はコヨーテ衣裳といった棲み分け。

客は少ない。圧倒的に少ない。
でも日本人らしきグループが派手に遊んでいる。
数人で20バーツ札のバラまき大会だ。盛り上がっております。

営業は少々受けるが、おとなしいもの。
それよりも20バーツゲットに夢中になっておりました。
レベルはそこそこですかね。数年前に比べるとかなりレベルダウンですが、まだまだ頑張っている印象です。

コーラ95バーツ。

リビングドールショーケース Living Doll Show Case

Livingdoll showcase

ウォーキングストリートのかなり奥にあるゴーゴーバーだ。さらに奥にあるのはレディボーイ系のゴーゴーバーだけなんで、実質的にウォーキングストリート最奥店。リビングドール1とは別店舗なのでお間違えなく。

数ヶ月前に入った時は、左奥の上段席はカーテンで閉じられていたが、今回は開放してある。
でも客入りは寂しい。
まあ日曜日の深夜2時半だしねえ。これはしょうがない。

ダンサーは全部で25人ほど。
これまた以前に比べると回復傾向にあり。

数人ほど営業にやって来たが、今日は本当に客が少ないらしい。
まだドリンクゼロだと嘆いている。
スレンダー嬢と日本人受けしそうな綺麗なお姉さんタイプ嬢の二人組から、お願いだからドリンク奢ってほしいと懇願された。
レディドリンクの半券はリストバンドに挟む嬢が多いけれど、確かに1枚も挟まっていない。本当にドリンクゼロらしい。ちょっとかわいそうになってきた。

でも、ここはレディドリンクが165バーツと高いんだよなあ。
客のドリンク代も高い。コーラが120Bで、瓶ビールが140バーツだか150バーツほど。

二人には奢れない。
よし、君たちでじゃんけんしなさい。勝った方に奢ってあげよう。

綺麗なお姉さんタイプが勝利しました。
悲しむスレンダー嬢。あとでママー奢ってあげるからと、お姉さんタイプが慰めていました。
なかなか厳しい生活を送っているんでしょうかね。と同時に、助け合い精神にほっこりする瞬間ですな。

二人組はわたしを間に挟んで、ずっと二人で会話している。半分ほったらかしにされているが、お姉さんタイプの乳はつねに揉んでおく。たまにこちらの下半身もさすってくるんで、別に文句はない。
ペイバーする気はさらさらないけれど、こんな過ごし方は意外と楽しい。

 

店を出ると、時刻は深夜3時半。

Walking street 201705 (3)
すでにバカラ、センセーションズなどはクローズしている。
ファーレンハイトはやっているが、ブリス、ライトハウス、マンダリンは閉店済み。系列店でも営業方針が違うのかな。

これにて週末のウォーキングストリートめぐり終了。

一週間前は、あれだけ日本人や韓国人でにぎわっていたゴーゴーバーは、閑散としていた。
特に日曜日深夜はひどかったなあ。

いつ雨が降るか予想しづらいけれど、ファランも日本人も韓国人も激減するこの時期は遊びやすいです。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.