*

スワグマンホテルのフライザバス(FLY THE BUS)でアンヘレスからマニラ市内へ移動


アンヘレスからマニラ市内へ向かう。

アンヘレスはこれまで4回訪問しているが、マニラ市内はいつもスルーしている。空港とアンヘレスとの往復タクシー車内からマニラ市街を眺めたことがあるだけ。とにかく渋滞していて、街がごみごみしていた覚えしかない。
よってマニラのことは全然知らない。

事前に調べたマニラ~アンヘレス間の移動方法は主に3つ。

・タクシー
・ローカルバス
・シャトルバス

もちろんタクシーが一番楽。宿泊しているホテルで簡単に手配できる。たぶん2500から3000ペソくらい。Door to doorのフルサービス。でも高い。一人旅ではなかなかね。

一番安いのがローカルバス利用。アンヘレス近郊のバスターミナルからマニラのバスターミナルまで運んでくれる。たぶん100ペソ代。
でも、ホテルとバスターミナル間はそれぞれタクシーやジプニーなどで移動する必要あり。
マニラ初訪問の人間には、ちょっと敷居が高い。いや、できるのはわかっているが、面倒くさい。

よって、第3の方法を採用。
シャトルバスなら、アンヘレスのホテルからマニラ市内のエルミタ地区まで送ってもらえる。
エルミタにホテルを予約しておけば、ほとんど歩かずにすむという算段だ。
フライザバスやサザンクロスなどいくつかサービスがあるようだが、ここは一番有名なフライザバスを利用することにしよう。

SPONSOR LINK

スワグマンホテルのFLY THE BUS(フライザバス)

運行しているのはSWAGMAN HOTEL(スワグマンホテル)。
アンヘレスのスワグマンホテルから、マニラのスワグマンホテルまでのシャトルサービスといったもの。
でも自分の宿泊しているアンヘレスのホテルまでピックアップに来てくれるので、わざわざスワグマンホテルアンヘレスまで出向く必要はない。
逆に、マニラからアンヘレスへ行く場合は、アンヘレスのホテルまで送ってもらえるようだ。

フライザバスの出発時間

Swagman flythebus angeles manila (8)

いずれも毎日運行。

アンヘレス発マニラ行き
8時、12時、15時の1日3便

マニラ発アンヘレス行き
11時半、15時半、20時半の1日3便

他にも、アンヘレスとスービックを結ぶバスがある。

アンヘレス発スービック行き
10時のみ1日1便

スービック発アンヘレス行き
12時半のみ1日1便

 

蛇足ながらサザンクロスバス(southern Cross Shuttle Bus)の時刻表がこちら

Swagman flythebus angeles manila (9)

アンヘレス発マニラ行き:午後1時
マニラ発アンヘレス行き:午後3時半

アンヘレスでは、Brass Knob Hotel(ブラスノブホテル)がバス出発地。
ホテルまではピックアップサービスあり。
料金は不明。たぶん600ペソでしょう。

本数が少ないんで、フライザバスのほうが利用しやすい。
また、マニラのサザンクロスホテルは、スワグマンと同じエルミタ地区にある。すぐ目と鼻の先。

フライザバスのチケット購入方法と料金

宿泊しているホテルのレセプションに頼むだけ。
たぶん、アンヘレスのホテルならほとんど取り扱っているはず。
ホテル側がフライザバスに連絡してくれて、予約完了となる。
わたしは出発前日にフェニックスホテルのレセプションで予約した。
希望する出発時間を告げるだけ。ものの30秒で予約完了。
あほほど簡単です。

料金は600ペソ。
ホテルのレセプションでチケットを買ってしまってもいいし、乗車時にドライバーへ直接支払ってもいいようだ。
どちらの場合でも600ペソ。

わたしはホテルで支払った。

チケット現物
Swagman flythebus angeles manila (7)

出発時間にチェックが入れられている。

ホテルへのピックアップ時刻は出発の30分前と言われた。
よって11時半には準備しておくべし。

アンヘレスからマニラまでの道のり

11時20分にはチェックアウトをすませて、ホテル前でピックアップを待つ。
11時35分頃、ピックアップのバンが到着した。

Swagman flythebus angeles manila (2)

バンのドアには、FLY THE BUSの文字。わかりやすい。

Swagman flythebus angeles manila (1)

運転手にチケットをもぎってもらい乗車。
ワンボックスカーだ。タイで言うところのロットゥーと同じ。全部で4列のシート。

Swagman flythebus angeles manila (10)

好きな席に座ればいいみたい。

大きなスーツケースは後部に積み込める。その分、ロットゥーより座席は少ない。

すでに乗車していたのは一人だけ。
プリメタからフィールズアベニューへと、順次、他の乗客をピックアップしていく。
一人の客がなかなか現れず待ちぼうけをくらう。
他人に迷惑をかけないよう、時間には余裕をもってチェックアウトしておきましょう。

最終的には満席となった。

てっきり、スワグマンホテルで大型バスに乗り換えるかと思いきや、ドライバーはこのままマニラへ向かうという。
大型バスにゆっくり座れると思っていたのだが。
まあ、乗り換えがいらないのはありがたい。
タイのロットゥーよりは席に余裕があって、それほど窮屈はしない。

車は、ほどなく高速道路へ。マーキーモール横の料金所だ。

Swagman flythebus angeles manila (11)

時刻は12時12分。
迎えに来てから30分ほどかかったことになる。

あとはひたすら高速道路を突っ走る。渋滞知らず。

Swagman flythebus angeles manila (12)

山と田園風景。のどかなもんです。

12時47分。ドライブインで休憩タイム。ドライバーいわく「Ten minutes break」

Swagman flythebus angeles manila (3)

普通のドライブインですね。給油所とトイレとマクドナルドなど。
休憩はこれ1回だけだった。トイレだけでもすませておきましょう。タバコも吸えます。

再出発してまた高速を走る。

午後1時半にはメトロマニラ圏内へ。

Swagman flythebus angeles manila (4)

途中、モノレールか高架道路の建設現場で渋滞に巻き込まれるものの意外とスムースに走る。

午後2時、スワグマンホテルマニラ到着。

Swagman flythebus angeles manila (6)

ホテル前は狭い道なんで、乗り降りは素早くどうぞ。

Swagman flythebus angeles manila (5)

ちなみに、スワグマンホテル前のタクシーは空港まで500ペソと言っていた。相場は不明だけど、たぶん500ペソは高い。

スワグマンホテルに宿泊すると、無料の空港送迎サービスがあるようだ。
治安が心配な人は、スワグマンホテルに泊まってしまうのもいいだろう。
アンヘレスとマニラを往復したい人にはスワグマンホテルは何かと都合がいい。

Agodaでスワグマン ホテル (Swagman Hotel)の詳細をチェックする

Google Mapでのスワグマンアンヘレスからスワグマンマニラまでのルート(実際のルートとは違うかもしれない)

実際にかかったアンヘレスからマニラまでの所要時間2時間。
ピックアップから含めると約2時間半。

これくらいなら余裕でオッケー。
もっとひどい渋滞にひっかかって、うんざりさせられるものだと覚悟していたのだが。

予約しているロサスガーデンホテルは、スワグマンホテルから徒歩2分の近所だった。
これなら暗黒都市マニラの治安の悪さもまったく気にならない。というか、昼間のエルミタは思ったより安全だったけれど。(注。夜間は物騒ですよ。)

まとめ

アンヘレスのホテルからエルミタまで楽々移動できた。
2時間の距離で600ペソ(1300円)はちょっと高いような気もするが、安全性と利便性を考えると、これが正解かも。
特に慣れていない初心者ならなおさら。

とにかく1ペソでも安くあげたい人は、ジプニーとローカルバスを乗り継げば、かなり安くなるはず。
でも、手を抜ける時はあっさりと手を抜くのがわたしの旅行スタイルなもので、たぶん次回もスワグマンバスを利用するかな。
まあ便利です。

SPONSOR LINK

関連記事

クラーク空港SIMカード販売所 (2)

クラーク(アンヘレス)空港内の両替所、SIMカード販売所、ATMについて

クラーク空港へのフライト到着後、入国審査を終え、税関を抜けると、ちょっとした販売フロアとなっ

記事を読む

アンヘレスフリーペーパー (2)

アンヘレス旅行で手に入れると便利なフリーペーパー。地図と簡単な会話帳付き。

アンヘレスのフィールズアベニュー界隈は狹いエリアなんで、ほとんど地図は不要だけど、簡単な地図があれば

記事を読む

Angeles jeepny (8)

【アンヘレス】フィールズ~プリメタ間のジプニーの乗り方

ジプニー(Jeepny)とは、ジープを改造した乗り合いバンのこと。 フィリピンでは

記事を読む

Eurotel angeles room (3)

アンヘレスの格安ホテル、ユーロテル アンへレス (Eurotel Angeles)宿泊レポート

アンヘレス初日のホテルとして選んだのがユーロテルアンヘレス。 フィリピン各地にある系列ホテルの

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

アンヘレスSMデパートフードコート (12)

【アンヘレスの食事処】SMデパートのフードコードは使い勝手良し

今回のアンヘレス滞在で2回通ったのが、SMと呼ばれる大型ショッピングモールのフードコードだ。

記事を読む

Puzzle cafe angeles (4)

アンヘレス・プリメタのブレックファーストはポテト付き

アンヘレスのプリメタ地区滞在時に、ちょっと困ったのが朝食。 ファラン向けのブレックファース

記事を読む

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。 これはタイでもカンボジアでもフィリピ

記事を読む

スコアバーズホテルアンヘレス (5)

【アンヘレスのおすすめホテル】スコアバーズホテル SCORE BIRDS滞在レポート

アンヘレス滞在中、クラーク空港からシンガポールへのフライトの待ち時間に利用したのが、スコアバーズ

記事を読む

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑