パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

アンヘレス情報

【アンヘレスのベーカリーカフェ】Angeles Bake&Coffee

投稿日:2017年4月5日 更新日:


ユーロテルホテル、デベラホテル、ポニーテイルの並びにあるベーカリーカフェが、Angeles Bake & Cofee。
German Angel's Bakery and Coffee Shopとの名称もある。
まあ、パン屋です。ドイツ系でしょうね。

黄色の外観が目印だ。

Angeles bakery (1)

鉄柵で囲われているは少々物騒だが、フィリピンなのでしょうがない。
でも、昼間は開放的だし、まったく危険はない。
ウォーキングストリートのゲートから徒歩5分ほど。

(2018年3月追記)
改装して、店舗が拡大している。

Angel's bakery

向かって左側が飲食スペース、右側がパンの持ち帰り販売のようだ。
営業時間も拡大したようで、午前6時から午後10時まで。
店名は、Angel's Bakeryになったかもしれない。(元の看板も残っているが。)

 

テラス席と室内席あり。

以前、友人と一緒にデベラホテルに滞在している時は、毎日のようにテラス席でお茶をしていた。

Devera hotel angeles

デベラの部屋は狭いし、日中部屋にいるのは苦痛。
で、このベーカリーカフェでコーヒーとタバコをたしなみつつ、通りを眺めながらだべるのが日課だった。
ホットコーヒーが50ペソ。約110円。

店内のガラスケースにパンが陳列されている。
巨大パン屋ではないが、クロワッサンなど、普通のパン屋にあるべきもので、ないものはない。
味はけっこういける。
普通にパンだけを買いに来る欧米人客も多い。

SPONSOR LINK



Angeles Bake&coffeeのブレックファースト

今回は初めてブレックファーストを食べてみた。

アメリカンブレックファーストが165ペソ。
これにはコーヒーが含まれていない。
別途コーヒーを注文。50ペソ。
合計215ペソとなる。

コーヒー
Angeles bakery (2)

アメリカンブレックファースト
Angeles bakery (3)

トースト2枚分、ベーコン、目玉焼き2個。わずかばかりの野菜。

ベーコンかソーセージは選択可能。卵の調理方法も指定可能。

パン屋だけあって、トーストはけっこうおいしい。
ベーコンはかりかりタイプで、塩分がきつめ。トーストにはよく合う。

コーヒー抜きのこの内容で165ペソはちょっと割高かな。
それなら、ウォーキングストリート寄りにあるフィリーズのほうがお得。内容的には同じようなものだが、おかわり無料のコーヒーがセットになって125ペソだ。ただし朝10時まで。

関連記事:【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

ファランのオーダーは、サンドイッチ系統が多い印象。
パンをメインにしたほうがよさそう。
ドイツ系らしく、ソーセージも名物のようだ。

(追記)
系列店がスービックにもあり、そこでは別メニューも食べてみた。

スービック食事 Angels bakery (3)

やはりサンドイッチがうまい。

スービック食事 Angels bakery (4)

スービック食事 Angels bakery

ブレックファーストよりもサンドイッチがおすすめ。

関連記事:スービック・バリオバレットのグルメをまとめて紹介。洋食レストランから食べ放題フィリピン料理店まで。

 

食後にまったりと飲むコーヒーはおいしい。

Angeles bakery (4)

フィールズ通りを走るジプニーなんかを眺めながら、ぼんやりと過ごすのがアンヘレスの日中でしょうかね。

地図

隣のポニーテイルは昼間からオープンしています。

Pony tail angeles

コーヒーに飽きたら、ポニーテイルへどうぞ。

SPONSOR LINK

-アンヘレス情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.