*

タニヤの牛野家で、豚丼と牛丼を食べる。吉野家じゃないよ。

公開日: : グルメレポート


タイ・バンコクにあるタニヤ通りは、まさに日本人街。
日本で有名なチェーン店系居酒屋やとんかつ屋や焼肉屋や中華料理屋まで揃っている。
異国にいることを忘れさせる風景だ。

Thaniya (2)

そんな風景の中、オレンジ色の看板が手招きしている。

Gyunoya (1)

一瞬、吉野家かと思いきや、よく見ると、牛野家と書いてあるではないか。

おお、これが噂の牛野家ね。

ついつい、豚丼と牛丼を食べてしまった。

SPONSOR LINK

牛野家

牛野家だよ、牛野屋じゃないよ。
読みかたは、GYUNOYAだ。ぎゅうのや。うしのやじゃないよ。

夜はこうなる
Gyunoya (5)

こりゃあ、小腹が空いていたら、ふらっと立ち寄りたくもなるってもの。

店内もオレンジ色。
カウンター席のみだ。

Gyunoya gyudon (2)

箸入れや生姜入れなんかも、日本の牛丼屋そっくり。

ちなみに、バンコクのターミナル21内にある本家(?)の吉野家の店構えがこちら。

Yoshinoya Bangkok

いや、よっぽど牛野家のほうが吉野家っぽいぞ。

牛野家メニュー
Gyunoya (4)

牛丼並170バーツ、大盛210バーツ
豚丼並110バーツ、大盛130バーツ

他にも、豚キムチ丼、牛鍋丼、網焼トントロ丼など。

さらには、鰻丼、ねぎトロ丼、カレーライス、うどんまでも。

Gyunoya gyudon (3)

タイでは珍しい生食用卵もあって、まさに日本の牛丼屋と同じ。

ドリンクメニューがこちら
Gyunoya (2)

コーラ15バーツ、水10バーツなど。
でも、無料のお茶を出してくれるので、特に注文の必要なし。ありがたい。

Gyunoya gyudon (4)
ちなみにパタヤのすき家の場合、お茶は有料です。

豚丼

牛丼はちょっと高く感じたので、まずは豚丼から試してみた。
並盛りで110バーツ。

Gyunoya (3)

肉が多い。何層にも重なっている。
薄切り肉だけど、これだけ量があれば、食べごたえがある。
つゆは、やや薄味かな。
肉の量と比較してご飯はやや少なめに感じた。
いや、ご飯の量が少ないというより、肉が多いだけの話だ。
タマネギもたっぷり入っているが、もうちょっと小さめにスライスしたほうがいいと思う。
ご飯は普通の日本米。特に感想なし。

BSE騒動の時は日本の牛丼屋で豚丼が主流となっていたが、それ以来、日本で豚丼は食べていない。よって、日本の店舗と直接比較はできない。
が、昔の記憶をたどってみれば、遜色ないレベルだと思う。
むしろ、肉の量が多いぶん、日本の豚丼よりいいかも。
普通に満足しましたね。

牛丼

豚丼で味をしめたので、こうなれば牛丼も片付けてやる。
と、後日、再訪問。

オーダーは牛丼並盛り170バーツ。
どんぶり飯に170バーツも払うのは、我ながら大奮発である。

こちらが牛丼
Gyunoya gyudon (1)

豚丼に比べると、肉の量はやや少なめ。それでも、日本の牛丼屋の並盛りより肉の量が多いだろう。
きちんと牛肉の味がする。これはタイでは珍しいこと。タイの牛肉は残念なことが多いんで。
ツユの味は、吉野家と遜色ないレベル。
相変わらずタマネギが大雑把なのは気になるが、まあタマネギ目当てに牛丼食べるわけじゃないんで別にいいか。

ご飯の量もそこそこあって、食べごたえは日本の牛丼屋の並盛りに勝る。
味もそこそこ。
まあ、牛丼に最良の味を求めるのがそもそも間違いなんで、これなら充分オッケーじゃないですかね。

地図とまとめ

牛野家タニヤ店の地図

グーグルマップの表記は牛野屋になっているなあ。まあ間違いやすいか。
場所は、タニヤメイン通りのちょっと裏手の路地の中にあります。
オレンジ色が呼んでいるんで、すぐに発見できるはず。

豚丼が110バーツ。現在のレートでは、350円くらい。
牛丼が170バーツ。同じく、550円くらい。

同じタニヤ通りにあるタイ人向けローカルぶっかけ飯屋では、一皿40バーツで食べられる。
そう考えると、かなり高い食べ物だ。

でも、タイでそこそこおいしい牛肉を食べるのは、けっこう難しい。
これはこれでありかも。
個人的な金銭感覚では、やっぱり170バーツは高く感じるけどね。

ちなみに、牛野家はタイ国内に数店舗あるみたい。立派なチェーン店だ。

ドンムアン空港の第2ターミナルのフードコートエリアにもある。

Gyunoya Dongmuang

牛丼1杯220バーツとけっこうなお値段。(2016年調べ)

関連記事:ドンムアン空港第2ターミナルの新フードコート、MAGIC GARDEN・マジックフードディストリクト

あと、シーラチャにもあるとか。
そのうちパタヤにも出店すればいいのに。すき家と争ってほしいなあ。
牛丼150バーツくらいにしてくれたら、また食べてもいいような。

SPONSOR LINK

関連記事

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

Hot pot chimchum (1)

コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐりをしてから、チムチュムを食べる

記事を読む

boat%e3%80%80breakfast-1

【パタヤのファランな朝食】BOATのアメリカンブレックファースト70バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、セカンドロード沿いにあるBOATにお邪魔しま

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

RAINBOW24 Pattaya (15)

RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。 といっても見つけたのは2軒だ

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑