*

タニヤの牛野家で、豚丼と牛丼を食べる。吉野家じゃないよ。

公開日: : グルメレポート


タイ・バンコクにあるタニヤ通りは、まさに日本人街。
日本で有名なチェーン店系居酒屋やとんかつ屋や焼肉屋や中華料理屋まで揃っている。
異国にいることを忘れさせる風景だ。

Thaniya (2)

そんな風景の中、オレンジ色の看板が手招きしている。

Gyunoya (1)

一瞬、吉野家かと思いきや、よく見ると、牛野家と書いてあるではないか。

おお、これが噂の牛野家ね。

ついつい、豚丼と牛丼を食べてしまった。

SPONSOR LINK

牛野家

牛野家だよ、牛野屋じゃないよ。
読みかたは、GYUNOYAだ。ぎゅうのや。うしのやじゃないよ。

夜はこうなる
Gyunoya (5)

こりゃあ、小腹が空いていたら、ふらっと立ち寄りたくもなるってもの。

店内もオレンジ色。
カウンター席のみだ。

Gyunoya gyudon (2)

箸入れや生姜入れなんかも、日本の牛丼屋そっくり。

ちなみに、バンコクのターミナル21内にある本家(?)の吉野家の店構えがこちら。

Yoshinoya Bangkok

いや、よっぽど牛野家のほうが吉野家っぽいぞ。

牛野家メニュー
Gyunoya (4)

牛丼並170バーツ、大盛210バーツ
豚丼並110バーツ、大盛130バーツ

他にも、豚キムチ丼、牛鍋丼、網焼トントロ丼など。

さらには、鰻丼、ねぎトロ丼、カレーライス、うどんまでも。

Gyunoya gyudon (3)

タイでは珍しい生食用卵もあって、まさに日本の牛丼屋と同じ。

ドリンクメニューがこちら
Gyunoya (2)

コーラ15バーツ、水10バーツなど。
でも、無料のお茶を出してくれるので、特に注文の必要なし。ありがたい。

Gyunoya gyudon (4)
ちなみにパタヤのすき家の場合、お茶は有料です。

豚丼

牛丼はちょっと高く感じたので、まずは豚丼から試してみた。
並盛りで110バーツ。

Gyunoya (3)

肉が多い。何層にも重なっている。
薄切り肉だけど、これだけ量があれば、食べごたえがある。
つゆは、やや薄味かな。
肉の量と比較してご飯はやや少なめに感じた。
いや、ご飯の量が少ないというより、肉が多いだけの話だ。
タマネギもたっぷり入っているが、もうちょっと小さめにスライスしたほうがいいと思う。
ご飯は普通の日本米。特に感想なし。

BSE騒動の時は日本の牛丼屋で豚丼が主流となっていたが、それ以来、日本で豚丼は食べていない。よって、日本の店舗と直接比較はできない。
が、昔の記憶をたどってみれば、遜色ないレベルだと思う。
むしろ、肉の量が多いぶん、日本の豚丼よりいいかも。
普通に満足しましたね。

牛丼

豚丼で味をしめたので、こうなれば牛丼も片付けてやる。
と、後日、再訪問。

オーダーは牛丼並盛り170バーツ。
どんぶり飯に170バーツも払うのは、我ながら大奮発である。

こちらが牛丼
Gyunoya gyudon (1)

豚丼に比べると、肉の量はやや少なめ。それでも、日本の牛丼屋の並盛りより肉の量が多いだろう。
きちんと牛肉の味がする。これはタイでは珍しいこと。タイの牛肉は残念なことが多いんで。
ツユの味は、吉野家と遜色ないレベル。
相変わらずタマネギが大雑把なのは気になるが、まあタマネギ目当てに牛丼食べるわけじゃないんで別にいいか。

ご飯の量もそこそこあって、食べごたえは日本の牛丼屋の並盛りに勝る。
味もそこそこ。
まあ、牛丼に最良の味を求めるのがそもそも間違いなんで、これなら充分オッケーじゃないですかね。

地図とまとめ

牛野家タニヤ店の地図

グーグルマップの表記は牛野屋になっているなあ。まあ間違いやすいか。
場所は、タニヤメイン通りのちょっと裏手の路地の中にあります。
オレンジ色が呼んでいるんで、すぐに発見できるはず。

豚丼が110バーツ。現在のレートでは、350円くらい。
牛丼が170バーツ。同じく、550円くらい。

同じタニヤ通りにあるタイ人向けローカルぶっかけ飯屋では、一皿40バーツで食べられる。
そう考えると、かなり高い食べ物だ。

でも、タイでそこそこおいしい牛肉を食べるのは、けっこう難しい。
これはこれでありかも。
個人的な金銭感覚では、やっぱり170バーツは高く感じるけどね。

ちなみに、牛野家はタイ国内に数店舗あるみたい。立派なチェーン店だ。

ドンムアン空港の第2ターミナルのフードコートエリアにもある。

Gyunoya Dongmuang

牛丼1杯220バーツとけっこうなお値段。(2016年調べ)

関連記事:ドンムアン空港第2ターミナルの新フードコート、MAGIC GARDEN・マジックフードディストリクト

あと、シーラチャにもあるとか。
そのうちパタヤにも出店すればいいのに。すき家と争ってほしいなあ。
牛丼150バーツくらいにしてくれたら、また食べてもいいような。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

Brauhaus menu (5)

ドイツ料理レストラン、Brauhausのジャーマンブレックファースト

パタヤの各国料理レストラン紹介シリーズ。 今回はドイツへGehen(Go)! どうでもい

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

gafae breakfast coffee (10)

カフェ「gafae」のコーヒーとブレックファースト@パタヤタイ

トゥッコムのすぐ近く、パタヤタイ通り沿いに、わりと利用しやすいカフェがある。 その名も、gaf

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

アドステア

アドステア

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

Bangkok bank ATM free coke (1)
バンコク銀行ATMで外国のクレジットカードを使うとコーラ1本プレゼント中

どうでもいいようなプチお得情報を一つ。 タイのバンコク銀行A

→もっと見る

PAGE TOP ↑