*

【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

公開日: : 夜遊び情報

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。
一週間で3軒だけかよと我ながら突っ込まないでもないが、毎日のようにLKメトロを通りかかるものの、これといって入りたいとゴーゴーバーがないのも卒直な気持ち。
定点観測的な意味合いもこめて、とりあえず3軒だけ入ってみた。
バチェラーの門構えだけは欠かさずチェックしているんだけどなあ。

カオス KAOS

Kaos

表で待機している女性陣がなかなか可愛く見えた。
ボードにはハッピーアワーの文字。
でも入ってみらが、ハッピーアワーはすでに終わっていた。プチ騙され気分。
まあドラフトビール89バーツだから別にいいけど。

ここは狭い店。
狭いけれど、客席は両側にあって、お立ち台を挟む形となっている。
入って右側寄りにお立ち台があるため、右側の席に座ると、ダンサーが本当に目の前。
ほんの少し見上げると、トップレスが眼前に迫ってくる。嬉しい悲鳴。
さらにもう少し見上げると、残念な顔をしたダンサーたちが大半という悲しい現実。
うーん、おかしいなあ、表で呼び込みしているときはもうちょっとマシに見えたのだが。
これまた少々騙された気分。

ちなみに、DJは置かずに、youtubeの映像垂れ流しスタイル。

ビール1杯飲み干すことなくチェックビンした。

でも、翌日、KAOS前を通りかかると、やっぱり呼び込みに立っているダンサーたちが可愛くみえる。おかしい。なぜだ。

レディラブ Lady Love

Ladylove

午後11時前入店。
さぞ空いているだろうなあと思いきや、場内大盛況。
ほとんどファラン客。それもグループやレディ連れが多い。
かろうじて上段の席に座れた。
それからも次々にファラン客がやってきた。
しかもリンガベルの連発。
どうして、こんなに流行っているのか。

ステージ上のダンサーのレベルはひどいもんだぞ。
でも、ノリはいい。
このあたりがファランの求めるところなのか。

ダンサーよりもサービスのウェイトレスのほうがマシとも思えるレベルだった。
返事も「カー」と丁寧で好印象。

そのウェイトレスに話を聞いたところ、サービススタッフのバーファインが800。
で、ダンサーやコヨーテのバーファンは1000とか1200とか1500とか、いろいろ言われた。
胸が大きくて綺麗だから値段も高くなるとか何とか。なんだよ、それ。
胸はシリコンで顔は整形じゃないかよ。

胸がないから安いと半笑いで答えていたウェイトレスが不憫かつ可愛く思えてしまい、ついついドリンクを奢ってしまった。
けっこういい子かも。本当に胸はぺったんこだけど。

バチェラー Bachelor

バチェラーと言えば、変幻自在の門職人をかかえた名店、いや迷店。

今年1月の様子がこちら。

まずは築城中
Bachelor gate (1)

完成
Bachelor gate (2)

でもすぐ崩壊させる潔さ。

2月はバレンタインモードのゲート
Bachelor

ほどなく撤去。

入店前日はこの通り。門がない。
Bachelor (1)

で、その翌日には風船アーチができていた。

Bachelor (2)

入店間際に撮影したため、アップが撮れなかった。

何やらパーティのようだ。
店頭では豚の丸焼き製作中だったが、まだ焼き上がっておらず食べられなかった。

場内も風船とハートマークの飾り付け。バレンタインからの使いまわしか。

さて、肝心の中身ですが、これまたやっぱり大したことない。
最近はずっと低空飛行状態のバチェラーだ。
門構えを立派にしても、しょせんはハリボテ。中身もハリボテのままでは、客も少ないよねえ。
盛り上がらんなあ、ここ。

さらに翌日のこと、風船アートゲートの写真でも撮っておくかと昼間に訪れてみると、跡形もなくゲートは消えていた。

Bachelor3

うーん、まさに変幻自在、疾風迅雷の門職人。
一夜にして築城したといわれる豊臣秀吉もびっくりだ。
これからも独自のゲート路線を突っ走ってほしい。
がんばれ、真田丸バチェラー。
わたしは陰ながら応援しています。ただし、外から。
ついでに、ダンサーのレベルを上げてください。頼みます。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

COYOTE bar (2)

ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。 看板には、「Coyote

記事を読む

walking-street201612

大晦日直前のウォーキングストリートとバービアの様子。争奪戦必至。

新年直前、パタヤ・ウォーキングストリートのゴーゴーバーをいくつかまわってみた。 昨晩の

記事を読む

club-sin-pattaya-2

【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ

ソイボンコットからソイアルノタイへ抜ける閑静な一角に、CLUB4がある。 クラブ4は老舗のジェント

記事を読む

lek-gogo

ノースパタヤバービア群(ソイ6、ドリンキングStなど)の現状とLEKゴーゴーバー初訪問レポート

日曜日の夜、ノースパタヤの遊び場をまわってきた。 ソイ6、ドリンキングストリート、バービア群、ゴー

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

ラムー (3)

高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。18歳と19歳のホステスがレベル高し。

日本から友人がやって来た。 お望み通り、サードロードのパブを一緒に捜索することに。 関連記事

記事を読む

walking-street-raining

土曜深夜大雨のウォーキングストリート。パレスのGREEN PARTYとスイートハーツのRock’n’Roll。

チャン島旅行記の途中ですが、リアルタイムではパタヤ沈没中につき、いろいろとパタヤネタも盛り込んでいき

記事を読む

Gold (3)

ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は、アメジスト(Amethyst

記事を読む

nana-plaza-1

バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットの現状レポート

パタヤの夜遊びに関しては、ほぼ復活している。 では、バンコクはどうなのか? 一昨日の夜、スクンビ

記事を読む

camel toe pattaya (1)

ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(キャメルトゥー)を初訪問してき

記事を読む

アドステア

アドステア

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

Bangkok bank ATM free coke (1)
バンコク銀行ATMで外国のクレジットカードを使うとコーラ1本プレゼント中

どうでもいいようなプチお得情報を一つ。 タイのバンコク銀行A

→もっと見る

PAGE TOP ↑