*

パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

公開日: : 最終更新日:2017/02/23 夜遊び情報

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。

soi 6

ちょうど夕闇が迫る時間帯。
出勤嬢が多くて、ソイ6で遊ぶなら打ってつけのタイミングかもしれない。怪しい雰囲気もアップ。

が、そんなソイ6の置屋バーは素通りして、今回はゴーゴーバーをめぐってみることに。
ソイ6でわざわざゴーゴーバーでもなかろうが、たまには趣向を変えてみる。

ドールズ Dolls

Dolls

かなりビーチロード寄りにあるゴーゴーバー。まあ、ガラス張りなんで、実態はコヨーテバーに近いかもしれないが、言葉上の定義はどうでもいい。

ドラフトビールがなかったのでコーラにした。50バーツ。安い。
しかも、無料のポップコーンと、さらにパーティフードなのか、サンドイッチと春巻も出てきた。こんなに食べていいのかよ。

ステージは2箇所。
入って右側に段差のある一列ステージ、左側に四角いステージ。
待機中も含めて、ダンサーは全部で20数人。
そこそこレベルが高い。うん、悪くない。

と、入り口のカーテンが閉められて、ムーディな音楽へ。
おっ、ショータイムか。ダンサーがビキニを脱ぎ捨てる。しかし、その下にはニップレスがお出まし。
がっくり。楽しくねえ。最近増えてきたなあ、ニップレスというか謎の乳首ステッカー。
ショータイムが終わると、またカーテンが開いて、外から見えるようになった。

ダンサーからの売り込み少々。
ウォーキングストリートやLKメトロからの移籍組もいて、日本人受けしそうなダンサーもちらほら。
それだけにスレ度も少々。

まあでも、けっこうなもんです。夜7時前だというのに、このレベルが揃っていたら充分でしょう。

バーファインの額は不明。
100バーツ札でチェッビンするとお釣りは50バーツ札一枚。チップを置くに置けない。タダ飯食ったのに、何だか悪いことした気分。

ワーキングガール WORKING GIRL

Working girl (1)

ソイ6の中ほど。隣がレディボーイ専科のPOOK BARというきわどい立地。

シンハーライト39バーツとの看板が出ている。

Working girl 39B beer

異常なほど安い。ほとんど儲けはなさそう。バービアも含めて、パタヤ最安値かも。

表には客引や休憩中のダンサーが出ている。なかなか期待できそう。

が、中に入ると、ステージ上にダンサーが二人だけ。客はスマフォいじっているファランが一人だけ。
寒い光景。
ほどなくダンサーが3人になったが、これはきついなあ。
レベルも今ひとつ。
顔はいいが腹回りがたっぷんたっぷんというダンサーか、腹回りはすっきりしているが顔がだっふんだっふんというダンサーのどちらか。

Working girl (2)

どうやら店内禁煙らしくて、外のカウンターで飲む。
手の空いたダンサーたちが絡んでくれた。
あ、こっちはマシかな。一人だけ若くて選べそうなダンサーがいた。

レディドリンクは150バーツ。
そして、バーファインは1300バーツ
ビールが39バーツで、BFが1300バーツ。うーん、落差が激しいな。
ショート代がいくらかは聞いていない。2000って言われそうな気がする。うーん。

でも飲むだけなら安いね。
さっきのドールズがコーラ50バーツ、ワーキングガールがシンハーライト39バーツ。合わせて89バーツ。安すぎでしょ。

パッション Passion

Passion

最後に昔からあるゴーゴーバーへ。パッションという名前のようだ。
名前は変わっているかもしれないが、7,8年前に入った覚えがある。それ以来の入店かも。

やさぐれ感が半端ない。
ドールズとワーキングガールが今風のオシャレなゴーゴーバーだとすれば、ここパッションはまさにオールドスクール。
小さなステージ上で踊るレディたちも、レディとは名ばかりのオールドファッションなおばさまたち。
年季が違いますな。
ドラフトビールが70バーツ。
サービススタッフは一人だけ。客も少ないんで充分さばけます。

ステージのおばさまから、いきなり上の部屋へ行きましょうとのお誘いをいただく。
話が早い。

おばさまが指で1、3、0、0とジェスチャー。

部屋代300、チップ1000のトータル1300バーツだ。

おお、ワーキングガールのバーファインと同額だよ。
安い!と思わず唸ったが、よく考えれば、ソイ6のバーと同じじゃないかよ。それだったら、もっと若くてかわいいソイ6嬢と遊んだほうがいいに決まっている。
さっき通りすがりに軽くチェックしただけでも、数人ほどは選べるソイ6嬢がいたぞ。

でも、おばさまたちのノリは最高に楽しい。
この能天気でやさぐれた雰囲気がたまらないね。

大好きだけど、来るのは年に1回でいいな。いや、4年に1回でもいいか。

おっと、インド人二人組が来店。
おばさまたちの営業にも無関心のようだ。仏頂面を貫き通している。ドラフトビールを飲む干すことなく退店していった。

わたしも続いて退店。客がゼロになるだろうけど、気にしない。
100バーツのお釣り30バーツは、絡んでくれたおばさまに提供。これでご飯でも食べてほしい。

4年後まで潰れてなければ、また来よう。

 

これにてソイ6ゴーゴーバーめぐり終了。
なんだか、もうお腹いっぱいの気分。
チップをのぞいた飲み代合計は、159バーツ。うーん安い。

レベル的には、断然、ドールズの一人勝ちです。
飲み代が一番安いのはワーキングガール。
で、一番おもしろいのはパッション。

あなたならどこへ行く?

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Walking street 201704 (1)

週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごした。 もうしばらくゴーゴーは

記事を読む

pattaya-walkingstreet-20161016-2

10月16日深夜のウォーキングストリートではゴーゴーバー営業中。バカラとスーパーガール訪問レポート。

昨日、10月16日は仏教の祝日にあたり、禁酒日となっていた。 服喪期間ということもあり、てっきり、

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

Pattaya Darkside bar (6)

【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット通り以東の山側エリアのこと。イ

記事を読む

D CLUB (3)

WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。 名前は、D CLUB。読みか

記事を読む

サファイアクラブ

【近況報告】最近訪れたゴーゴーバーたち

8時間ドライブしたり、同じ女性に5日間軟禁されたり、カブトガニ食べたり、パタヤマフィアにみかじめ料を

記事を読む

Walking street 201704 Palace

GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリートへ出向いてきた。 LKメ

記事を読む

ブリス

BLISS(ブリス)、ウォーキングストリート新規オープンゴーゴーバー訪問レポ

ウォーキングストリートに新しくオープンしたブリス(BLISS)に入ってみた。 場所は、ウォーキング

記事を読む

ビーチクラブ (3)

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB 昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前

記事を読む

Gold (3)

ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は、アメジスト(Amethyst

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑