*

英国紳士ファランのタイランド大冒険 FARANG!

公開日: : タイ夜遊びライブラリー, 小説

「FARANG!」 by David Thompson

farang!

イングランド在住、バツイチの小学校国語教師の英国紳士がプーケットへ休暇に行く小説。

なんと直接的なタイトルか。
はじめて訪れるタイランド。しかもプーケット。
でもエロは無し。バングラー通りのバービアやゴーゴーバーでひたすら酒をのみまくる。
ゴーゴー嬢に迫られても拒否する英国紳士っぷりだ。

主張するところは毅然と主張する。
たとえば、バービア群にある共同トイレに入るファラン。
しかし、あまりにも劣悪な環境なので用を足さずに退散する。
料金5バーツを払えと言われても、断固拒否。
トイレの主人と大げんかしてもゼッタイに払わないファラン。

なるほど、ファランてこういう思考回路なのね。

そんなしっかりしているファランだが、ちゃっかり金をだまし取られる。
だました女を追っかけて、舞台はウドンターニーへ。
実に行動力のある英国紳士である。

ウドンへ行く相棒は、プーケットで知り合った物売りの少女。
はたから見れば、幼女好きの危ないファランそのものだが、当人は意に介せず。

最後は、現地の女性と恋仲になりウドンタニーへ移住。
学教教師として地元のタイのこどもたちに教鞭を取るようになる。
すべてまるく収まった。

ハッピーエンド。めでたしめでたし。

そんなわけあるか!

と怒りたくなるような性善説ストーリー。

 

初めてタイのリゾート地を訪れるファランの視点が楽しめる。
物価と文化の違いに翻弄されつつも、だんだんと慣れてくる様は日本人も同じ。
はじめは誰でも多少はボラれるものだし、いい加減なタイ人を怒りたくもなるもんだ。

 

英語ネタがおもしろい。
主人公の名前はROBERTだが、タイ人の英語の発音ではLOBERTとなる。
何度修正しても、ずっとLOBERTと発音されてしまう主人公。
とほほ。

また否定文に対する答え方の文法の違いからくる笑い話もある。

例えば、
You don’t like me?」とファランが質問する。
タイ女性の答えが、「No!
No? oh you don’t like me」と悲しむファラン。
No! I like you」必死に否定するタイ女性。
No? oh you don’t like me
No

延々とそのやり取りを繰り返す滑稽な二人。とほほ。
たぶん、この二つはファランの間では鉄板ネタなんだろうなあ。

一つ目は、日本語でもLとRの発音の区別がないので同じこと。どっちもロバートだ。
(厳密にはタイ語にもLとRの区別があるらしいけど、あまり重要視されていないようだ。)

二つ目も、日本人ならタイ人に共感できる。
「おれのこと好きじゃないの?」
「いいえ。好きです」
ごく普通。質問全体に対して肯定か否定かを答えるわけだ。
でも英語では、質問形に関わらず、好きなら「Yes」、好きじゃないなら「No」と答えなくちゃいけない。
実際、英語で会話する時はいつもこんがらがってくる。

結論1。タイ人に英語で質問する時は否定形を使うな。

結論2。日本人とタイ人がタイ語で会話するならOK。

こんな感じで。
男「マイチョープポムロー?
女「マイマイ。チョープ

そんなこんなで、タイにおけるファランの思考方法や行動様式を知るのに、ちょっと参考になる小説。

でも、主人公と違って、パタヤやプーケットに単身で遊びに来るファランの9割以上は完全に女目当てだろうけどねえ。
まあ日本人も同じか。

英語も平易で読みやすい。
意外とさくさく読めてしまった。
タイ国内のASIABOOKSなどで販売中。460バーツほど。

アマゾンではキンドル版が入手可能。
プーケットやバンコクへ向かうフライトでの暇つぶしにでもどうぞ。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

I-am-Eri (1)

わたしの名前はエリ。ジャパゆきタイ女性の現実やいかに?

「I AM ERI MY EXPERIENCE OVERSEAS」 by Thanadda Sawa

記事を読む

bangkok private eye

タイ・バンコク私立探偵の告白。浮気調査に気をつけろ。

Confessions of a Bangkok Private Eye by Warren Ols

記事を読む

mang rains

娘をもとめて20年~マンゴーレインズは感動の実話小説

MANGO RAINS by Daniel M.Dorothy パタヤ地元英字新聞「P

記事を読む

only13表紙

パッポンに売り飛ばされ13歳から働かされた少女の物語。ONLY 13

「ONLY 13 The True Story of Lon」 by Julia Manzanare

記事を読む

洋書

パタヤ沈没の友は洋書ペイパーバックだった。タイ夜遊びライブラリー序言。

足掛け6ヶ月に及んだパタヤアパート沈没生活。 とにかく、日中が暇だった。 しかも、雨

記事を読む

farang strike back

ファラン怒りのパタヤ。 A FARANG STRIKES BACK

「A FARANG STRIKES BACK」by LOUIS ANSCHEL 直訳すれば

記事を読む

angel of pattaya

ファランによるタイ風俗嬢へのインタビュー集「パタヤの天使たち」

「ANGELS OF PATTAYA」by G.T.Gray これはファランによるタイ売春

記事を読む

so many girls

ファランによるタイ女遊び指南書。SO MANY GIRLS!

「SO MANY GIRLS! SO LITTLE TIMES!」by Chuck Wilson

記事を読む

private dancer

ファランによるタイ夜遊び小説の決定版「プライベート・ダンサー」

「PRIVATE DANCER」by Stephen Leather 裸の後ろ姿に黒い長髪

記事を読む

damage done

バンクワン刑務所へようこそ THE DAMAGE DONE

「THE DAMAGE DONE」 by WARREN FELLOWS 時は90年代後半。

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani night life bars (1)
ウドンタニーで恒例のバービア遊び。でも一番かわいいバービア嬢はペイバー不可で撃沈。

ラオス・イサーン旅行記20 (19「ウドンタニー名物料理のカイガタは

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑