パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ブレックファースト

TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

投稿日:2016年12月11日 更新日:


ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE AWAY。

take-away-breakfast-8

白とオレンジを基調にした、すっきりした外観だ。メインフードは、もろに洋食。
いつ見ても満員、とまではいかないが、ほどほどに流行っている。
気になるメニューはいくつかあるが、とりあえず、定番のブレックファーストを注文してみた。

SPONSOR LINK



TAKE AWAYのブレックファースト

take-away-breakfast-2

朝食立て看板
take-away-breakfast-7

レギュラーサイズが125バーツ
ラージサイズが160バーツ

少食派のわたしはレギュラーで。

まずはコーヒーとトースト2枚がやってきた。

take-away-breakfast-3

マグカップがでかい。かなりの量が入っている。
が、残念ながら、薄味のアメリカンといったところ。図体ばかりでかくて中身がない。

トーストは、ごく普通のコンビニで売っている四角いもの。これまた中身は薄い。

続いて本体。卵は、スクランブルエッグを指定した。

take-away-breakfast-4

卵、ソーセージ、ベーコン、焼きトマト、豆という定番もの。

ソーセージがぶとい。まんまるとして図太い。まるでファランのようだ。何がだ?

take-away-breakfast-6

このソーセージは、けっこうイケる。濃厚すぎず、軽すぎず。

ベーコンは、やや厚めのタイプだが、切れ味は悪い。ベーコンとハムの間の子みたいな感じ。もっと脂身が多いほうが好きだ。
スクランブルエッグは、下手くそですな。そぼろみたいになってちゃってるよ。
豆は、缶詰から移しただけでしょう。
トマトは小さめながら、アクセントとしてはいい。

とりあえずお腹は膨れます。

take-away-breakfast-5

完食はしたが、正直、これで125バーツはちょっと高い。
99バーツなら合格点といったところか。
ソーセージはおいしいけどね。

ラージサイズだと、ベーコンとソーセージの2倍になり、さらにハッシュブラウンが付くようだ。

店内にはイギリスの新聞が常備されているようだ。

ファラン客を見ていると、コーヒーだけ注文して、新聞を読みふけっている人もいた。
たしかに薄味でもよければ、コーヒーの量は多い。いい時間つぶしになりそう。コーヒーだけなら40バーツだ。

地図

たぶん24時間営業。

その他のメニュー

take-away-breakfast-1

サンドイッチ:50バーツから
フィッシュアンドチップス:160バーツ
ビーフシチュー:180バーツ
ヨークシャープディング:90バーツから
ステーキ:280バーツ
ハンバーガー:100バーツから
パイ:110バーツから
ピザ:175バーツ

などなど

カレーもたくさんあるが、イギリスカレーでしょうね、たぶん。

ヨークシャープディングとパイが気になるところ。
パイとコーヒーで、軽いおやつがわりにいいかもしれない。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.