*

バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

公開日: : 最終更新日:2017/01/04 2016~2017年末年始パタヤ沈没日記


沈没日記2

バンコク2泊はあっという間に終了。
都会は便利で洗練されているけれど、どうにも肌に合わない。
さくっとパタヤへ向かう。

SPONSOR LINK

バンコク・ナナからパタヤへ

ナナからパタヤへの詳しい道のりは省略。
概略だけ。

BTSナナ駅からエカマイ駅へ移動。
降りてすぐのところのエカマイバスターミナルへ。

bangkok-ekamai-bus-terminal-1

一番右端の窓口でパタヤ行きのバスチケットを購入。108バーツ。

ekamai-bus-terminal

時間になったら乗車。

pattaya-bus

約2時間でノースパタヤバスターミナルへ到着。

ノースパタヤバスターミナル (1)

以上。
ここまでは特に迷うことはないかと。

次は、ノースパタヤバスターミナルからホテルまで移動となる。
これはいくつか方法がある。

・バイクタクシー80バーツ前後
・乗り合いソンテウ50バーツ
・ノースパタヤ通りまで出て、流しの乗り合いルートソンテウを拾う

今回は、3番目の方法を選択。
別にどれでもいいけれど、いろいろ試して、最新情報を確かめておきたい。

パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求される

まず、バスターミナルを出る。
目の前を走る大きな道路がノースパタヤロードである。
バスターミナルから見て右手がビーチ方面となるので、道路を渡ったところで、ソンテウが来るのを待機。
たぶん、他にもソンテウ待ちの人がいるはず。場所はてきとうでいい。

north-pattaya

スクンビット通りのバイパス工事の影響か、昔に比べると、流しのソンテウの数が減っている。
昼間は10分か15分も待てば通りかかるだろう。
この時は10分弱でソンテウがやって来た。
5人ほど乗り込む。
さらに、道中で、別の客3人ほど。

このソンテウは、基本的にルートが決められていて、ノースパタヤロードをひたすら直進して、ドルフィンサークルを沿うようにしてセカンドロード北端を渡り、そのままビーチロードまで進む。最終地点は、おそらくウォーキングストリートを越えたあたり。
で、どこで降りようとも10バーツがデフォルト。
厳密にいえば、ビーチロードへ入ったところからは2区間目扱いで20バーツとなるのだろうが、これまで一度も請求されたことはない。
これは、パタヤタイやジョムティエンからパタヤ中心部へ向かうソンテウも同じ。10バーツしか請求されたことがないし、実際に20バーツ払ったこともない。

いつものように、ドルフィンサークルを越えて、セカンドロードの北端からビーチロードへ向かう。
ここで二人の客が降りた。
ついでにドライバーも降りてきた。

で、乗客に向けて、「ここから先は一人20バーツだからね、オッケーna」とタイ語で告げていた。

おお、ここまではっきり言われたのは初めてだ。
他のタイ人の客は誰も文句を言っていないし、やはりこれが本来のシステムなのだろう。

パタヤに通い始めて10年弱。乗り合いソンテウにこれまた数百回と乗ってきたが、初めて20バーツを請求された。

まあいいか。
ソンテウはビーチロードを快走。

pattaya-songteow

海が見える。この瞬間が最高なんだよねえ。パタヤビーチで泳ぐことなんかないけど、バンコクの都会よりも、この薄汚いビーチが好きだ。

ちなみに、セントラルフェスティバル付近で何人もの乗客が降りていったけど、そのうちのファラン客から運賃を受け取る前にソンテウは走り去ってしまった。
財布を開きながら呆然と立ちすくむファランの顔が印象的だった。
商売っ気が強いのか、穴だらけなのか。これがパタヤのソンテウですな。

なお、このソンテウでソイブッカオを目指すなら、ビーチロードのどこかで下車する必要がある。
LKメトロ付近にホテルがあるなら、マイクショッピングモール前で下車。マイクの横道、ないしマイク内を抜けてセカンドロードへ。KISSフード横のソイダイアナを進めば、LKメトロへ行ける。
または、ひたすらソンテウに乗り続けてセカンドロードをぐるっと走ってくれれば、歩く距離は短くなるけれど。

そういえば、来年1月1日からパタヤのソンテウが初乗り20バーツに値上げするというニュースが流れていた。

THAI VISA NEWS⇒https://youtu.be/R-_XttzkAhI?list=PLyLJTYyOBngRZc8_l0ZJnpHTikrM-3bA2
(3分10秒くらいから)

このニュースが本当なら、2区間は40バーツとなってしまう。なんだかなあ。まあおそらくはどこまで乗っても20バーツで落ち着くだろうけど、そもそもソンテウ初乗り20バーツは本当に実行するのかなあ。いきなり倍の値上げはないだろうに。

(追記)
年が明けてもソンテウは10バーツのまま。そもそもガセだったのか、延期になったのかは不明。他のニュースサイトには出ていなかったので、怪しいとは思っていたが。

レンタルバイク

パタヤ1泊目のホテルは、パタヤタイで予約していた。
が、ホテルへチェックインする前にレンタルバイク屋に立ち寄る。

ホテルがちょっと離れた場所にあるので、先にバイクを借りておいたほうが楽でいい。

一ヶ月2400バーツにしてもらう。長期契約とはいえ、このハイシーズンで1日80バーツはなかなかお買い得。
値上げしないでね。

かりにソンテウの初乗り価格が20バーツに値上げされたら、ますますレンタルバイクの利用価値が高まるかも。

荷物を背負って、バイクで移動。
ソイでいうなら、ソイイェンサバイとなる。
このエリアに滞在するのは初めてだ。
わかっていたものの、アラブ人とゲイが多い。
ここはパタヤ屈指のアラブタウンでありゲイタウンなのだ。
でも、ウォーキングストリートも余裕で徒歩圏内という変な場所である。

ホテルの部屋は広くて快適。しかもソファー付き。

royal-qd-hotel

これで1泊500バーツ。
ソイイエンサバイ、恐るべし。

さあ、パタヤ沈没の始まりだ。
今回もいろいろなことが起こるだろうが、とにかく楽しく過ごしたいものである。

SPONSOR LINK

関連記事

Pattaya Sign

年末年始パタヤ沈没生活2ヶ月の出費報告書

沈没日記番外編 恒例となったので、沈没生活で使った費用の報告をしておきます。 2ヶ月

記事を読む

walking-street-201612

20歳コヨーテ嬢をふたたびペイバー

沈没日記13 サービス、ルックス、若さと三拍子そろった20歳のゴーゴー嬢。 10日雇用コヨー

記事を読む

bar-beer-lady

連戦。濃厚サービスのバービア嬢とロングでしっぽり。

沈没日記5 たしかに18歳バービア嬢はルックス、スタイルとも素晴らしい。何より若い。 が、サ

記事を読む

beer bar party food

24歳新人バービア嬢をロングでペイバーするも…

沈没日記19 21歳バービア嬢をイケメン若ファランにさらわれた翌日。 今日こそは誰かをペイバ

記事を読む

massage room in soi chaiyapoom (3)

ソイチャイヤプーンで若々しいマッサージ嬢からスペシャルなお誘い

沈没日記23 パタヤのスペシャルマッサージ屋 パタヤには、無数のマッサージ屋がある。 健全なタ

記事を読む

bar-lady

田舎へ帰る元ゴーゴー嬢とお別れのブンブン

沈没日記10 (沈没日記918歳バービア嬢とムーガタからのブンブン再戦からの続きです。)

記事を読む

Thaniya (2)

はじめてのタニヤ日本カラオケ遊びで大当たりを引く

沈没日記30 パッポンのすぐ隣にある通りがタニヤだ。 BTSサラデーン駅の目の前。駅構内

記事を読む

pattaya-hotel

パタヤ沈没の歴史がまた始まる。初戦は22歳新人バービア嬢。

沈没日記3 いつものパタヤ沈没生活のはじまりであった。 昼はローカルなタイ飯で腹

記事を読む

lk-metro-christmas-1

クリスマスの夜のパタヤ

パタヤ沈没日記クリスマス編 さて、12月25日。クリスマスの夜。 あちこち見て回りたいと

記事を読む

sukiya-pattaya-11

ついにオープン。パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。セントラルマリーナ。

ノースパタヤのセントラルマリーナ(Central Marina)に、ようやくすき家がオープンした

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑