*

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26

ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。
それから、プラタムナックに立ち寄った。パタヤヒルとも呼ばれている。

観光的には、ビッグブッダや展望台で有名。

ワットプラヤイビッグブッダ (4)
関連記事:パタヤヒルのビッグブッダ(ワットプラヤイ)と展望台【パタヤ観光スポット】

夜遊び的には、キンナリープレイスで有名。

キンナリープレイス (2)
関連記事:キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

以前は、キンナリーの隣のソイに、VIPERという昼間からやっているコヨーテクラブがあった。

関連記事:VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

が、残念ながら、摘発などもあり閉店してしまったようだ。

toropicana

現在は、TROPICANAというジェントルマンズラウンジに変わっているが、ずっと閉店していて詳細はわからずじまい。

さて、ここから未知なる地の散策をはじめる。

関連地図

今回散策したルートの関連地図がこちら。
プラタムナックエリアの地理を把握しましょう。

関連地図

KASETSIN

プラタムナックの丘から下っていく坂はいくつか分かれている。

この変形ロータリー交差点から枝分かれ
プラタムナックからヒルトップへの道 (3)

これまで一度も足を踏み入れたことのない坂道を下ってみることにした。

標識によれば、KASETSINと呼ぶようだ。
kasetsin-2

ひたすら丘を下っていく。
けっこう距離がある。

heaven-1

看板を発見。
さらに進む。

heaven-2

すると、こんな辺鄙なソイの中に、忽然と大きな一軒家が現れた。

ジェントルマンズラウンジのHEAVENだ。

heaven-4

ここが最初の目的地だった。

これは、遠いぞ。
バイクか車がないと訪問は不可能。
キンナリープレイスは、ソンテウと徒歩で何とかなるが、これは無理だ。

真っ昼間だが、すでに訪問客は多いみたい。バイクがたくさん止まっていた。長期滞在や在住系ファランのたまり場のようだ。
取材は次回。

ちょっと戻って、ひたすら丘を下っていく。

ようやく海が見えてきた。
左にはヨットハーバーがあるが、利用する機会はなさそう。

近くには大型ホテル。

Pattaya Bay Hotel(パタヤベイホテル)
kasetsin-6
Agodaで詳細を見る

さらに進むと、謎のボート乗り場の案内があった。営業しているのかなあ。

kasetsin-4

進んでみると、小さな崖の下にスピードボートがとまっている。

kasetsin-5

ここで泳ぐのは無理っぽい。

さらに進むと、いきなりハイソなエリアが出てきた。

THE CHOCOLATE FACTORY(チョコレートファクトリー)
kasetsin-7chocolatefactory

どうやらカフェレストランのようだ。

その隣には、The Sky Gallary(スカイギャラリー)
kasetsin-8sky-gallery

わりと有名なカフェレストランだ。海が一望できると評判が高い。こんなところにあったのね。

角を曲がると、急に街になったのでびっくり。

おしゃれなカフェやショップが並ぶ。

kasetsin-9

ここは初めて来たなあ。
狭い範囲だが、なんともハイソは雰囲気が漂っている。

ここにも巨大ホテルが建つ。

MOUNTAIN BEACH HOTEL(マウンテンビーチホテル)
kasetsin-1
外国人向けのレストランや両替屋も多数あり。

kasetsin-3

ファランというか、ロシア人率高し。
中国人少々といったところ。

レストランやマッサージ屋で価格調査してみたが、相場は高め。

よくまあ、こんな不便なところに滞在するよなあ。
ただ、パタヤ中心部の喧騒からは隔絶されたエリアだ。
海を眺めながら、ひたすらのんびり滞在した人向け。
コンドミニアムもたくさんあった。

このあたりの遊び場は、ヘブンだけのようだ。

ほんの一角だけですが、ちょっとハイソな雰囲気を味わいたい人は、KASETSINへどうぞ。
まあ、遠いです。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

beer-bar-lady-2

24歳バービア嬢ふたたび、みたび。

パタヤ沈没日記22 毎日仕事おわりに部屋へ来ると宣言していた24歳スリン出身バービア嬢。 L

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビット沿いをうろうろ。 TER

記事を読む

pattaya-beach-night

やっぱりイサーンよりパタヤでしょ。バービア嬢をさくっとペイバーして濃厚サービス。

パタヤ沈没日記21(後半戦スタート) イサーン遠征編10からの続きとなります。 スリンか

記事を読む

prajanbaan-5

カオトムプラジャンバーンとガオライサイサームで連夜の宴会

パタヤ沈没日記13 バンコクから友人が来ると、決まって訪れるタイ料理レストランがある。

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

koh-chang-beerbar-1

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3) チャン島初日。 夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

記事を読む

buriram-bamboo-bar-beer-1

ブリラムの夜遊びはどうなっているのか?犬と象に気をつけろ!

イサーン遠征編6 ブリラーム嬢を求めて サービス満点、性格良し、人懐っこい、明るい、と何かと評判

記事を読む

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

アドステア

アドステア

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

→もっと見る

PAGE TOP ↑