*

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

公開日: : グルメレポート


なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。

ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにして丸めたもの。
日本で言うところの、つみれです。
このルークチンを油で素揚げにしたものが、ルークチントートとなる。

パタヤの屋台なんかでは、串に刺した状態で陳列して、実際に揚げる際は串から外すことが多い。

ブリラムに多くあるルークチン屋は、串のまま油で揚げている。
まさに串揚げだ。

SPONSOR LINK

ブリラム駅前の立ち食いルークチン屋

そんな串揚げ屋が多く集まるのは、タイ鉄道のブリラム駅前広場。

ブリラム駅
buriram-railway-station-4

駅前広場ロータリー
buriram-railway-station-5

ロータリーの片側に5,6軒の串揚げ屋が固まっている。

buriram-railway-station-1

仕事帰りや学校帰りの人たちが立ち寄って、ふうふうやってます。

これが、串揚げルークチン屋台。
屋台としては堂々たる品揃えの串揚げどもだ。

buriram-railway-station-2

魚肉や豚肉のつみれが多い。ワンタンの皮もある。あとは、小さなソーセージとか。

これが一串3バーツだ。日本円で約9円。
7本買ったら20バーツにサービスしちゃうぞ。
(大きなソーセージだけは1本10バーツ)

購入方法は簡単。並んでいる串を、店員に手渡すだけ。もしくは、トレイをもらって、好きなだけ入れればいい。
揚げたてがよければ、フライの横で待機しておこう。
あとは、野菜とタレをセットにして袋に入れてくれる。

立ち食いもできまっせ。

buriram-railway-station-6

日本の串カツ屋と同じで、容器に入ったタレが置いてある。

片っ端から好きな串揚げを取って、タレに投入。

さらに、付け合せの野菜は食べ放題。キャベツもあるぞ。

ほんと、日本の串カツ屋みたい。

ソース二度漬け禁止とは書かれていない。
おそらく、タイ人は平気で二度漬けしてますね。

わたしは7本購入。支払いは20バーツ。

「ここで食べるよ。このナムチム(タレ、ソースのこと)使うね」と屋台のおばさんに一言かける。
おばさんは、「そのナムチムは、あんまり綺麗じゃないから」と、屋台裏で仕込んでいた新しいソースを袋に入れてくれた。

まあ、たしかに、車と人の往来が激しくて空気の悪い中、蓋もせずにソースを野ざらしにしているので、衛生的にはちょっとどうかと。
たぶん、外国人だからと気を使ってくれたのでしょう。

あ、串揚げは美味しいですが、さすがに1本3バーツだけあって、量はかなり少なめ。
1本10バーツが基本の屋台のルークチンの半分くらいのボリューム。
まあ、こんなものは、おやつがわりにちょっとだけ食べて、あとは雰囲気を味わうもんです。
B級グルメなんで。

ブリラムへお越しの際は、是非とも、駅前の立ち食い串揚げをどうぞ。
バスターミナル近くにも同じような屋台がありますよ。

そういえば、マレーシアのペナン島でも似たような串揚げ屋を見かけたなあ。

ロクロク串揚げ

LOKLOKという名前だった。漢字で、楽楽と書いてあったっけ。ロクロクか。
タイ南部のダンノックでも同じものがあった。

アジア各地で生き残る立ち食い串揚げ文化。
衛生面を考えると排除されていく傾向にあるだろうけど、どうかもうしばらくは頑張ってほしい。
とりあえず、ソース二度漬けはやめましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋があ

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

パタヤタイバミーナム (2)

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

バスストップレストランパブ (4)

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。 わた

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)

ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

毎日タイ料理ばかり食べていると、たまには洋食(つまりファラン飯)を欲してしまう。 パタヤはファ

記事を読む

LKメトロ屋台5

ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

LKメトロ、ソイダイアナ側の入り口にある屋台。 ちょうど不動産屋の目の前を間借りして営

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑