パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤニュース

昨晩パタヤの様子と本日禁酒日の見込み。外国人向け行動指標。

投稿日:


昨晩のパタヤの様子だが、特に変化なし。

レストランや商店は、通常通りの営業。一部店舗は喪に服して休業しているようだが、外国人向けレストランは軒並み通常営業。アルコール提供あり。

昨日15日昼間のソイ6を見に行ってきたが、こちらも通常通り営業。アルコール提供あり。

ゴーゴーバーは一部開店、バービアはほぼ全店営業。

昨日夜10時頃のLKメトロの様子
pattaya20161015-2

真っ暗にように見えるが、クリスタルクラブ、オフィス、クイーンクラブは営業している。
バービアは電気を控えめにして営業。音楽は無し。

他のバービア群も同様。極力照明を落として営業している。
アルコール提供あり。

夜10時半ころから雷と伴う豪雨となった。

pattaya20161015-3

ウォーキングストリートの様子は見に行けなったが、おそらく似たような状況であろう。

バーの閉店時間は、おおむね深夜12時から1時。
そこからは客次第で、徐々に閉店していく。

ただし、本日16日は仏教の祝日(オークパンサー)にあたって、アルコール販売は原則禁止となる。よって、バーも閉店。
バービア関係者に話をきくと、丸一日閉めるとのこと。
ここ最近の禁酒日の営業形態では、日付の変わる深夜12時に開店するバーも少なからず存在していたが、この状況では厳しいと思われる。

ファミリーマートにも張り紙がしてあり、17日まではアルコール販売停止措置。

pattaya20161015-1

これまた変な話だが、本日も一部レストランでは、アルコール販売を行っている。

あくまで外国観光客向けだろうけど、飲酒はほどほどに。

さきほど、ソイダイアナで昼間っから酔っ払ったファランが、大声で「チャイヨー!」と連呼していて、同じ外国人ながら胸糞が悪くなった。

タイの英字新聞THE NATIONによる外国人向け行動指標。

- Wear black or wear white.

- Refrain from celebrations and festive activities.

- Postpone entertainment activities.

- Foreigners are advised to maintain a low profile and act respectfully.

- Behave with a sombre demeanour when in public.

- Avoid overt celebrations in public.

- Avoid wearing bright colours. Neutral colours are the most appropriate.

- Do not wear revealing or bright-coloured clothing.

- Follow directives issued by the authorities.

- Reconfirm business appointments in case of possible cancellations.

http://www.nationmultimedia.com/breakingnews/Dos-and-donts-30297706.html

抜粋して翻訳すると、

・祝い事や祭り的な行動は控えなさい
・衣服は、黒か白色にして、派手な色は厳に避けなさい
・外国人は、低姿勢を維持して、敬意を持った行動をすべし
・公共の場では、厳粛な態度でいなさい
・当局の指示に従いなさい

これくらい守りましょう。

なお、明日、週明けからの動きはまったく不透明。
バービア関係者に聞いても、当局からの通達待ちとのこと。情報伝達が錯綜していて、彼らもインターネットやテレビで情報収集しているくらいだ。タイ人経営者にもわからないことが、外国人にわかるわけがない。

一旅行者ができるのは、ありのままを受け入れることだけ。
タイ人たちの判断を尊重しよう。

SPONSOR LINK

-パタヤニュース

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.