*

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。


アジア周遊旅行37(バンコク編)

ラノーンを出発して10時間。
バンコク南バスターミナルに到着したのが、午後6時過ぎ。
バンコクは大雨だ。

バンコク南バスターミナルからもパタヤ行きのバスが出ているのでバスを乗り換えてパタヤへ向かうと効率はいい。が、せっかくのバンコクだ。1泊くらいはしておきたい。
バンコク市内へ向かう。

SPONSOR LINK

バンコク南バスターミナル

バンコクにはバスターミナルが3つある。

・東バスターミナル(エカマイ)
・北バスターミナル(モーチット)
・南バスターミナル(サーイターイ)

モーチットとサーイターイは、新しい場所へ移転した経緯があるので、新という意味のマイを付けることがある。ガイドブックなんかにも、モーチットマイとかサーイターイマイと表記してある。が、マイは別に付けなくても通じる。というか、マイの声調がわかっていないと余計に混乱させるから、付けない方がいいかも。
ちなみに、タイ人相手には、バスターミナルという呼称は通じにくくて、バスステーションと言ったほうが通じやすい。タイ語なら、ボーコーソーとどうぞ。

地図

バンコク旅行歴は約20年ほどあるが、バンコク南バスターミナルを利用するのは実がこれが初めてのこと。移転前のバンコク南バスターミナルも知らない。
エカマイなんてパタヤ行きで数えきれないほど使っているし、ドンムアン空港利用時にはモーチットを経由することが多い。
でも、主にタイ南部方面バスが発着する南バスターミナルを利用する機会はこれまでなかった。

バンコク南バスターミナル (3)

けっこう広いね、南バスターミナル。
モーチットよりは小さいけれど、エカマイよりは遥かに大きい。
ショッピングモールのSCプラザが併設されている。

bangkok-south-bus-terminal-1

バスターミナル内は、巨大な体育館みたいで、食堂や商店が雑然と並ぶ。
ちょっとわかりづらい構造だ。

バンコク南バスターミナル発ローカルバス乗り場

目指すのは、スクンビット。
予約してあるホテルは、スクンビットのソイ7/1にある。
最寄りはBTSのナナ駅だ。地下鉄のスクンビット駅でも大丈夫。

バンコク南バスターミナルは、交通の便が悪い。
BTSや地下鉄が近くにないからだ。
移動はローカルバスかタクシーに限られる。
荷物の多い人はタクシー一択となりそう。

ローカルバス乗り場は少しわかりづらかった。

現地で見かけた案内地図。矢印で示したところが、ローカルバス乗り場。
bangkok-south-bus-terminal-3

ターミナルを出て、横断歩道を渡って、何もない建物を抜けた先にある。

bangkok-south-bus-terminal-6

何台かバスが止まっていたが、どれも動いていないようだ。

南バスターミナル発ローカルバスのルート

壁には運行ルートが掲示されている。英語併記なのでわかりやすい。

bangkok-south-bus-terminal-5

わたしの目的地はスクンビットのナナだ。
511番のバスがよさそう。

bangkok-south-bus-terminal-4

スクンビット通りをひたすら東へ進むルートのようで、プルンチット、アソーク、エカマイ、オンヌットと続いている。
これなら間違いなく直接ナナまで行けるだろう。一番楽なのはこのバスだな。

ただ、夕方6時台で大雨という悪条件。えげつない渋滞が予想される。

それならば、もっと手前側にあるBTSか地下鉄の駅で乗り換えるのがベター。
35番と507番は、フアランポーン駅(Bangkok Railway station)を経由するようだ。ここで地下鉄に乗るのが良さそう。

まあ、BTSでも地下鉄でも何でもいい。とにかく手近な駅まで行ければそれでいい。
バスが到着したら、とにかく車掌に聞いてみよう。

35番バスでフアランポーン駅へ

が、大雨のせいか一向にバスが来ない。
20分ほど待って、35番のバスが入構してきた。

bangkok-south-bus-terminal-2

急いでバスに向かう。
車掌に話を聞くと、やはりフアランポーン駅近くを通るという。
乗車決定。あとは何とかなるだろう。

運賃は13バーツだった。

バスはすぐに出発。
南バスターミナルを出てから、どんどん人が乗ってくる。
満員状態。大きなスーツケースを持ち込むのは厳しそうだ。

ピンクラオ橋を越えて、バンコク中心部へ。
おっと、民主記念塔のロータリーをぐるっとまわったぞ。
ということは、カオサン通りまでは至近距離。
バンコク南バスターミナルからカオサンまでは、35番バスで行けることになる。ピンクラオ橋を渡るルートならどれも似たようなものなので、たぶん、511番とか他のバスでも行けそうだ。

大雨の中、バスはのろのろと進む。
チャイナタウンに突入。
フアランポーン駅が近づく。

見えた。鉄道のフアランポーン駅だ。

フアランポーン駅-2

が、すぐそばまで行かないようで、少し離れたバス停で下車した。
地下鉄のフアランポーン(Hua Lamphong)駅まで歩いて2,3分くらい。

huaraphonstaiton-1

6時45分南バスターミナル発、フアランポーン駅着7時45分。
実に1時間もかかった。
もしも、511番バスで直接スクンビットを目指していたら、2時間以上かかったような気がする。
結果的に、この35番バスは正解だった。

やっぱり、バンコク南バスターミナルは不便だと痛感した次第。
エカマイが一番楽だね。

あとは、地下鉄でスクンビット駅まで一本。
渋滞知らずですいすいと。
BTSに乗り換えるなら、シーロム駅でBTSサラデーン駅へ、もしくはスクンビット駅でBTSアソーク駅へどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

雨のアンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレス3日目は友人と合流してバーホッピングと屋台買い食い

アジア周遊旅行8(アンヘレス3日目) 地獄の一夜が明けた。 体調はやや回復したが、まだまだ本

記事を読む

クラーク発シンガポール行きタイガーエアー (2)

クラーク空港発シンガポール行きタイガーエアTR2703便搭乗記。クラーク空港国際線利用方法。

アジア周遊旅行12 タイガーエアでクラークからシンガポールへ向かう。 搭乗するのは、タイ

記事を読む

カオラック経由プーケット発バス

カオラックからラノーンへバス移動

アジア周遊旅行33(ラノーンへ) カオラックで健全な夜を過ごしてから翌朝のこと。 恒

記事を読む

ハジャイの燕巣屋台 (1)

ハジャイ名物の燕巣を食べてみた。マレー料理とカオカームーも。

アジア周遊旅行24(ハジャイグルメ編) ハジャイといえば、めくるめく華僑の街。 通りを歩

記事を読む

カオラックナントンビーチバービア (3)

カオラックに夜遊びスポットはあるのか? かろうじてバービアを発見。

アジア周遊旅行記32(カオラック夜遊び編) さて、カオラックの夜遊びである。 事前情報はまっ

記事を読む

クラーク空港前タクシー乗り場  (3)

クラーク空港からアンヘレス市内へタクシー移動

アジア周遊旅行5 無事に香港からクラーク空港へ到着。 ATMで軽くフィリピンペソを引き出

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

シンガポールゲイランの公認置屋

シンガポール・ゲイランの夜は、公認置屋とホーカーズへ

アジア周遊旅行13 アジア周遊旅行日記はシンガポール編に突入する。 とはいえ、シンガポール滞

記事を読む

アンヘレスウォーキングストリートでアイスクリーム

アンヘレス2日目は体調悪化で最悪の夜に。フィリピンとタイの英語&夜遊び用語の違い。

アジア周遊旅行7(アンヘレス滞在2日目) 宿泊したホテルのエアコンが強烈だった。 冷風ががん

記事を読む

ピーチ航空 (1)

アジア5カ国周遊旅行まとめ。ルートと実際の使用金額など。

アジア周遊旅行40(総括編) 18日間に渡ったアジア周遊旅行。そのまとめをお送りしたい。

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑