*

カオラックに夜遊びスポットはあるのか? かろうじてバービアを発見。

アジア周遊旅行記32(カオラック夜遊び編)

さて、カオラックの夜遊びである。
事前情報はまったく無し。
昔、某アジアン雑誌でカオラックの記事を見かけたような気がするが、もう雑誌本体は捨ててしまった。
ネットでも情報が出てこない。

昼間のカオラック・ナントンビーチ周辺を散策した際に、普通のオープンバーはいくつも見つかった。

カオラックオープンバー
が、見るからに普通のオープンバーである。
壮年の夫婦とおぼしきファランたちが、健康的に飲んでいるだけ。
もしくは、若いバックパッカー系ファランたちだ。
パタヤに巣食っているような不良系ファランは見当たらない。
日本人はもちろん、ほかのアジア系旅行者は皆無。

カオラックのバービア

あやしいバーが一軒だけあった。

VIOLET BAR

カオラックナントンビーチバービア

昼間はシャッターが降ろされている。
この看板は、バービアっぽいけどなあ。

場所は、マクドナルドの少しプーケット寄りで、国道から路地を入っていった奥にある。
路地の入り口には、カオラックセンターという小さなショッピングモール。

地図

夜になってから、再訪。
すると、シャッターをあげて、きちんと営業していた。

カオラックナントンビーチバービア (3)(奥に見えるのがバイオレットバー)

バービア嬢らしき女性二人とママさんとキャッシャーの男。
客は常連らしき不良系ファランが二人でビリヤードをしていた。

間違いなくバービアだ。

カオラックナントンビーチバービア (2)

バービアおなじみの4目並べゲームとサイコロゲーム(ジャックポット)も置いてある。

一人のバービア嬢はファランにべったり。もう一人は完全におばちゃん。

ペイバーの有無すら聞く気になれなかった。

ビール80バーツで、軽く世間話をしただけ。
バーの人に韓国人か中国人だと思われていた。日本人はめったに来ないようだ。

シャッターが降りているところが全部バービアだとすると、5,6軒くらいにはなりそうだが、開いているのはここだけ。

やはりハイシーズンに来ないとダメのようだ。

カオラックの夜遊びは無理っぽい

他の健全系オープンバーも見て回ったが、やはりどうみても普通のバーだ。

カオラック夜のバー (1)
カオラック夜のバー (2)
バーテンダーが切り盛りしているだけで、夜っぽいお姉さんは見かけない。
客層もファラン夫婦やリア充系若ファランばかり。

これは無理っぽい。

あとは、ローカル向けの遊び場しかない。

が、頼みの綱のバイタクやトゥクトゥクもいない。
昼間はあれほど客引きしていたのに。

一台だけトゥクトゥクはいたが、ドライバーは車内で熟睡中。
こりゃあダメだ。

 

これっぽちの努力で諦めてしまうのは夜遊び旅行者として失格だろうけど、逆に過去の経験上、これ以上の捜索は無意味に思えてしまった。

カオラックといっても、ビーチがいくつもある。
今回調査したのはナントンビーチだけ。
ひょっとして他のビーチや、タイ人の住むローカルエリアに行けば、夜遊びスポットがあるかもしれない。

いや、まあ、でもちょっと厳しそうだなあ。

せいぜい、マッサージ屋で声をかけて、仲良くなってどうこうというパターンのほうが手堅いような気がする。
年齢層は高めですがね。

というわけで、個人的な結論。

カオラックでの夜遊びは、あきらめましょう

ハイシーズンだと、バービアが増えていて、遊べなくはないかも。
それでも期待はまったくできません。
ここは、健全かつ静かにビーチを楽しむところですな。


関連記事

近況報告

【近況報告】移動続きの旅をしながらブログを更新するのは難しい。でも旅は楽しい。

アジア周遊旅行番外編 リアルタイム速報 ブログの更新が滞っていますが、なんとか元気にやっ

記事を読む

雨のアンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレス3日目は友人と合流してバーホッピングと屋台買い食い

アジア周遊旅行8(アンヘレス3日目) 地獄の一夜が明けた。 体調はやや回復したが、まだまだ本

記事を読む

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (6)

クラビからカオラックへは、ロットゥー乗り換えのたらいまわしに会う

アジア周遊旅行30(クラビからカオラック) クラビはいいところだった。 アオナンビーチは

記事を読む

アンヘレスウォーキングストリートでアイスクリーム

アンヘレス2日目は体調悪化で最悪の夜に。フィリピンとタイの英語&夜遊び用語の違い。

アジア周遊旅行7(アンヘレス滞在2日目) 宿泊したホテルのエアコンが強烈だった。 冷風ががん

記事を読む

クラーク発シンガポール行きタイガーエアー (2)

クラーク空港発シンガポール行きタイガーエアTR2703便搭乗記。クラーク空港国際線利用方法。

アジア周遊旅行12 タイガーエアでクラークからシンガポールへ向かう。 搭乗するのは、タイ

記事を読む

香港141香檳大廈B座 (8)

香港の風俗ー141(香檳大廈B座)訪問レポート

アジア周遊日記3 香港・旺角の怪しいマッサージ屋見学を終えてから、尖沙咀へ戻る。 今回の

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

香港旺角マッサージ屋

香港・モンコックの怪しいマッサージ屋で社会見学

アジア周遊旅行記2 ミラドーマンション(美麗都大厦)に宿泊 香港到着後、A21バスに乗って尖沙咀

記事を読む

サーティスリースチュワートゲストハウス (6)

【ペナン島ジョージタウンのホテル・ゲストハウス選び】サーティスリースチュワートハウズは立地・居心地とも良好でおすすめ

アジア周遊旅行18(ペナン島編) ペナン島ジョージタウンへ観光旅行に訪れた場合、やはり宿は

記事を読む

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

アドステア

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑