*

カオラックに夜遊びスポットはあるのか? かろうじてバービアを発見。

アジア周遊旅行記32(カオラック夜遊び編)

さて、カオラックの夜遊びである。
事前情報はまったく無し。
昔、某アジアン雑誌でカオラックの記事を見かけたような気がするが、もう雑誌本体は捨ててしまった。
ネットでも情報が出てこない。

昼間のカオラック・ナントンビーチ周辺を散策した際に、普通のオープンバーはいくつも見つかった。

カオラックオープンバー
が、見るからに普通のオープンバーである。
壮年の夫婦とおぼしきファランたちが、健康的に飲んでいるだけ。
もしくは、若いバックパッカー系ファランたちだ。
パタヤに巣食っているような不良系ファランは見当たらない。
日本人はもちろん、ほかのアジア系旅行者は皆無。

カオラックのバービア

あやしいバーが一軒だけあった。

VIOLET BAR

カオラックナントンビーチバービア

昼間はシャッターが降ろされている。
この看板は、バービアっぽいけどなあ。

場所は、マクドナルドの少しプーケット寄りで、国道から路地を入っていった奥にある。
路地の入り口には、カオラックセンターという小さなショッピングモール。

地図

夜になってから、再訪。
すると、シャッターをあげて、きちんと営業していた。

カオラックナントンビーチバービア (3)(奥に見えるのがバイオレットバー)

バービア嬢らしき女性二人とママさんとキャッシャーの男。
客は常連らしき不良系ファランが二人でビリヤードをしていた。

間違いなくバービアだ。

カオラックナントンビーチバービア (2)

バービアおなじみの4目並べゲームとサイコロゲーム(ジャックポット)も置いてある。

一人のバービア嬢はファランにべったり。もう一人は完全におばちゃん。

ペイバーの有無すら聞く気になれなかった。

ビール80バーツで、軽く世間話をしただけ。
バーの人に韓国人か中国人だと思われていた。日本人はめったに来ないようだ。

シャッターが降りているところが全部バービアだとすると、5,6軒くらいにはなりそうだが、開いているのはここだけ。

やはりハイシーズンに来ないとダメのようだ。

カオラックの夜遊びは無理っぽい

他の健全系オープンバーも見て回ったが、やはりどうみても普通のバーだ。

カオラック夜のバー (1)
カオラック夜のバー (2)
バーテンダーが切り盛りしているだけで、夜っぽいお姉さんは見かけない。
客層もファラン夫婦やリア充系若ファランばかり。

これは無理っぽい。

あとは、ローカル向けの遊び場しかない。

が、頼みの綱のバイタクやトゥクトゥクもいない。
昼間はあれほど客引きしていたのに。

一台だけトゥクトゥクはいたが、ドライバーは車内で熟睡中。
こりゃあダメだ。

 

これっぽちの努力で諦めてしまうのは夜遊び旅行者として失格だろうけど、逆に過去の経験上、これ以上の捜索は無意味に思えてしまった。

カオラックといっても、ビーチがいくつもある。
今回調査したのはナントンビーチだけ。
ひょっとして他のビーチや、タイ人の住むローカルエリアに行けば、夜遊びスポットがあるかもしれない。

いや、まあ、でもちょっと厳しそうだなあ。

せいぜい、マッサージ屋で声をかけて、仲良くなってどうこうというパターンのほうが手堅いような気がする。
年齢層は高めですがね。

というわけで、個人的な結論。

カオラックでの夜遊びは、あきらめましょう

ハイシーズンだと、バービアが増えていて、遊べなくはないかも。
それでも期待はまったくできません。
ここは、健全かつ静かにビーチを楽しむところですな。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

クラブアトランティス (1)

23歳ゴーゴー嬢をペイバーしたアンヘレス4日目の夜

アジア周遊旅行9(アンヘレス4日目) アンヘレス滞在も4日目となった。 残りは2日である。

記事を読む

nanaplazasuckers

バンコク・スクンビット夜遊びスポットめぐりしつつ、ビアガーデンでお持ち帰り

アジア周遊旅行38(バンコク夜遊び編) ペナン島から陸路でマレー半島を北上していき、ついにバン

記事を読む

クラビアオナンビーチセンターポイント (8)

クラビ・アオナンビーチの夜遊び情報2016年。バービア、ゴーゴーバーもあるよ。

アジア周遊旅行28(クラビ夜遊び編) 初日夜は頭痛とレディボーイのため、軽い予備調査に終わった

記事を読む

香港旺角マッサージ屋

香港・モンコックの怪しいマッサージ屋で社会見学

アジア周遊旅行記2 ミラドーマンション(美麗都大厦)に宿泊 香港到着後、A21バスに乗って尖沙咀

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

ダンノック街中 (8)

ダンノック(サダオ)の歩き方とホテルの探し方

アジア周遊旅行20(ダンノック編) ペナン島から国境を越えて、タイに入国。 ハジャイ行き

記事を読む

バンコク南バスターミナル (3)

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。

アジア周遊旅行37(バンコク編) ラノーンを出発して10時間。 バンコク南バスターミナル

記事を読む

ダンノックカフェーゴーゴーバー (2)

ダンノックは、マレーシア人のためのパタヤだった!ダンノック夜遊び情報2016年最新版。

アジア周遊旅行21(ダンノック夜遊び編) ダンノックの夜遊びスポットを捜索するぞ、と意気込んだ

記事を読む

マレーシアタイ国境イミグレーション (7)

ペナン島からタイ国境の街ダンノック(サダオ)へ。タイ入国イミグレーションは意外と厳しかった。

アジア周遊旅行19(タイ入国編) ペナン島で無事にタイ観光ビザを取得できた。 これで心置

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑