*

クラビからカオラックへは、ロットゥー乗り換えのたらいまわしに会う


アジア周遊旅行30(クラビからカオラック)

クラビはいいところだった。
アオナンビーチは綺麗だし、岩山もあるし、通りはほどほどに栄えているし、夜も遊ぶことができる。

さて、次はどこへ向かおうか。

思いっきり手抜くして、クラビ空港からバンコクへひとっ飛びしようかとも思った。

スカイスキャナーで調べてみると、クラビ・バンコク間は便数も多い。しかもローシーズンのせいか安い。
3000円以下でバンコクまで行くことができる。

スカイスキャナー

が、それはあまりにも芸がない。
せっかくのタイ南部縦断だ。やはり陸路を使って地道に移動するのが旅というもの。

とはいえ、ハジャイからクラビへの長時間ロットゥーの傷が癒えたばかり。
あまり遠出は避けたい。

地図を見ると、クラビから北上していくと、カオラックというビーチリゾート地があった。
名前は聞いたことがあるが、どういうところかはまったく知らない。
よし、行ってみよう。
目的地が決まった。

SPONSOR LINK

クラビ・アオナンビーチからカオラックへの行き方

ローカル移動手段もあるが、ここはツーリスト向け乗り合いバス(JOIN BUSとかJOIN VAN)が一番手軽で簡単だ。
まあ、つまりはロットゥーだ。
ホテルまでピックアップがきて、ワゴン車で目的地へ向かうというもの。

クラビ旅行代理店 (4)

アオナンビーチには、無数の旅行代理店が軒を並べている。
びっくりするほど多い。

店先に料金表が張ってあるので、ひたすら比較していけばいい。

クラビ旅行代理店 (2)

同じ目的地でも意外と料金が異なる。

カオラック(Khao Lak)だと、最安値が300バーツ、最高値が450バーツだった。

クラビ旅行代理店 (3)

おそらく、元締めの運行会社は限られているはずで、単に手数料が違うだけだと思われる。

ちなみに、アオナンビーチからクラビ空港までは、どこも同じ料金。

クラビ旅行代理店 (1)

乗り合いバスが150バーツ
タクシーが500バーツ

アオナンビーチからカオラックへの道

時刻表
クラビからカオラック時刻表
出発が午前11時半、到着が午後2時半。
所要予定時間は3時間か。
これくらいなら、ロットゥーでも我慢できそうだ。

チケット現物
クラビからカオラックのチケット

午前11時半のバスに申し込むと、10時から10時半の間にピックアップが来るから、ホテル前で待っていてくれとのこと。

宿泊していたアオナンスマイルホテルを予定通り午前10時にチェックアウト。

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (5)

すると、迎えが来る前に、スコールがやってきた。
えげつないほどの雨量と暴風だった。
ホテルの人に聞いてみると、この時期は毎日ように嵐がやって来るそうだ。

そんな中、迎えのワゴン車が到着。

アオナンビーチ内をまわって客をピックアップしていく。

10時45分。まずは、少し郊外にあるツアー会社で降ろされた。

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (6)

ここで、各方面行きのバスに乗り換えるようだ。

事前に計画しているというより、その場その場で調整しているみたい。
係員が目的地を聞いてまわっている。
客の8割がたはファラン(欧米人)で、残りはタイ人を含めアジア系。

11時20分。わたし一人だけがカオラックへ向かうようで、一人だけミニバスに案内された。

すると、また別のピックアップポイントで他の客を拾っていく。

11時45分。さらに、別の旅行会社の乗り換え場所で降ろされた。
よくわからないが、クラビの市街地のようだ。

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (1)

またしばらく待つ。

12時15分。ようやく人数が揃って、別のミニバスで出発となった。
どうやら、これからカオラック方面へ向かうようだ。
いやあ、長かった。
乗り換え多すぎ。

車内は満員。
途中からはローカルタイ人も乗ってきたが、座る席がなくて地べたに座っていた。

おそらくローシーズンで客が少ないから、いろんな会社の、いろんな方面の客を一つのバスに押し込めている模様。
もうぐちゃぐちゃだ。

でも、動き出したら早い。

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (2)

岩山を横目に、雨の中、ロットゥーはひた走る。

午後1時半。パンガーで乗り降りがあった。

午後2時20分。
どうやらカオラックに到着したようだ。

あれま、当初の到着予定時刻よりわずかに早いぞ。

クラビ市街地からの正味の乗車時間は2時間ちょっとだろうか。

事前にカオラックのメインとなるナントンビーチにホテルは予約しておいた。

運転手が「カオラック」だと言って合図してきた場所は、ちょうどナントンビーチだった。
降りたのは、わたし一人だけ。残りの乗客はさらに先へ進むようだ。

車を降りたのは、こんなところ。

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (4)

山は見えるが、海は見えない。
さて、カオラックはどんな場所なのかな。

クラビからカオラックへの行き方まとめ

地図

地図上のカオラックのポイントは、実際にわたしが下車した場所となる。

クラビからカオラックはそれほど遠くない。乗車時間は2時間ほどだ。
ただし、乗り合いミニバス(ロットゥー)は乗り換えたらい回しに合うかもしれないので要注意。
ハイシーズンで客が多い時は、乗り換え回数も少なくてすむだろうね。

おそらく、普通の長距離バスで行くには、クラビバスターミナルからプーケット行きのバスに乗る。プーケットのバスターミナルで北部方面(ラノーン、チュンポン、スラータニーなど)のバスに乗り換えればオッケーのはずだ。
(プーケット発のバスがカオラックを経由しているのは現地確認済み)
クラビから直接カオラック方面へ向かうバスが有るかどうかは不明。

アオナンビーチからクラビバスターミナルまではソンテウで60バーツ。
さらに長距離バスを2回乗り換える必要がある。

結局のところ、料金的にも時間的にも、アオナンビーチからツーリスト向け乗り合いバン(ロットゥー)を利用するのがベターのようだ。

SPONSOR LINK

関連記事

ダンノック街中 (8)

ダンノック(サダオ)の歩き方とホテルの探し方

アジア周遊旅行20(ダンノック編) ペナン島から国境を越えて、タイに入国。 ハジャイ行き

記事を読む

クラビホテルプラナンフローラハウス

クラビ初日の夜は、レディボーイに追いかけ回される

アジア周遊旅行26(クラビ編1) ハジャイからクラビに到着したのはいいものの、長時間のロッ

記事を読む

クラーク発シンガポール行きタイガーエアー (2)

クラーク空港発シンガポール行きタイガーエアTR2703便搭乗記。クラーク空港国際線利用方法。

アジア周遊旅行12 タイガーエアでクラークからシンガポールへ向かう。 搭乗するのは、タイ

記事を読む

雨のアンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレス3日目は友人と合流してバーホッピングと屋台買い食い

アジア周遊旅行8(アンヘレス3日目) 地獄の一夜が明けた。 体調はやや回復したが、まだまだ本

記事を読む

soi-happy-beach-club

大雨の月曜日深夜は客おらず。ウォーキングストリートのゴーゴーバーレポート。

9月12日(日曜日)夜遅くから降りはじめた雨は、翌日になっても止むことはなく、むしろ雨足は強まるばか

記事を読む

クラビアオナンビーチ夕方 (1)

クラビのアオナンビーチってこんなところ。海と奇岩とビーチロードを紹介。ウォーキングストリートもあるよ。

アジア周遊旅行27(クラビ・アオナンビーチ観光編) クラビ(CRABI)は、タイ南部にある

記事を読む

ピーチ航空 (1)

アジア周遊旅行へ出発。旅の始まりは香港から。

旅立ちの朝 アジア周遊旅行へ出発する朝がやってきた。 睡眠時間は2時間以下だが気にしない

記事を読む

ハジャイの燕巣屋台 (1)

ハジャイ名物の燕巣を食べてみた。マレー料理とカオカームーも。

アジア周遊旅行24(ハジャイグルメ編) ハジャイといえば、めくるめく華僑の街。 通りを歩

記事を読む

nanaplazasuckers

バンコク・スクンビット夜遊びスポットめぐりしつつ、ビアガーデンでお持ち帰り

アジア周遊旅行38(バンコク夜遊び編) ペナン島から陸路でマレー半島を北上していき、ついにバン

記事を読む

クラーク空港前タクシー乗り場  (3)

クラーク空港からアンヘレス市内へタクシー移動

アジア周遊旅行5 無事に香港からクラーク空港へ到着。 ATMで軽くフィリピンペソを引き出

記事を読む

アドステア

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑