*

タイ旅行は足元から。ビルケンシュトックのサンダルは頑丈で歩く人向け。

公開日: : 最終更新日:2015/01/31 プチ情報・便利帳


つい先日のこと、3年以上に渡り愛用してきたサンダルがついにご臨終を迎えた。
このサンダルで、パタヤをはじめ、イサーン、ラオス、インドネシアなど東南アジアを周遊してきた。
真夏のヨーロッパもこのサンダルで横断した。
パタヤ滞在中は、毎日欠かさず履いていた。
パタヤ中を歩き倒してきた。
最高の相棒であった。

ビルケンシュトック
BIRKENSTOCK
FLORIDA/フロリダ  ダークブラウン(MEN)

ビルケンシュトック。通称ビルケンさん。

最後はあまりにも哀れな姿と成り果てたので、写真は撮っていない。
撮るには忍びないほどの惨状だった。

まず、1.5センチあるヒール部分に穴が開いてしまった。
それでも貧乏なわたしは、履き続けていた。
しかし、ついにサンダル本体部分から中敷き部分(ミドルソール)が剥落。

もう歩けない。
歩けないことはないが、10メートルも歩けば、裸足で歩いているのと変わらない状態となってしまう。

あわてて市場へ出向き、新しいサンダルを物色。
市場の片隅にある薄暗い靴屋さん。

ビルケンシュトックのようなデザインのサンダルはローカルな靴屋にはあまり置いていない。
マイク・ショッピング・モールやビッグC内のテナントでは見かけるが、値段もそれなりに高い。
ブランド名が書いてあっても、オリジナル品かどうか、非常に怪しい。
コピーではないオリジナルが入手したければ、セントラル・フェスティバルあたりに行けば手に入るかもしれない。

が、今のわたしにはそんな金銭的な余裕はない。
けれども、安物買いの銭失いだけは避けたい。

タイで買うサンダルといえば、安いもので100バーツくらい。たまに露店では69バーツでも売られていたりする代物。
が、これはだめだ。
履き心地がよくないし、すぐに壊れる。

とりあえず、値段を聞く前にデザインと履き心地でサンダルを選んでみた。

結局、選んだのは、スポーツタイプのサンダル。履き心地良し。しかも軽い。
靴屋のおばさんいわく、きちんとしたブランド・メーカーものらしい。

 

↓こんな感じのサンダル。これはナイキ製。

 

言い値は300バーツ。
やや、意外と高いぞ。

「コーロットノイ」

と、さっそく値下げ交渉開始。

店:280
私:高いよ。200
店:メダイ。270
私:220
店:260
私:240
店:メダイ
私:250
店:オッケー

本当はもっとやり取りがあったが省略。
どうしても手に入れる必要があったので、今回はこれくらいの値引きでよしとする。
粘りに粘れば200には下げられそうだけど。

ボロボロになったビルケンシュトックのサンダルもビニール袋に入れてもらい、お持ち帰り。
すぐには捨てれない。
アジアとヨーロッパの地を歩きまわったサンダルである。
ヒールには穴があき、中敷きの革の表面が剥げているが、それは歩いた距離を物語っている。
とにかく歩き倒した。

そんな思い出深いサンダルはなかなか捨てられない。
しばらく部屋の片隅に安置しておいた。

でも、やっぱりサンダルはサンダル。
新しいサンダルが心地よい。
古女房への未練は断ち切り、新しい相棒へチェンジ。
ビルケンさんは、ゴミ箱へ捨ててしまった。

ビルケンシュトックのサンダル

でも、このビルケンシュトックのサンダル、かなりおススメだ。
金銭的余裕があれば、また購入したいと思っている。

ビルケンシュトックは230年以上の歴史があり、メディカルシューズとして医療機関の人々にも愛用されるなど、快適性を重視したサンダルを生産し、老若男女問わず愛されているドイツ発のシューズブランド。
「年齢や性別、人種や国境を越えて、すべての人々の健康を願う」という思いが込められています。
(ビルケンシュトック公式ホームページより)

3年以上酷使し続けたが、ここまで持ちこたえてくれた。
安物のサンダルなら数ヶ月持たなかったかも。

ゴム製のビーチサンダルや、プラスティック製の安物サンダルに比べれば、かなりの重量がある。
その分、頑丈である。

しかも、デザインが良い。

履き心地もすばらしい。
金具ベルト式のストラップがついていて、足の甲の大きさに合わせて調整可能。
お気軽に歩く時は緩めに、がっつり歩く時はしっかりとベルトを締める。
さらに中敷きには、足裏の形に合わせたカーブとくぼみが成形されている。
初めて履くときは、ちょと違和感があるかもしれないが、すぐに慣れてくる。

まさに足にフィットする感じだ。
長時間歩いても、ちっとも痛くならない。

バックパッカーに最適。
パタヤ市内をバイクに乗らず、徒歩とソンテウで動きまわるような人に持ってこい。
まさに歩く人向けのサンダルだ。

 

パタヤとバンコクのサンダルの違い

昔、安物のサンダルを履いていたら、タイ女性に笑われたことがある。

それ、便所のスリッパみたい、はははは

ちょっと傷ついた。
たしかにド○キホーテで300円くらいで買った安物ではあった。

それ以来、なるべくサンダルには気をつけている。
安物はやめて、ビルケンシュトックにした。

タイ女性も意外と足元は見ている。
おしゃれは足元からだ。

まあ、正直、パタヤでは何でもいいような気もするけどねえ。
海に入ることも多いし、雨が降ったらサンダルもずぶ濡れになるし。
どうせ現地のタイ人も、薄いペラペラのビーチサンダル履いてるし。

でも、バンコクではビーサンや便所のスリッパはやめましょう。
BTSやデパートに行くと、かなり恥ずかしい。

きちんとした靴を履くのがベストだろうけど、タイは暑い。
南国を旅行しているのに、堅苦しい格好はイヤだ。
そんなときは、せめてデザインの良いサンダルを履けば少しはマシかも。

SPONSOR LINK

関連記事

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102816_124103_am_102816_022956_am

タイ国際航空(TG)がWEB限定タイムセール中。バンコク往復3万円。

タイ国際航空がタイムセールを実施している。 バンコク往復が3万円。 東南アジア往

記事を読む

タイ国際航空HP (1)

バンコク爆発事件によるタイ行き航空券のキャンセルについて(追記)

バンコク・エラワンでの爆発事件を受けて、せっかく楽しみにしていたタイ旅行をキャンセルせざるを得な

記事を読む

バンコク銀行

タイで海外キャッシング。バンコク銀行でJCBカードを使えばATM手数料無料。

海外旅行で頭を悩ませる問題の一つが両替と現金の管理。 昔、バックパッカーを

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

Pattaya balihai pier (5)

パタヤ・ホアヒン間フェリー就航開始。バリハイ埠頭のチケット売り場と時刻表。

ついに運用を開始したパタヤとホアヒンを結ぶフェリー路線。 2017年1月1日の初日は、高波

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

スクリーンショット_111915_045144_PM

今年最後のエアアジアのプロモーションがはじまる(追記あり)

エアアジアで、今年最後の大バーゲンと題したBIG SALEがはじまる。 ⇒エアアジ

記事を読む

ドミノゲーム (1)

バービアでのドミノゲームのルールと遊び方

バービアでのゲーム遊びといえば、サイコロゲーム(ジャックポット)や四目並べ(コネクティン

記事を読む

禁酒日コンビニのお知らせ

2016年タイ国民投票に伴う禁酒日は8月6日から7日まで。あと、7月19日20日の禁酒日もご注意を。

2016年8月7日に行われる予定のタイ国民投票。 この国民投票に伴い、タイ全土で禁酒日が設定さ

記事を読む

散髪屋 (1)

パタヤの散髪屋は100バーツへ値上げ。それでも安くて早くて便利だよ。

恒例のパタヤで散髪をしてきた。 パタヤの大衆理髪店では、80バーツが定番プライスだった。

記事を読む

アドステア

アドステア

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑