*

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

公開日: : グルメレポート


軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋

フィールズアベニューのウォーキングストリート内、ウォークアバウトホテル前で店を構えている。
店の名前は、JAMI’S Burger & Footlongと書いてある。
屋台風だが、奥にテーブルが置いてあり、座って食べることもできる。

SPONSOR LINK

JAMI’Sのホットドッグ

ハンバーガー20ペソも気になるが、ここはホットドックにしておこう。

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (3)

メニュー右側が、ホットドックのことだ。
フットロングが40ペソ、ハーフが20ペソとなっている。

ホットドックとだけ注文すると、自動的に40ペソのフットロングとなった。

ドリンクがあるのか尋ねると、C2というペットボトルを出された。
アップル味のグリーンティーという正体不明の飲み物で、タイと同じく砂糖入りだ。でもタイの甘い緑茶に比べると、甘みはマシかな。これが20ペソ。

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (1)

ホットドックは、注文を受けてからソーセージを焼くスタイル。
思ったより出来上がりまで時間がかかった。

到着
アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)
でかい。
そして、チーズがてんこ盛りである。

ソーセージは、パリパリではなくて、わりと柔らかい。
まあ、40ペソなんで味はそれなりである。
チーズとケチャップがあれば、充分食べられるレベル。

合計60ペソ。
朝食としては、問題なし。というか、これ一本でお腹いっぱいになった。

なお、この屋台は、夜中でも営業しているのを見かけた。
ひょっとすると24時間営業かも。

ハーフロングをおやつがわりにするか、バーホッピンの途中でつまみがわりにに利用できそうだ。
ハーフならわずか20ペソ。
レギュラーサイズのハンバーガーも20ペソ。
立地条件は抜群なんで、お腹が空いた時は利用しましょう。
まあ、ジャンクフードですけどね。

アンヘレスウォークアバウトホテル前レストラン

隣は、韓国料理&日本料理レストラン。
たぶん、韓国資本で日本料理はおまけかと思われる。

アンヘレスウォークアバウトホテル (2)

ウォークアバウトホテルは、昔から日本人の間では人気のホテル。
最近ようやくホテル予約サイトで取り扱いがはじまったようだ。

アゴダでウォークアバウトホテルの詳細をチェック

以前はホテル直接予約するしかなかったが、アンヘレスのホテルも取りやすくなったものだ。

SPONSOR LINK

関連記事

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

LKメトロ屋台5

ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

LKメトロ、ソイダイアナ側の入り口にある屋台。 ちょうど不動産屋の目の前を間借りして営

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

バレンタインズの朝食 (2)

バレンタインゲストハウスのブレックファスト@ソイレンキー。ミディアムサイズで109バーツ。

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、ソイレンキーにあるValentines GUES

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

アドステア

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑