*

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

公開日: : グルメレポート


東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。
これはタイでもカンボジアでもフィリピンでも同じだ。

ぶっかけ飯愛好家としては、アンヘレスでも食べないわけにはいかない。

SPONSOR LINK

アンヘレスのぶっかけ飯屋

アンヘレス中心部のフィールズアベニューから裏通りに入ると、いくつかぶっかけ飯を扱うローカル食堂を見かけた。

今回おじゃましたのがこちら。

アンヘレスのぶっかけ飯屋 (2)

訪れたのは夜のことだ。

アンヘレスのぶっかけ飯屋 (1)

店頭のガラスケース内におかずが陳列されている。
店内で食べることができるようだ。
ここにしてみよう。

昼間の外観
アンヘレスのぶっかけ飯屋 (3)

場所は、ココモスレストランの角を南へ下っていって、左手。
左隣がカバンなどを扱う商店で、右側がバービアっぽい店。
すぐに見つかるはずだ。

地図

場所はだいたいです。たぶんこのあたり。

チキンカレー

わたしは、フィリピン料理にはまったく明るくない。
チキンカレーっぽいものがあったので、指差しでオーダー。「with rice」と付け加えれば白ご飯も提供してくれる。

店内は出勤前らしきお姉さんたちが数人食事していた。

おかずは、レンジで温めてくれる。
タイのぶっかけ飯屋よりもしっかりしている。

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (2)

無料の水も出してくれた。ありがたい。

ご飯とチキンカレーのセットの出来上がり。

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)
まあ、正確にはぶっかけ飯ではないけれど、自分でぶっかければいいんで、これもぶっかけ飯としておく。

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (3)

カレーは、わずかにピリッと辛い程度で、実に食べやすい。かなりマイルド。
タイでいうところのイエローカレーとほぼ同じ。
鶏肉もしっかり煮こまれており、身がほろほろとしておいしい。
ご飯が進みますね。
大ぶりのじゃがいもと人参もほどよい固さに煮こまれていた。
色合いは悪いけれど、味はしっかりしている。

あっという間に完食。そこそこお腹も膨れた。満足です。
お会計は60ペソでした。

日本円で130円くらい。タイバーツなら45バーツほど。

パタヤでのぶっかけ飯が30バーツから40バーツなのでわずかに高いかな。
でもマッサマンカレーのような大きな鶏肉の入ったカレーなら50バーツはする。やはり似たようなものか。

たぶん、他のおかずはもう少し安いと思われる。

もちろん外国人旅行者向けレストランでもチキンカレーは食べられるだろうけど、お値段は高め。
なるべく安くカレーが食べたい人は、ローカル向けぶっかけ飯屋へどうぞ。
わりといけます。

SPONSOR LINK

関連記事

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

khao man gai soi AR (2)

パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ屋のご紹介。 場

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

アドステア

アドステア

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑