*

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

公開日: : グルメレポート


東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。
これはタイでもカンボジアでもフィリピンでも同じだ。

ぶっかけ飯愛好家としては、アンヘレスでも食べないわけにはいかない。

SPONSOR LINK

アンヘレスのぶっかけ飯屋

アンヘレス中心部のフィールズアベニューから裏通りに入ると、いくつかぶっかけ飯を扱うローカル食堂を見かけた。

今回おじゃましたのがこちら。

アンヘレスのぶっかけ飯屋 (2)

訪れたのは夜のことだ。

アンヘレスのぶっかけ飯屋 (1)

店頭のガラスケース内におかずが陳列されている。
店内で食べることができるようだ。
ここにしてみよう。

昼間の外観
アンヘレスのぶっかけ飯屋 (3)

場所は、ココモスレストランの角を南へ下っていって、左手。
左隣がカバンなどを扱う商店で、右側がバービアっぽい店。
すぐに見つかるはずだ。

地図

場所はだいたいです。たぶんこのあたり。

チキンカレー

わたしは、フィリピン料理にはまったく明るくない。
チキンカレーっぽいものがあったので、指差しでオーダー。「with rice」と付け加えれば白ご飯も提供してくれる。

店内は出勤前らしきお姉さんたちが数人食事していた。

おかずは、レンジで温めてくれる。
タイのぶっかけ飯屋よりもしっかりしている。

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (2)

無料の水も出してくれた。ありがたい。

ご飯とチキンカレーのセットの出来上がり。

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)
まあ、正確にはぶっかけ飯ではないけれど、自分でぶっかければいいんで、これもぶっかけ飯としておく。

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (3)

カレーは、わずかにピリッと辛い程度で、実に食べやすい。かなりマイルド。
タイでいうところのイエローカレーとほぼ同じ。
鶏肉もしっかり煮こまれており、身がほろほろとしておいしい。
ご飯が進みますね。
大ぶりのじゃがいもと人参もほどよい固さに煮こまれていた。
色合いは悪いけれど、味はしっかりしている。

あっという間に完食。そこそこお腹も膨れた。満足です。
お会計は60ペソでした。

日本円で130円くらい。タイバーツなら45バーツほど。

パタヤでのぶっかけ飯が30バーツから40バーツなのでわずかに高いかな。
でもマッサマンカレーのような大きな鶏肉の入ったカレーなら50バーツはする。やはり似たようなものか。

たぶん、他のおかずはもう少し安いと思われる。

もちろん外国人旅行者向けレストランでもチキンカレーは食べられるだろうけど、お値段は高め。
なるべく安くカレーが食べたい人は、ローカル向けぶっかけ飯屋へどうぞ。
わりといけます。

SPONSOR LINK

関連記事

MALEE3マリーレストラン (1)

MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。

MALEE(マリー)は、パタヤで数店舗展開しているレストラン&ゲストハウス。 今回訪れたのは、

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

ウドンでうどんは以前ご紹介した。 今回はウドンでラーメンである。 それも、タイスタイルのラー

記事を読む

アドステア

アドステア

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

sensations
【昨晩のウォーキングストリート】エアポートクラブとセンセーションズ

調べごとがあり、数日ぶりに夜のウォーキングストリートを訪れた。

camel toe pattaya (1)
ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(

→もっと見る

PAGE TOP ↑