*

【ニュース】バンコクのMPナタリー閉店&閉店直前の訪問レポート2016年6月

公開日: : 夜遊び情報

ナタリー(NATAREE)が摘発されて閉店

MPナタリー (2)

あの日本人御用達のMPとして名高いナタリー(NATAREE)が当局の摘発を受けて閉店したとのニュースが飛び込んできた。
教えてくださった読者の方、ありがとうございます。

真偽を探ろうと、英語とタイ語でニュースを検索。
どうやら本当のようだ。

見事に摘発されております。

Image
ソース:Manager Online

Image
ソース:sanook!

これらの記事を元に、THAI VISA Newsも英語で報道していますね。

Thai Visa

ことの顛末はこのようなものらしい。

 

人身売買を追求するニュージーランドのグループ(NVADER)などからの要請を受けて、タイ警察とタイ軍兵士や捜査官がナタリーを捜索。
100人の性サービス従事者を発見して、そのうち3人が18歳未満の未成年。外国人も発見された。

これは、バンコクの風俗産業にとって、大きなターニングポイントになるだろうと。

ただ、ナタリーは近いうちにこれまで通り営業を再開するだろうとの見方もある。

 

Thai Visaの記事を読むと、ナタリーのオーナーや歴史について詳しく書いてある。

ナタリーのオーナーは、イニシャルをとってミスターKとして知られている。またの名を、シアL。などなど。

へえ、まったく知らなかった。

まあ、裏事情なんて一利用者にとっては、どうでもいいことです。

ナタリー最新訪問レポート

実は、この摘発が行われるほんの数日前に、わたしはナタリーを訪問していた。

詳しいレポートを書こうとしていた矢先の出来事でびっくりしている。

夕方6時頃に入店。
その時は、いつもどおりのナタリー。

ソファーに座りきれないほどの女性陣で溢れかえっていた。
100人はいないだろうけど、80人はいたに違いない。

圧倒的な光景だ。
さすがナタリーである。

客層は半分以上日本人。あとはタイ人と韓国人。アラブ人1名、ファラン1名。

値段もこれまで通り。

ひな壇:2000
サイドのソファー席:2600,3200
奥のソファー席は、4000や5000などまちまち。

(ちなみにアラブ人はひな壇でも2500バーツと言われていた)

見た目は若い子もいたが、本当に未成年なのかはもちろん確認できていない。

人数は多かったものの、以前に比べると少しレベルダウンしているような印象だった。
こういったものはタイミングがすべてなんで、たまたま自分の好みに合わなかっただけだろう。

やっぱりナタリーは見るだけでも価値があるとレポートしようと思っていたが、摘発されて閉店。
まあ、実際に入湯もしていないし、レポートはこんなもので。

ナタリーの地図とナタリーへの行き方

何事もなかったかのように再開する可能性もあるんで、いちおう地図とナタリーへの行き方だけでも載せておきます。

ナタリーとその周辺地図

行き方は、簡単。
地下鉄ホイクワン(Huai Khwang)駅の3番出口から地上へ。

3番出口にはThe Emerald Hotelと書いてある
地下鉄ホイクワン駅ナタリーへの道 (1)
ここが3番出口エスカレーター。別名、天国へ通じるエスカレーターだ(った)。
地下鉄ホイクワン駅ナタリーへの道 (2)

3番出口を出てからは、道なりにまっすぐ進むだけ。

地下鉄ホイクワン駅ナタリーへの道 (3)

徒歩2分くらい。右手にNATAREEの看板が見えます。

MPナタリーNATAREE (1)

MPナタリーNATAREE (3)

正面玄関(2016年6月撮影)
MPナタリーNATAREE (2)

はやる気持ちを抑えて玄関前で一服してから、店内に入って物色するのが好きだった。

 

もしもナタリーがこのまま完全閉店に追い込まれるようなら、バンコク風俗の一つの時代の終わりを告げますね。まあ、ごく一部の狭い話ですが。
他にも店はたくさんあるけど、やはりバンコクといえばナタリーなんで。
パタヤのゴーゴーバーでいうなら、スーパーベイビーが閉店したのと同じような気持ち(閉店理由は違うけれど)。

規制が厳しくなり、タイも徐々に遊びにくくなってきた。

いつまでもあると思うな、スーパーベイビーとナタリー。
バンコクでもパタヤでも、遊べるうちに遊んでおきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

lek-gogo

ノースパタヤバービア群(ソイ6、ドリンキングStなど)の現状とLEKゴーゴーバー初訪問レポート

日曜日の夜、ノースパタヤの遊び場をまわってきた。 ソイ6、ドリンキングストリート、バービア群、ゴー

記事を読む

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)

ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブができていた。 名前は、VE

記事を読む

お盆休みのバチェラー

【昨晩のLKメトロ】バチェラーとディスティニーとタッチ

いよいよお盆休みとなり日本からの旅行者が俄然増えてきたパタヤ・ソイLKメトロ、昨晩の様子。 訪

記事を読む

サファイアクラブ

【近況報告】最近訪れたゴーゴーバーたち

8時間ドライブしたり、同じ女性に5日間軟禁されたり、カブトガニ食べたり、パタヤマフィアにみかじめ料を

記事を読む

ラムー (3)

高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。18歳と19歳のホステスがレベル高し。

日本から友人がやって来た。 お望み通り、サードロードのパブを一緒に捜索することに。 関連記事

記事を読む

HONEY1MP

深夜便で帰国する時のパタヤ・バンコクの時間の過ごし方と遊び方

はじめてパタヤを訪問するという読者の方から、質問をいただいた。 深夜便での帰国となるのでフライ

記事を読む

Pattaya Darkside bar (6)

【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット通り以東の山側エリアのこと。イ

記事を読む

VIPERバイパー外観

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。 パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘が

記事を読む

バカラ

まずは見ておけ、バカラのオープニング。昨晩の状況やいかに?

バカラ BACCARA パタヤ、ウォーキングストリートのゴーゴーバーといえば、バカラなので

記事を読む

ビーチクラブ (3)

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB 昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑