*

ソイLKメトロのパンドラが、ゴーゴーバーへ衣替え。Pandoras。

パンドラPandors (2)
以前、コヨーテバーとして紹介したパンドラが、ゴーゴーバーへと衣装替えしていた。

場所はソイLKメトロ内のソイダイアナ寄り。シャンパーニュとバチェラーの間くらい。小さな箱なんで、見落としがちだ。

前回のレポート⇒【新規オープンレポート】ソイLKメトロの新コヨーテバー、パンドラ Pandors’s

外見に変化はなし。
しいていえば、店名が微妙に変わっている。
以前は、Pandors’sという発音しづらい英語表記だったが、サインボードにはPandorasと書いてある。
まあ、どっちみち、以前からタイ人従業員は、パンドラと発音していたが。

パンドラPANDORAS

ドラフトビール65バーツのボードにつられて入ってみた。
まったく期待はしてないが、さて、どう変わったのか?

もちろん店内の大きさは変わらない。狭い。
でも、座席が増えていた。
以前は一列だったのが、無理やり二列にしてある。
前列に座ると、ステージが目の前だ。
完全対面スタイルなんで、全裸ダンサーが踊っていると、目のやり場に困りそうだが、どんと構えておこう。

ステージの大きさは変わらず。
ポールが4本あって、3人ないし4人のダンサーが踊っている。
完全着衣のコヨーテもいれば、トップレスやボトムレスもいる。
出勤ボードを確認すると、総勢18人。
おお、以前は6,7人だったのに、がんばったなあ。

でも、年齢層は高め。かなり厳しいラインナップだ。

ダンス終わりで、わたしの隣に座った年増のダンサーに、「Sorry,you are not my spec」と言われた。

「あなたはわたし好みのスペックじゃない」ってこと?
ひどい言いようだなあ。

たぶん、「I am not your spec」の言い間違い。
どうせあたしのような年増のダンサーを日本人は相手しないよね、空いている席に休憩で座っているだけだから気にしないでね、と言いたかったのだろう。
まあ、縁がなかったということで。

一人だけ、そこそこかわいいダンサーがいたが、ファラン好きのようで、わたしは見向きもされなかった。
ああ、やっぱりわたしのスペックが悪いんだ。そうなんだ。どうせ、チビでハゲでデブでブサイクの日本人さ。

でも、20代後半と思しきコヨーテ嬢が話相手になってくれた。
ありがとう、涙がでるよ。

 

場末感満載のゴーゴーバーと言いたいところだけど、ファランでそこそこ盛り上がっているのが不思議。
ファランのボスが、知り合いらしき客に奢っていた。自分も次々に酒をオーダー。そのたびに、ボス用の伝票にサインしている。なかなか太っ腹なボスです。

多少無視されたりもしたけれど、意外と居心地は悪くないんだよねえ。
しかも65バーツのドラフトビールは、大きなグラスに入っていて、飲みごたえあり。
音楽はそれほどうるさくない。
友人とふらっとビールを飲みに行くには悪くないかも。
ペイバーは期待しないことです。

そういえば、コヨーテクラブ時代のパンドラに一人だけいた若いスレンダー美人を見かけなかった。
そりゃあ、あのレベルならウォーキングストリートの人気店に移籍するよね。

ちなみに、バーファインは、800と1200。コヨーテとダンサーによって違うみたい。あと12時またぎでも値段が変わると言っていたが、面倒になって細かいところは聞いていない。
これまた確かめていないが、ショートは1500か2000、ロングが2500か3000ってところでしょうね。

パンドラの小さな箱は、開けてびっくり、意外と普通のゴーゴーバーでした。
特におすすめはしませんが、気が向いたら軽くビールでも飲みに行ってください。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)

ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブができていた。 名前は、VE

記事を読む

D CLUB (3)

WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。 名前は、D CLUB。読みか

記事を読む

Walking street 201702

フロッグクイーン再訪とインフィニティとシャンペーンとクリスタルクラブ。

禁酒日から明けたパタヤのゴーゴーバーの様子。 ウォーキングストリートもLKメトロも、い

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェ2017年最新訪問レポート

バンコク屈指の出会いの場として名を馳せるテーメーカフェの現状レポート。 訪れたのは日曜

記事を読む

パイレーツ(Pirates) (1)

パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。

ソイボンコットにあるクラブ4と007のレポートは以前にお送りした。 ショートタイムバーと呼べばいい

記事を読む

camel toe pattaya (1)

ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(キャメルトゥー)を初訪問してき

記事を読む

ビーチクラブ

【昨晩のウォーキングストリート】改装後のビーチクラブとインフィニティ、あとバカラ

一週間ぶりにウォーキングストリートへ足を運んでみた。 深夜0時半頃だったが、客足は多い。

記事を読む

walking-street-201612

2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王崩御から30日の娯楽自粛期間は

記事を読む

walking-street-201612

バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつかゴーゴーバーをまわった。

記事を読む

MPナタリー (2)

ひさしぶりのMPナタリーは、やはり極上のラインナップだった

バンコクのホイクワンにある、超有名お風呂屋さんナタリー(Nataree)を久々に訪れてみた。 たぶ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. えいじ より:

    こんばんは!昨日パンドラの前通りましたがあまり活気が、ないようなのでtouchとバチェラーに入りました。touchの方が盛り上がってました。やり手そうなママは結構綺麗ですね。自分も2,3杯飲んでLDドリンク奢って1000b行きませんでした。その後ふらふらとドリンキングストリート辺りを散策しソイ3歩いてたら1軒のバービアで女の子が大盛り上がりのバービアがありました。吸い込まれるように着席して一緒に4目並べやジェンガ?を何回もやりました。その間も若い娘が踊りまくって他のところとは違う盛り上がり、ビーチロードから2軒目のバービアでした。
    皆の笑顔だけで癒されますね。7~8杯奢っても1000bくらいでした。(安い)
    本当に楽しめました!PBしたかったのですがLkメトロとバービアの間にソイ6行ってしまったので残念ではありますが連れ出しませんでした。余談ですがバービアで最後何故かLBさんが僕の目の前に座ってました。
    こちらのサイトを参考にさせていただき59b
    ステーキ屋さんからLkのゴーゴーなどパタヤ2回目で大変楽しめました。今バンコクですが
    パタヤが恋しいです。明日には帰国で気持ちはブルーです。

    • 千夜一夜 より:

      パンドラの存在に気づいただけでも立派です。あそこは普通スルーしちゃいますからね。
      タッチは呼び込みにも力を入れてますよね。コスプレが魅力(?)です。
      ソイ3のバービア群は異常に盛り上がっているバーがありますねえ。あれは楽しいです。
      59バーツのステーキ屋は評判上々です。いまだに同じ価格でがんばっております。

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑