*

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。


ガパオにも、いろんな種類がある。
一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか。

鶏肉(ガイ)を使ってもいいし、イカ(プラームック)を使ってもおいしい。

今回は、屋台に缶詰があったので、ガパオプラーガポンにしてみた。

ガパオプラーガポン屋台

プラーガポン

プラーガポン

プラー=魚
ガポン=缶

魚の缶詰のことだ。魚はイワシかニシンか、そんな小さな種類のもの。
オイルサーディンと考えたらいいみたい。
味は、トマト風味が一般的。
コンビニなんかでも簡単に買える。

プラーガポン缶詰
他にも味はあるようだが、タイでは魚の缶詰といえば、トマト味が主流らしい。いわば、イワシのトマトソース煮缶詰か。
もちろん、ツナ缶や普通のオイルサーディンも買える。

ガポンは、クラポンともグラポンともカタカナ表記できそうだが、わたしにはガポンと聞こえるし、ガポンと発音したほうが通じやすいかな。
缶のビールも、ヌンガポン、ソンガポンと数える。

ややこしいのは、魚の種類にも、「プラーガポン」があること。
これは声調が違うので、タイ人に言わせると、まったく違う発音だよワハハ、ということなのだが、カタカナ表記だとどうしても同じになってしまう。
まあ、しょうがない。
缶詰のガポンは、ほぼそのままカタカナ読みで通じるかな。

さて、ガパオプラーガポンの出来上がり。

ガパオプラーガポン

ここの屋台は、ほとんどそのままの大きさで魚を使っていた。中には、ほぐした上でガパオにする店もあるかも。

トマト風味とガパオの味付けが混ざって、ちょっと変わった味わいとなった。
これはこれでアリ。でも、やっぱり魚はある程度ほぐしてほしいかな。
缶詰の魚は、そのまんまイワシの味。
身をほぐしていないと、どうしても、魚の缶詰ご飯を食べているような気になってしまう。
おいしいんだけどね。

ガパオムーには飽きたよ、少々変わったガパオが食べてみたいよって人は、注文してみよう。

プラーガポンは、カオパット(焼き飯)に入れても、おいしいよ。

チャイヤプーン入り口屋台のカオパットプラーカポン (2)

これも、屋台で注文可能。

缶詰だけコンビニやスーパーで購入して、酒の肴にしてもいいかもね。

日本でも買えるみたいです。

SPONSOR LINK

関連記事

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (1)

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

パタヤのウォーキングストリート。 文字通り世界中から観光客が集まってくる。 よっ

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽キャベツ より:

    この料理も店によって味付けが変わるので善し悪しが有ります(全般的にそうですが)、最近食べたいものにより店を選んで行って食べています ここは〇〇が食べたい時に行くとか、クイッティアオは〇〇店みたいに、この料理はパタヤタイの店で食べるのが自分的には1番美味しく感じられます。最初は写真メニューで魚とは気づかずに注文し出てきたモノに驚きましたが 1口食べたら・・・・あら 美味しい。その後別の店で食べましたが 同じようでも味付けが違う この味じゃないよと思うように成ってから 食べたいものによって店を決めるようになった切っ掛けの料理です。

    • pattayan night より:

      いろいろ食べ歩いてみないと、味の善し悪しは比べられませんよね。
      ただ、一度美味しい店を見つけてしまうと、そこばっかり行ってしまいがちです。

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑