*

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

公開日: : グルメレポート ,


今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。
何を食べようかと、うろうろわくわくする。

ブッカオ市場のパッタイホイトート屋 (1)

以前の市場では見かけなかった店舗。
でかでかと「PADTHAI」と掲げられている。パッタイ屋だ。

メニューを眺めてみると、パッタイが並んでいる。
パッタイガイ、パッタイムー、パッタイクン、パッタイプラームック、パッタイタレー、そしてパッタイホーカイ。
玉子で包んだパッタイがパッタイホーカイだ。

ホー=包む
カイ=たまご

ホーなんて、漢字の包の音読みそのまんまなんで、覚えやすい。

ホイトートとタレートート

パッタイ屋では、ホイトートを扱っていることが多い。
パッタイのメニューの下部に、ホイトートらしきもあった。

ブッカオ市場のパッタイホイトート屋 (2)

DEPP FRIED MUSEELSと英語表記してある(上記画像一番左下)。
ムール貝の油揚げといったところか。
メニューの写真ではわかりづらいけど、ホイトートで間違いないだろう。

ホイ=貝
トート=揚げる

タイで食べられているムール貝は、日本ではミドリイガイと呼んでいるようだ。
タイでは一般的で、蒸したムール貝が屋台で売られていたりする。アルコールにもよく合う。

ホイトートは、そのムール貝のむき身を大量の油で揚げて、もやしを敷き詰めた皿の上に載せた料理。
タイ風お好み焼きとも紹介されることもある。

貝だけ物足りないので、できればイカやエビも入れて、シーフードにしてみたい。
英語メニュー名では、「DEEP FRIED SEAFOOD」となる。

タイ語は「タレートート」で通じた。

タレー=海。転じてシーフードのこと。

あとでメニューをタイ文字を解読してみたら、たしかにタレートートと書いてある。

完成まで少し時間がかかるので、席で待つ。できあがれば、ソースと一緒にテーブルまで運んでくれた。

ブッカオ市場のタレートート (3)

小麦粉か何かの粉を油で固めたものが、どんと載っかっている。

蓋を割ってみると、エビさんやイカさんやらムールさんたちがこんにちは。

ブッカオ市場のタレートート (4)

その下には大量のもやしさんも控えている。
もやしがキャベツになれば、たしかにお好み焼きっぽい。
いちおう、粉モンだしね。

ただし、お好み焼きソースではなくて、甘口のチリソースをかけて食べるのが定番スタイル。見たまんま油っこいので、味のアクセントが必要だ。

ブッカオ市場のタレートート (5)

うん、なかなかうまい。
好きなんだよねえ、これ。

できれば、もう少しだけエビやイカに火を通してほしいかな。
まあ、結果的に食あたりはしなかったけど、ちょっと怖い。

ぺろりと完食。

これで50バーツ。
ホイトートは、タイではおやつっぽい扱いらしいけど、軽い昼食にするならアリだろう。
油っこいこともあり、腹いっぱいになるまで食べると胃もたれしそうだ。

 

ちなみに、セントラルフェスティバルの地下フードコートのパッタイ屋でも、ホイトートやタレートートが食べられる。
こちらは80バーツ(値上げしている可能性あり)。

セントラルフードコートのホイトート

ホイトート(タレートート)

熱々の鉄板皿で、なかなか豪華。輪切りのイカがでかい。
量も多いが、かなり油っこい。
二人で注文して、半分ずつ食べるくらいがちょうどいいかも。

街中の食堂ではあまり見かけないかなあ。
寺の縁日では、ホイトートやオースワン(貝の卵とじ)をちょこちょこ見かける。やっぱり、おやつ的な位置づけなのかな。

パッタイ屋を見つけたら、ホイトートがないかチェックしてみてほしい。
パッタイもいいけど、ホイトートもおいしいよ。

SPONSOR LINK

関連記事

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

lk-chicken-1

LK Chickenの唐揚げは、夜食とおつまみに最適。1個15バーツ。

LKメトロのソイダイアナ側入り口近くのファミリーマート前に新しい唐揚げ屋ができている。 看板に

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

Schnitzel soi newplaza (3)

ソイニュープラザのヴィーナーシュニッツェル屋台は80バーツ。ほぼとんかつだけど、味もボリュームも良し。

ソイニュープラザを通りかかると、見慣れぬ固定屋台を発見した。 こ、これは!? ヴ

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

Tesco lotus south pattaya (5)

テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める。まさに炒飯である。

記事を読む

Vietnamese pork noodle soup (3)

パタヤタイのクイジャップユアンは40バーツで豚骨、手羽先、うずら卵入り

またしても、クイジャップユアンを取り上げる。 クイジャップユアンとは、うどんのような米麺を使っ

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑