*

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

公開日: : 最終更新日:2017/07/13 グルメレポート ,


今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。
何を食べようかと、うろうろわくわくする。

ブッカオ市場のパッタイホイトート屋 (1)

以前の市場では見かけなかった店舗。
でかでかと「PADTHAI」と掲げられている。パッタイ屋だ。

メニューを眺めてみると、パッタイが並んでいる。
パッタイガイ、パッタイムー、パッタイクン、パッタイプラームック、パッタイタレー、そしてパッタイホーカイ。
玉子で包んだパッタイがパッタイホーカイだ。

ホー=包む
カイ=たまご

ホーなんて、漢字の包の音読みそのまんまなんで、覚えやすい。

SPONSOR LINK



ホイトートとタレートート

パッタイ屋では、ホイトートを扱っていることが多い。
パッタイのメニューの下部に、ホイトートらしきもあった。

ブッカオ市場のパッタイホイトート屋 (2)

DEPP FRIED MUSEELSと英語表記してある(上記画像一番左下)。
ムール貝の油揚げといったところか。
メニューの写真ではわかりづらいけど、ホイトートで間違いないだろう。

ホイ=貝
トート=揚げる

タイで食べられているムール貝は、日本ではミドリイガイと呼んでいるようだ。
タイでは一般的で、蒸したムール貝が屋台で売られていたりする。アルコールにもよく合う。

ホイトートは、そのムール貝のむき身を大量の油で揚げて、もやしを敷き詰めた皿の上に載せた料理。
タイ風お好み焼きとも紹介されることもある。

貝だけ物足りないので、できればイカやエビも入れて、シーフードにしてみたい。
英語メニュー名では、「DEEP FRIED SEAFOOD」となる。

タイ語は「タレートート」で通じた。

タレー=海。転じてシーフードのこと。

あとでメニューをタイ文字を解読してみたら、たしかにタレートートと書いてある。

完成まで少し時間がかかるので、席で待つ。できあがれば、ソースと一緒にテーブルまで運んでくれた。

ブッカオ市場のタレートート (3)

小麦粉か何かの粉を油で固めたものが、どんと載っかっている。

蓋を割ってみると、エビさんやイカさんやらムールさんたちがこんにちは。

ブッカオ市場のタレートート (4)

その下には大量のもやしさんも控えている。
もやしがキャベツになれば、たしかにお好み焼きっぽい。
いちおう、粉モンだしね。

ただし、お好み焼きソースではなくて、甘口のチリソースをかけて食べるのが定番スタイル。見たまんま油っこいので、味のアクセントが必要だ。

ブッカオ市場のタレートート (5)

うん、なかなかうまい。
好きなんだよねえ、これ。

できれば、もう少しだけエビやイカに火を通してほしいかな。
まあ、結果的に食あたりはしなかったけど、ちょっと怖い。

ぺろりと完食。

これで50バーツ。
ホイトートは、タイではおやつっぽい扱いらしいけど、軽い昼食にするならアリだろう。
油っこいこともあり、腹いっぱいになるまで食べると胃もたれしそうだ。

 

ちなみに、セントラルフェスティバルの地下フードコートのパッタイ屋でも、ホイトートやタレートートが食べられる。
こちらは80バーツ(値上げしている可能性あり)。

セントラルフードコートのホイトート

ホイトート(タレートート)

熱々の鉄板皿で、なかなか豪華。輪切りのイカがでかい。
量も多いが、かなり油っこい。
二人で注文して、半分ずつ食べるくらいがちょうどいいかも。

街中の食堂ではあまり見かけないかなあ。
寺の縁日では、ホイトートやオースワン(貝の卵とじ)をちょこちょこ見かける。やっぱり、おやつ的な位置づけなのかな。

パッタイ屋を見つけたら、ホイトートがないかチェックしてみてほしい。
パッタイもいいけど、ホイトートもおいしいよ。

SPONSOR LINK

関連記事

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

chapayom-2

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。 読み方は、たぶん

記事を読む

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)

DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。 DOMICILは、オースト

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂、ルアンカオプン。 ⇒パ

記事を読む

ヌアヤーンとナムトックムーのダブル焼き肉丼

ヌアヤーンとムーヤーンのダブル焼き肉丼うまし

ある夜のこと。 食事中の友人たちから誘いを受ける。 食べきれないくらい量があるんで、食べに来

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑