*

バンコク、エラワン近くのラチャプラソン交差点で爆発事件

公開日: : パタヤニュース

つい昨日、2015年8月17日の夜にバンコクで爆破事件が発生したみたいですね。

現場は、エラワン廟のすぐ近くのラチャプラソン交差点。
BTSの駅でいうなら、チットロム付近。すぐ隣りの駅がサイアムで、ナナ駅は2つ隣。
ラチャプラソン交差点から南へ進むとシーロム方面へ通じている。

このあたりは、かなりの都心部。高級ホテルやショッピングモールもある。
地図を見てみると、近くには、タイ警察本部や警察病院もあるようだ。
そんな都心のど真ん中で起こった爆破事件。

事件直後から、フェイスブックでは現場付近の写真がタイムランにしきりに流れてきています。

11870892_1630872507184214_5512817431221811876_n

11902591_1630872557184209_4071992488691994764_n

爆発の様子の映像

BBCのサイトでは、現場からのレポートの様子が見られる。
http://www.bbc.com/news/world-asia-33963280

かなりの規模の爆発だったようだ。
爆弾によるテロ事件とみて間違いなさそうだ。
死者も多数出ている。

爆発現場からは少し離れるとはいえ、アメリカ大使館や日本大使館もさほど遠くない。
政治的にも観光産業的にも、ちょっと危ない展開。
ナイトライフ的には、ナナ駅が二つ隣というのが気になるところ。
バンコクヘ遊びに行かれる人は、ちょっと不便なことになるかも。
ま、それでも何事もなかったかのようにナナプラザやソイカウボーイはオープンしているだろうけど。

タイへの観光客は一時的に減少することは必至。でも、いつぞやのバンコク混乱時のように、バンコクを避けて、パタヤへ直行する旅行者が増えそうな気もする。

このような規模の爆発事件ともなれば、一旅行者が気をつけられることなんて、ほとんどない。
人が集まるスポットへは出かけないことくらい。
それなら観光旅行の意味がないわけで、はじめから旅行に行かないという選択になってしまう。

まあ、わたしは近々タイへ行きますけどね。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

walkingstreet20161023

パタヤの現状。これからのタイ・パタヤ旅行をどうすべきか。

国王死去から10日ほどが過ぎたパタヤの現状 オークパンサー明けからは、ほぼ通常営業に戻りつつあ

記事を読む

HIGH HEELED AND DANGEROUS   YouTube

【パタヤニュース】エロマッサージ屋が摘発される/レディボーイ対ファラン

サウスパタヤのマッサージ屋が摘発 サウスパタヤにあるマッサージ屋が潜入捜査官によって摘発された。

記事を読む

costume

【パタヤニュース】ジョムティエン一方通行に/スパイシーガールズ営業停止/大雨ハロウィーン

ジョムティエンのビーチロードが一方通行に 今年2014年11月12日から変更になるとのこと。 一

記事を読む

スクリーンショット_031516_011954_AM

【パタヤニュース】VIPERバーで手入れ。ノースパタヤでシーシャ摘発される。

ちょっと気になるニュースがあったので、久々のパタヤニュースをお届け。 VIPERバーやノースパタヤ

記事を読む

Relax bar (1)

【パタヤニュース】ソイブッカオのバービア未成年斡旋逮捕事件

1月10日、ソイブッカオのバービアで摘発があった。 未成年の女性に客を取らせていたとの容疑で、バー

記事を読む

pattaya20161014-3

昼間のパタヤは、ほぼ通常営業。街の雰囲気もいつもと変わらず。

静まり返った夜から明けたパタヤの様子。 昨晩遅くは雷を伴う豪雨となったが、今は多少雲が出て

記事を読む

スクリーンショット_120215_022558_AM

【パタヤニュース】ファラン誘拐殺人事件/イスラム国ISによるタイへのテロ計画/MP嬢切り裂き事件など

ファラン誘拐殺人事件 ジョムティエンにあるヴィラから38歳のオーストラリア人が誘拐された。銃を持っ

記事を読む

no image

【パタヤニュース】ソンクラーン終了/日本人旅行者がひったくりにあう

ソンクラーン終了 4月19日にソンクラーンが終了。 当日は警察官がビーチロードを巡回して

記事を読む

PATTAYA PEOPLE

【パタヤニュース】アメリカ人刺される/レセプション睡眠薬強盗/アルノタイで火事/ロシア人流れ弾に当たる/パタヤビーチ夜間パトロール

ソイブッカオでアメリカ人が刺される 喧嘩の原因は不明だが、ブッカオの路上でアメリカ人とフランス人で

記事を読む

pattaya20161013-1

【タイ・プミポン国王死去】静まり返ったパタヤの夜

タイ時間で、10月13日午後7時頃、プミポン国王死去のニュースが流れた。 わたしはちょうど

記事を読む

アドステア

Comment

  1. j1bkk より:

    昨日までパタヤにいましたが、なんら変わってませんでした。
    爆破の件もミアから教えてもらったほどです。
    ずーと、晴れていて楽しかったです。
    今回は、AIR ASIA だったので、北バスターミナルまでタクシー移動(貴ブログどおり、陸橋の手前で降て、50バーツなし)し、バスでパタヤへ。
    また、帰りのドンムアン空港のセキュリティチェックは強化されたようには見えませんでした。荷物も、2kgちょっとOverしてましたが、もうひとつの鞄(パソコン等)に移すように指示があっただけでした。でも、KIX着が23時過ぎだったので、荷物を預けていれば、またkix野宿の運命したが、ギリギリまにあいました。預けていれば、完全にアウトですね。

    • pattayan night より:

      やはりパタヤは平穏無事のようですね。いつものことですが。
      ドンムアンのエアアジアの荷物制限は緩いですね。パソコン用バッグに重たいものを入れておけば、ほぼ通過できてしまいます。あまりにも大きい荷物はダメですが。
      関空野宿はいつも冷や汗ものです。3回に1日はアウトくらって、野宿となります。

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑