*

ギンタップと真夜中のバービアでビンゴゲーム。

26日目

昼食はイサーン屋台

それにしても暑い。
昼飯を買い出しにいくのも億劫になるほどの猛暑。

宿の近くに出ているイサーン屋台で手早く済ますことにした。

イサーン料理屋台

ここの屋台のおばちゃんとも仲良くなってきた。
わたしがちょっとタイ語で話しかけるものだから、おばちゃんのマシンガントークをお見舞いされた。
やたらと早口でおしゃべりしてくるのだ。

いや、無理っす。
半分も聞き取れない。

短い質問文ならわかる。
ミアはいるのか?」「もうタイに家は買ったのか?」とかそんな質問ね。
でも、長いセンテンスで一方的に話されると、チンプンカンプンだ。
あ~あ~」とタイ人風に生返事するだけ。
まあいいかと聞き流しておく。
もしも、イサーンで暮らすことがあるなら、もっとタイ語なりイサーン語を勉強する必要がありそうだ。
いや、暮らす予定はないけど。

ガイヤーン、干し魚、肝臓の串焼き、カオニャオ。
しめて80バーツなり。

ガイヤーンカオニャオ干し魚肝臓イサーン料理

詳しい内訳は聞いていない。

ガイヤーン40
干し魚20
肝臓の串焼き10
カオニャオ10

ってところかなあ。

ガイヤーンが30で、干し魚も30かもしれない。

この干し魚は、市場で袋に入れて売っているものより大きめ。
おばちゃんの手作りらしくて、塩分控えめだそうな。
ありがたい。
食べてみると、確かに他の店の干し魚に比べて塩辛くない。
炭火で炙り直して、アツアツなのも高ポイント。

何より、ガイヤーンが最高だ。
焦げ目の入った鶏皮が美味すぎる。
カオニャオとの相性抜群だ。

まず指先でカオニャオをひとつまみしてから、カオニャオごしに魚やガイヤーンをつまむと指が油まみれにならずにすむ。
これがイサーン人の食べ方よ、とコヨーテさんに教えてもらった。

ちなみに、肝臓好きのコヨーテさんのために、わざわざ肝臓の串焼きを買ってあげたが、こちらは不評だった。
ちょっとだけかじって、あとは捨てていた。残念。

タップタップ

肝臓は、タイ語で「タップ」という。

で、タップタップと二回繰り返すと、あの行為を意味する俗語となる。
タップタップという音の響きが、行為中の音を連想させるようですな。
「パイギンタップ(肝臓を食べに行く)」なら、あの行為をやりに行くみたいなスラングになるらしい。

そんな肝臓にまつわるダジャレジョークは定番中の定番。

マイチョープタップ テー チョープタップタップ

タップは好きじゃないんだ。でも、タップタップは好きだよ。ぐへへへ。

チョープタップ チョープタップタップクワー

タップは好きだよ。タップタップはもっと好き。ぐへへへ。

タップマイアロイ テー タップタップアロイマーク

タップはおいしくないね。でも、タップタップはめっちゃおいしいよ。ぐへへへへ。

ヤークパイギンタップ ラーゴー ヤークギンホイドゥアイ アロイアロイ タップタップ

タップを食べに行きたい。それと、一緒にホイ(貝)も食べたないな。おいしいなあ、タップタップ。じゅるじゅるぐへへへへ。

まあ、何でもいいです。
文法的に正確なタイ語でなくても、ノリで通じます。上記のタイ語もかなりいいかげんです。
下世話なシモネタなんで、ノリがすべて。自己流アレンジでテキトウにどうぞ。
あまりタップタップ言いすぎて、白い目で見られても責任は取れませんが。

というわけで、わたしはタップを食べなかったけれど、もちろんコヨーテさんとはタップタップ。
毎日のように食べているとはいえ、やっぱりおいしいよね。

夕方、いつものようにコヨーテさんを職場に見送り、いつものように一人でPC作業。

途中、コンビニ弁当で腹をふくらませて、夜11時くらいになり、ようやく外出。
ますます出かける時間が遅くなってきた。

豪雨の中、深夜のビンゴゲーム

いつものようにバービアへ。
深夜1時過ぎから、ぽつぽつと雨が降り出す。

その後、本降りに。いや、土砂降りだ。
滝のような雨。
道路はあっという間に冠水。

雨降り

タイ名物のナムトゥアム(洪水)さん、いらっしゃい。

バービアが閉店する午前2時をまわっても、雨足はいっこうにおさまらず。
これでは帰れない。
客はわたし一人だったが、キャッシャーやバービア嬢たちも取り残されている。

暇だなあ。
と、一人のバービア嬢がゲームの箱を持ってきた。

ビンゴゲーム (1)

ビンゴゲーム。

はい、はった、はった!

参加費、一人5バーツだよ~

総勢7人ほどでビンゴゲームとなった。

ビルを入れる木の筒に5バーツを投入していき、ゲーム開始。

番号札は参加者が順番に引いていく。

番号がヒットしたら、自分のビンゴシートの上に、瓶のキャップのようなマークを置いていく。
タテ・ヨコ・ナナメで列が揃うか、四角が埋まれば、ハイ、ビンゴ!

ビンゴゲーム (2)

真夜中のビンゴゲーム、意外と盛り上がる。
5バーツの参加費が、10バーツとなり、20バーツとなり、さらに白熱。
バービア嬢6人(下は22歳から上は36歳まで)に囲まれ、ビンゴ、ビンゴ。

大した額ではないけどカネがかかっているんで、あまりムキにならない程度で終了。
まだ雨は降っているが、かなりマシになってきた。
そろそろ帰りましょう。
ちなみに、わたしは3勝。
ちょっと儲かった。

ブッカオの帰り道、雨降りなのでソンテウに乗る。
うーん、軽い冠水。

ソンテウ雨降りブッカオ

翌日、バービア嬢たちに聞いてみると、パタヤタイやスクンビット方面は、ひざ上や腰近くまで冠水していたそうな。
さもありなん。
パタヤの水はけがよくなる日は、はたしてやって来るのか。
あと何十年はかかりそうな気もがする。

ちなみに、大雨のため、コヨーテさんは部屋に来れず。
まあ、しょうがない。
雨の音を聞きながら、今夜は一人寝だ。

(参考図書)

タイ語初心者にはまったく不向きだけど、持っておいて損はないと思う。

わたしが持っているのは、藤崎ポンパン名義の版。新版は中身が変わっているかは不明。

そこそこ長いセンテンスの文章が多いんで、CDを聞いていればリスニングのトレーニングになる。
でも各チャプター頭の音楽が邪魔なんだよなあ。iTunesに取り込んで、再生開始時間をうしろにずらして、全部編集しなおした。iPodの再生回数はゆうに100回を越えてます。よほどセンスがある人以外は、とにかく量をこなしましょう。

会話を覚えるのは無理だ、という人は指差し会話帳で。

イラスト多数なんで、バービアに持っていけば、それなりにウケます。お持ち帰りした部屋のベッドの上でのコミュニケーションツールとしてもどうぞ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

TTカレンシーレート

バンコクより友人来たる。円安が直撃するタイ生活と夜遊び。

14日目 深夜にやって来たコヨーテ嬢と二人寝。 またしても、昼過ぎまでダラダラと寝てしまう。

記事を読む

スパーガール1

ウォーキングウォーキング、スーパーガールを見学してきた。最後はLKメトロへ。

2日目つづき。夜の部。 パタヤの夜といえば、ウォーキングストリート。 価格上昇と緊縮財政事情

記事を読む

ジョムティエンのバービア (3)

ジョムティエンの巨大バービア群でまったり遊ぶ。イングランドとイサーンの融合を見よ。

18日目 起床後。 コヨーテさんがフルーツを食べたいと言う。 昨晩、マンゴスチンとマンゴー

記事を読む

ヤムママータレー

屋台のヤムママータレーうまし。F1とコヨーテ嬢とのダブルレース。

19日目 昨晩はコヨーテさんがやって来ず、一人寝。 快適な睡眠。 でもどこか寂しい。 昼

記事を読む

エアアジア機体ドンムアン空港

さらばパタヤ、さらばコヨーテ嬢。また会う日まで。

30日目最終日 パタヤ最終日の朝 本日がパタヤ滞在30日目。 帰国の日だ。 予定通り、朝

記事を読む

ペパーミントゴーゴー

ペパーミントで友人のペイバーを手伝う。ボーイズタウン内のホテルはとってもマッチョな雰囲気。

9日目つづき。夜の部。 ウォーキングストリートへ 食後、ウォーキングストリートへ。 友人のうち

記事を読む

夜のパタヤビーチ (1)

イサーン姉弟たちと夜のパタヤビーチでプチ宴会。最後はクイジャップ屋台でしめる。

25日目 肉欲とサロン コヨーテさんの起床は例によって午後3時ころ。 昼過ぎにメーバーン(家政

記事を読む

KFCセントラル店 (4)

セントラルのKFCとFUJIレストラン。日本から友人がやって来る。

9日目 コヨーテ嬢と昼12時過ぎまで熟睡。 夜の女性に合わせていると、どうしても生活サイクル

記事を読む

食事

滞在ラスト2日前に最後のブンブン。あとは最後の挨拶まわり。

28日目 一人の朝食 起床。 パタヤ滞在残り2日。 あさっての午前中にはパタヤからドンムアン

記事を読む

禁酒日のウォーキングストリート (4)

禁酒日のパタヤ。タンブンデートと夜の遊び場。

13日目 泊まりに来たコヨーテ嬢と昼すぎまでダラダラと寝てしまう。 一緒に寝ると、どうにも深

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    タップタップwなかなか覚えやすいですねぇw
    まぁ連発すると確かに痛々しい目で見られるのは間違いないですねww
    私もパタヤよりタクシーでバンコクに戻る途中で冠水した道路にぶちあたりました@@
    ちょっとして川状態ですね@@

    • pattayan night より:

      文章じゃなくても、「タップタップ」って言うだけでウケますね。まあ、でもほどほどに。
      冠水した道路近くを歩いていると、車がはねた水でずぶ濡れになります。タイのドライバーは歩行者ヘのいたわりが欠けていることが多いんで。
      雨が降っていても、道路側に向けて傘をさす必要があります。

  2. 芽きゃべつ より:

    大雨の際のパタヤの道路の冠水・・・・無く成らないでしょう、本気でするなら北、中央、南通りの地下に直径15メートル以上の下水道本管を作り 3か所の末端ビーチに大きな排水機場(巨大ポンプ場)を設置。また各ソイや道の下水道管を大口径の物に全て交換・・・・・莫大な巨額の費用が掛かります。数千億バーツ。
     まだ効果は無くてもビーチロードの数か所に仮設のポンプを設置して形だけでも<努力はしていますよ>の方が目に見えて軽微な費用で済む、誰も本気にはしないだろうが。
     ここまでしないと道路の冠水は永久です。

    タップ 面白いタイ語を覚えました、間違えて2回言っちゃいそう。

    • pattayan night より:

      数年前にビーチロードのソイ10で、地面を全部掘り起こして大規模な排水工事やってました。でかい水道管を設置していました。あれでソイ10近辺の冠水がマシになりましたね。
      ああいう工事をパタヤ全域で行う必要がありそうです。そりゃあ、無理ですね。
      まあ、タイ人は慣れっこになっていて、「また洪水だよ、しょうがねえなあ、土嚢でも築いとくか」としか思ってなさそうですけど。
      パタヤの英字新聞を読んでいると、読者投稿欄でファランはよく怒ってますけどね。

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑