パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート

ソイブッカオのサービスアパートメント、テープ アパートメント (Thep apartment)宿泊レポート

投稿日:


ソイブッカオから少しだけ入ったところにあるサービスアパートメントに泊まってみた。
Thep Apartmentだ。
サービスアパートメントだがホテル利用も可能。
部屋はほどほどに広くて清潔。
プールやジムはないが、部屋では快適に過ごせる。

SPONSOR LINK



テープ アパートメント (Thep apartment)

外観
テープアパートメント Thep Apartment (2)

看板に表記されたアパート名は、Thep Apartment。アゴダでの表記も同様。

が、玄関にはTEP Apartmentと書いてある。
気にしてもしょうがない。実際の発音は、テープというよりテップのほうが近いかも。これまた気にしてもしょうがない。

テープアパートメント Thep Apartment (1)

1階がレセプションと駐車場となっている。バイク置き場あり。

アゴダで予約していき、チェックインは簡単。
デポジットもなかった。

TM30と呼ばれる外国人居住通知に関する注意書きがしてある。

テープアパートメント Thep Apartment (4)

一度出国してから再入国するたびに知らせないといけないと。
短期滞在者にはほぼ無関係だが、長期滞在者は気をつけよう。
逆に言うと、ここはチェックイン後すぐにイミグレーションへ通知を出してくれる。滞在延長や居住証明書を取りたい人には安心。

鍵、キーホルダー、それとオートロック解除用のキーカードをセットにして渡された。

レセプションから客室フロアへ入れるが、夜間はレセプションは無人となり、奥のオートロックドアから出入りする。

テープアパートメント Thep Apartment (26)

夜間はセキュリティが常駐しているが、チェックは厳しくない。

エレベーター付きなのがうれしい。

テープアパートメント Thep Apartment (6)

建物は6階建て。

客室フロアの廊下
テープアパートメント Thep Apartment (29)

木製ドアには普通のシリンダー錠。

テープアパートメント Thep Apartment (7)

部屋の電気は、キーホルダーを挿して通電させるタイプ。

テープアパートメント Thep Apartment (28)

スタンダードルーム内部

ドアを開けたところ
テープアパートメント Thep Apartment (8)

窓から差し込む日差しが強烈だ。

カーテンを閉めてもう1枚。

テープアパートメント Thep Apartment (19)

部屋はほどよい広さ。

テープアパートメント Thep Apartment (9)

アゴダ情報では22平米とのことだが、手狭に感じることはない。

窓が多く採光がいいため、圧迫感もなく、実際の専有面積よりも広く見える。

三菱製エアコンのほか、扇風機もついている。

テープアパートメント Thep Apartment (15)

地味ながら扇風機はありがたい。睡眠時はエアコンを切って扇風機だけにするとちょうどいい。

ベッドの両サイドにテーブルとコンセントあり。

テープアパートメント Thep Apartment (10)

ベッドの上に、バスタオルとハンドタオル。

クローゼット内にセーフティボックス。

テープアパートメント Thep Apartment (11)

テレビ台と作業机は大きい。パソコン作業は快適だ。

テープアパートメント Thep Apartment (12)

テレビは小さいが、映りは良好。

テープアパートメント Thep Apartment (24)

チャンネルはごく普通のケーブルテレビ。

室内禁煙。喫煙はバルコニーで。ただ、灰皿は自前で用意する。

テープアパートメント Thep Apartment (23)

また、窓際にテーブルと椅子のセットが置いてある。

テープアパートメント Thep Apartment (13)

食事はこちらで。

冷蔵庫の上に、電気ポット、インスタントコーヒー類、コップなど。
冷蔵庫の中に無料の水が2本。

テープアパートメント Thep Apartment (14)

家具類がややくたびれてきているが、部屋は清潔に保たれている。

バルコニー

さほど広くはないがバルコニー付き。椅子やテーブルが置いていない。

テープアパートメント Thep Apartment (16)

この部屋は南向き。
正面に見えるのはDホテル。

テープアパートメント Thep Apartment (18)

昼間は遮るものがなく直射日光がもろに当たる。

テープアパートメント Thep Apartment (17)

洗濯物干しがあり、さらにエアコンの室外機の風をあてれば、強烈な日光とあいまって、洗濯物があっという間に乾く。

カーテンは遮光カーテンにつき室内への影響は少ないが、やはり部屋に熱がこもりやすい。
が、ベッドがエアコンと扇風機に挟まれている形となっており、昼間でも涼しく眠ることができる。

夜は近くにバーがないため、とても静か。
ただし、朝方は鶏の鳴き声が聞こえてくるかも。

浴室内

シャワー、トイレ、洗面台が一体となったユニットタイプ。

テープアパートメント Thep Apartment (20)

シャワーカーテンがあるので、洗面台の床がずぶ濡れになることはない。
シャワーは水圧、温度ともいたって普通。

洗面台は広めで使いやすい。コンセント差し込み口もあり。

テープアパートメント Thep Apartment (22)

アメニティは、固形石鹸と袋入りシャンプーのみ。

テープアパートメント Thep Apartment (21)

サービスアパートメントはどこもこんなもの。必要なものは自分で揃えるのが基本。

Wi-Fi無料

Wi-Fiは当然無料。
レセプションでIDとパスワードをもらう。
実際に使っておらず速度は不明。

JF無料

ジョイナーフィーは無料。
昼間はレセプションを通らずにオートロックドアが出入りするため、実質ノーチェック。
夜間はオートロックドア前にセキュリティがいるが、あまり機能しておらず、これまたノーチェック状態。
気になる人は、レセプションなりセキュリティにIDカードを預けさせるなど自衛策を取りましょう。

SPONSOR LINK

館内設備

屋上にプールらしきものがあると聞いたので登ってみる。
エレベーターを降りて、さらに階段を上がる。

テープアパートメント Thep Apartment (27)

プールじゃなくて、空っぽのジャグジーが置いてあるだけ。
はたしてここに水をためて使うことができるのかは不明。
あと、写真に映っている以外の場所にテラスのようなスペースがあって、そっちにも木製のビーチベッドがいくつか並んでいた。
まあ、日光浴くらいならできるかと。
一風変わった屋上である。

フィットネスジムはない。

1階エレベーター近くに電子レンジが置いてある。

テープアパートメント Thep Apartment (5)

無料のインスタントコーヒーもあり。

地図と周辺施設

地図

ソイで言うなら、サードロードのソイ11となる。
ソイブッカオからサードロード方面へ歩いて1分くらい。

ソイブッカオまで出ればソンテウが多数走っており、LKメトロやウォーキングストリートまで1本で行ける。

コンビニはソイブッカオとの交差点にセブンイレブンがある。徒歩1分。

周囲にランドリーショップやコインランドリーが多い。
すごく地味なソイなのだが、生活するには意外と便利。

隣は、リソールがおいしい洋食屋。

関連記事:ソイブッカオに隠れ洋食屋あり。リソールとヴィーナーシュニッツェルがうまい。

サードロードまで行けば、おいしいコーヒー屋あり。

関連記事:サードロードのちょいおしゃれカフェ Pangpond Cafeでアラビカ種コーヒーとカイガタ

このソイにはサービスアパートメントが多い。

D Xpress apartment (1)

関連記事:ソイブッカオ近くのサービスアパート、Dエクスプレスアパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!
関連記事:屋上プール付きでコスパ上々、立地良し。Dアパートメントパタヤ (D Apartment Pattaya)宿泊レポート。
関連記事:PSアパートメント D Xプレス宿泊レポート。格安アパートながらスイミングプール利用可能。

他にもアパート多数。
パタヤで長期滞在を考えているなら、片っ端からアパートをあたるのもいいだろう。

上掲サービスアパートメントはすべてDグループで、ホテル利用も可能。
いずれも屋上プールが使えて、短期滞在でも利用価値は高いと思う。
特にDエクスプレスは部屋も広くてソファーもあって、グレードによってはバスタブ付き。立地条件がやや悪くなるが、それでもおすすめ。

宿泊料金と予約先

現在、アゴダで1泊600バーツ程度。

テープアパートメント Thep Apartment スクリーンショット

これはローシーズン価格だろう。ハイシーズンはこれより高くなるはずだ。

レセプションで聞いたところ、マンスリーなら16,000バーツとのこと。
電気代水道代込み。
掃除は2日に1度。
ペットボトルの水の補充は無し。

この部屋の広さでエアコンを頻繁に使うとしたら、1ユニット=7バーツで計算すると、おそらく1ヶ月で1,500か2,000バーツほどだと思われる。
水道代はせいぜい200バーツ程度。
その分を引くと、家賃が14,000バーツ前後。
2日に1回のルームクリーンがあるのはありがたいが、ローカル向けのアパートに比べるとやはり高い。
それでも、部屋はほどよく広くて快適。
1ヶ月程度の中期滞在なら、面倒がなくていいかも。
どうやらクレジットカードでの支払いも可能のようだ。

もちろん、短期滞在用ホテルとして利用してもいい。
600バーツでこの部屋なら利用価値は高い。

テープ アパートメント (Thep apartment)予約先

アゴダ

まとめ

部屋に関しては、ほぼ不満なし。
かなり快適だ。
プールとジムにこだわりがなく、部屋で過ごすのがメインなら特に不都合はないかと。
立地もソイブッカオ界隈に慣れているなら、意外と便利。
ホテルとして短期滞在するもよし、アパートとして長期滞在するもよし。

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.