パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ステーキ・洋食

新規オープン・ソイブッカオのアメリカン食堂 NICE DINERで5段重ねパンケーキ

投稿日:


ソイブッカオ南側にひときわ異彩を放つ店が登場した。
NICE DINERという店名。

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (1)

なんだか看板も陽気な感じだ。
どうやら2018年9月7日にソフトオープンしたようだ。
さっそく入ってみよう。

SPONSOR LINK



NICE DINER

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (2)

NICE DINER PATTAYA CITYが正しい店名なのか。
面倒なのでナイスダイナーとしておく。
売りは、ブレックファースト、バーガー、フライズ、ラップと書いてある。
まあ、見るからにアメリカン食堂ですな。

店内の様子
Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (12)

手前にカウンター席。奥にテーブル席。

この色使い、この能天気さ、このベタな内装。
壁にはストラトキャスターもどきと星条旗。

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (4)

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (3)

もうひたすらアメリカンである。
こてこてのアメリカン。
アメリカン・グラフィティに出てきそうな雰囲気。

正直いって、ソイブッカオの猥雑かつ混沌とした街並みにまったく合っていない。
違和感アリアリ。
ミスターベーターが、パーティ行かなあかんねんとかいい出しそう。
これぞヘブン・オブ・アメリカン。ヘブリカンである。

でも、この雰囲気は意外と好きだったりする。

メニュー
Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (6)

スパゲッティパニーノが99バーツ
タイ料理・カオパットは89バーツ
ミルクシェイクが119バーツ
水25バーツ
ビール80バーツ
コーヒー20バーツ、アメリカンコーヒー230mlで50バーツ

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (5)

ビーフバーガーが189バーツ
ホットドックが69バーツ
ラップチキンが129バーツ

ブレックファーストメニュー
Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (7)

14時まではコーヒー(定価20バーツ)が無料でつく。
オムレツ89バーツ
パンケーキ99バーツ
オムレツチキン149バーツ
ダイナーブレックファースト169バーツ

普通のブレックファーストがいいけれど、なかなかのお値段。
目を引くのは、PANCAKES。
ラージパンケーキ4枚にチョコレートあるいはメイプルシロップがつく。
よしこれにしよう。
これぞアメリカンな朝食に違いない。

PANCAKES

まずはコーヒーから。

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (8)

アメリカンよりは濃い目。苦味あり。
価格20バーツなら上等です。

さて、わたしはアメリカに行ったことはない。もちろん本場もしくは本場風のDINERも入ったことがない。
が、とりあえず予備知識として、Pancakeとは、日本でいうところホットケーキなのはわかっている。

当初のイメージ予想図
PANCAKESスクリーンショット
グーグル検索「Pancakes Diner」より

うん、綺麗に重なってますね。

焼き上がるまでにけっこう時間がかかった。
ようやく到着した実物がこちら。

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (9)

確かに重なっている。
でも一枚一枚の形がいびつだなあ。実にふぞろい。

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (10)

おっと、メニューには4枚と書いてあるが、数えてみると5枚ある。
サービスしてくれたかな。

一枚目はそのまま食べてみる。
うん、普通のパンケーキ。
やはり、日本で言うところのホットケーキだ。
子供のころ、よくホットプレートで作って食べたホットケーキ。
思い出補正がかかっているだろうけど、日本で食べたほうがうまかったような気がする。

メープルシロップは甘ったるい。
そういえば日本ではマーガリンをのせて食べていたような気がする。
でもここはアメリカン食堂だ。
メープルシロップをどばどばと上からかける。

Nice Diner Pattaya ナイスダイナー (11)

ジャンク臭が一気に漂う。
躊躇しているとナイフとフォークを持つ手が止まってしまいそうだ。
気合を入れて食べ続ける。
5枚食べきるとなんだか疲れてしまった。

まあ、おいしいといえばおいしいけど、なんかなあ。
これがアメリカンなんかなあ。マッチョなんかなあ。

コーヒー付きで99バーツ。
100バーツ以下だと安く思えてしまうが、内容からするとちょっと高い。

地図とまとめ

地図

営業時間:
本来は、午前9時から深夜3時まで
現在はソフトオープン中につき、正午から午前1時までの模様。

正直な感想:この店は長続きしない

パンケーキはいまいちだったが、他のメニューを見てみると、たしかに量は多そう。
バーガー系もトッピングを加えていけばさらにボリュームアップしそうだが、価格も上昇する。
機会があれば、ハンバーガーとポテトは食べてみたい。
でも、この価格帯はソイブッカオでは厳しいと思う。

そして、ソイブッカオにアメリカンは似合わない。マッチしていない。フィットしていない。アウト・オブ・ブッカオである。
ソイブッカオ北側にあったGREAT AMERICANというアメリカンスタイルのバーガーサンド屋もあっさり撤退した。

長年ソイブッカオを見続けてきた人間の見立てでは、半年ほどで撤退すると予想。

多様性こそパタヤの精髄である。
こてこてのアメリカンダイナー的なレストランがあってもいいと思う。星条旗が翻っていてもいいと思う。ヨーロピアンだけにでかい顔はさせておけない。

できれば予想を裏切って長続きしてほしい。
が、たぶん、無理だろうなあ。
あんまりおすすめしませんが、5段重ねパンケーキが食べたい人は、お早めにどうぞ。
予算を気にしない人は、がっつりハンバーガーとポテトを食べて、食後にミルクシェイクを飲みましょう。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.