*

バービアめぐりで新人バービア嬢と休日ゴーゴー嬢に出会う

16日目

昼食は唐揚げパーティ

前夜ペイバーしたバービア嬢を見送ってから、部屋でのんびり過ごす。
昼過ぎ、パタヤ入りしている友人K氏に呼ばれて、ホテルへ会いに行く。

別の友人が買ってきた唐揚げを部屋で食べることになった。
日本から持参してきた焼酎とビールで乾杯。
さながら唐揚げパーティだな。

唐揚げ1

この唐揚げは、店名は知らないけど、ちょこちょこと見かけるチェーン店で購入したもの。
ブッカオの常設市場にも店がある。

唐揚げ3

唐揚げ2

タイの屋台の唐揚げは、独特の香草がブレンドされていることが多いけど、ここのコロモはかなりシンプル。
KFCに近い味だ。
肉もジューシーでそこそこイケる。
やや薄味なので、ピリ辛ケチャップソースをつけて食べる。これもKFCと同じ。
これで1個22バーツは安いよね。

夜はウォーキングストリートへ

日本から友人が来たら、とりあえず目指す場所はウォーキングストリートとなる。
友人の来訪は、今回の滞在で3組目となる。
ほぼ連続して3組なので、おのずとウォーキングストリートへ出向く機会が多くなった。

焼き鳥屋台

まず、小腹が空いたので、セカンドロード沿いの屋台で焼き鳥を購入。
一本10バーツ。
微妙に大きなサイズの焼き鳥も置いてあって、そちらは一本20バーツ。
ほとんど罠のようなサイズの違いである。
ウォーキングストリート近辺の屋台では、買う前に値段を確認しておこう。

SIMONバービア群ウォーキングストリート

SIMON サイモン」という大きなバービア群でビールと焼き鳥。
ここはビールが110バーツと少々高い。
たぶんバーファインとチップも高い。
飲むだけで撤退。

ウィンドミルクラブ WINDMILL CLUB

ウィンドミル
次はもちろんゴーゴーバーへ。
あまり入ったことのないゴーゴーバーへ行きたいとのリクエストがあり、ウィンドミルへ。
パタヤ歴がわたしより長い友人もここは初めてだと言っていた。
けっこう有名だと思うけど、これだけゴーゴーバーの数があれば、ムリもないか。

ウィンドミルといえば、パタヤでナンバーワンのバカっぷり。
マット上で行われるレズビアンショーをかぶりつきの席で見ることができる。
バカ大好きのファランが騒いでいる。
ショーをやっている女性陣のルックスは、この際おいておく。
単純に遊ぶだけなら意外と楽しい。
全裸シャワーショーも目の前で見られるし、上下水着着用のなんちゃってダンスに物足りない人は、ぜひウィンドミルに足を運んでみてほしい。
軽いカルチャーショックを味わえるかもね。
ドラフトビール代60バーツだけで楽しめるんだから充分でしょう。

友人3人のうち2人とは、ここで別行動。
それぞれ単独で今宵の相手探しに出る。

新人バービア嬢とゴーゴー嬢に出会う

わたしは友人K氏と2人でブッカオ界隈のバービアへ。

まず、なじみのママさんがいるバービア。
19歳の色白でかわいい新人がいた。
まだ一度もペイバーされたことがなく、初物価格となっていた。

通常バーファインが300のところ、500バーツ。
ショートで2000バーツ。並のバービア嬢ならショートで1000バーツが相場。

ママさんいわく、ゴーゴーバーと同じような価格設定らしい。
たしかに人気ゴーゴーバーで働いていてもおかしくないレベル。
でも、バービアでショート2000バーツは高い。
ま、お金と体力に余裕があったら、余裕でペイバーしていただろうけどね。

アクションストリートのバービア

アクションストリート

ついで、アクションストリートへ移動。
いつも寂れているこのバービア群ではあるが、なんとか営業している。

てきとうなバービアに入ってビール。
酒のあては、珍味と近所のハンバーガー屋台で購入したフライドポテト。35バーツ。

つまみのフライドポテト
このポテト、ちょっと油で揚げ過ぎてカリカリになっていた。
ポテト好きのわたしだが、これは失敗作だと思う。

軽く飲んでいると、寝間着のような格好をした若いタイ女性が遊びにきた。
完全なすっぴんだけど、かなりかわいい。
話を聞いてみると、普段はウォーキングの某ゴーゴーバーで働いているそうだ。

今日はたまたまデイオフ(休み)で、知り合いの働いているこのバービアに遊びに来たそうだ。
20歳でスタイル良し。
日本人受けしそうな顔立ち。
聞いてみると、やはり日本人客が多いらしくて、簡単な挨拶程度の日本語が話せた。

わたしが独学でタイ語を覚えたと言うと、
マイミーせんせーロー(先生はいないの?)」と質問された。
逆にわかりづらいよ。

日本人客からもらったキティのぬいぐるみが部屋にたくさんあるとか言ってたなあ。
このルックスだもの、日本人から人気があるのも納得。

ドリンク奢ってと軽くお願いされたけど、こちらも軽く断る。
それでも嫌な顔一つせず、むしろ笑顔のまま話し相手になってくれた。
かなりいい子かもしれない。

持って帰りたくなったけど、ゴーゴー嬢となると、ショートで2000バーツは請求されそうだ。
バーファイン代がかからないからお得なんだけど。
でも、昨日、バービアでペイバーしたばかりだ。
今日はムリ。

 

それにしても、昨晩ペイバーしたばかりのタイミングで、かわいい子との出会いが連続するなんて、ある意味ツイてない。
これが一昨日の段階だったら、どちらか一人を連れて帰っていただろう。
特にプライベートのゴーゴー嬢はかなりもったいない気がする。
でもしょうがない。

彼女の働いているゴーゴーバーへ今度遊びに行くねと約束して、バイバイ。

友人K氏ともここでお別れ。

わたしは、昨晩ペイバーしたスレンダー嬢のいるバービアへ遊びに行く。
二日連続のペイバーはないけど、顔だけでも見せておきたい。
が、ちょうどファランに接客中。
すぐにペイバーされてしまう。

まあ、いくらペイバーする気がなかったとはいえ、目の前で連れて行かれるのはちょっと悲しいものだ。

残された熟女バービア姉さんたちと傷を舐め合うかのようにチビチビとビールを飲む。
酔いが回ったところでチェックビン。

当然、一人寝。
いろいろと複雑な一日であった。


関連記事

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

マンダリン

深夜のゴーゴーバー放浪。TIM BAR、スパイシーガールズ、マンダリン。

(18日目つづき) バービアでのビリヤード大会を終えて、お開き。 各々、別行動へ。 わ

記事を読む

ブッカオ

バービアを放浪するもペイバー難民と化す

12日目 そろそろホテル代の支払いを催促された。月極めを一括払い。 ホテル代は先払いが普通だ

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

カノムチン

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目 昼飯はカノムチン そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな

記事を読む

逆ペイバーバービア嬢

バービア嬢からの逆ペイバーの誘いにつられてみた

39日目 ブッカオ火金市場で買い食い 昼飯を食べようと外出したところで、本日がブッカオ火金市場の

記事を読む

パタヤビーチ看板バレンタイン

ゴーゴーバー好き友人帰国。7泊で計5発。でもパタヤの魅力はそれだけじゃないよね。

22日目 ソイ6コーナーバーとソイ7のハピネスゴーゴーが取り壊し 本日が最終日となるゴーゴーバー

記事を読む

シーシャ

夜のソイボンコット散策。奢ってもらったビールとシーシャで酔いが回る。

43日目 昨晩は少々飲み過ぎたようだ。 変な角度で寝ていたせいで、首が痛い。 左右に振るに

記事を読む

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

名無し食堂のガパオ

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。 ソイブッカオ沿い、ちょうどソ

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑