*

いつもと変わらぬパタヤ沈没生活

パタヤ8日目

本日の昼飯

ブッカオ市場
ブッカオの市場でぶっかけ飯。
節約生活の強い味方だ。
メニューも豊富で飽きさせない。

ブッカオ市場ぶっかけ飯屋

本日のチョイスは、ごつごつしたチキンとジャガイモのカレーライス。
日本人の味覚にすごくよく合う。
ごはんが進む。

ぶっかけ飯カレー

40バーツ。
ん? ちょっと高くないか。
35バーツのはずじゃあ。
まあ、美味かったからいいか。

関連記事:長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

PPボディマッサージと新装ホテル

食後に軽く散歩。
PPボディマッサージのあるソイだ。
名前は、そのまんま「ソイPP」。

PPマッサージ

このマッサージパーラーは、アラブ・インド系がよく利用している。
泡姫たちのラインナップも、ふくよかな熟女の方々が多い。
正直なところ日本人向けとは言いがたいけど、たまに若くて細い子が紛れ込んでることが無きにしもあらず。

おっと。
PPマッサージの真向かいにある、ヴィラパナリーホテルの名前が変わっているぞ。
ADELPHI PATTATAとある。

ホテルアデルイフィパタヤ

アデルイフィ パタヤ(Adelphi Pattaya)

hoteladelphi
agodaをはじめ、各サイトの地図情報が間違っているが、PPマッサージの向かい側にある。
オーナーが変わったのか、単なる改名なのかは不明。
Agodaの情報では、「2014年built」とある。
外見が少し変わっているが、元々の建物の原型はとどめているので、おそらく改装したのだろう。
情報ページの室内写真を見るかぎり、とても広くて快適そう。

Agodaでチェック

エクスペディアでチェック

ホテルズドットコムでチェック

今夜もバービアでビール

夜になり、とりあえず腹が減る。
どこに何を食べに行こうか、それはもう、部屋を出た時の気分まかせである。
屋台で購入して部屋へ戻ることもあれば、てきとうな食堂で食べてから、夜遊びに出かけることもある。
たまたま目の前をソンテウを走れば、思わずウォーキングストリート方面へ出てしまうこともある。

すべては気分しだい。
今夜のわたしの足は、ソイ7へ向かっていた。
ソイニュープラザのバービア群を冷やかしながら、ソイ7へ。

焼き鳥バーベキュー屋台

とりあえず腹が減ったので、ソイ8にある屋台のバーベキューを購入。
鶏皮が好物である。
特に焼きたては最上にうまい。
ただ、あまりにも脂っこくて、2本食べるのが限界。
カオニャオと一緒に食べるとちょっとマシになる。

食べ歩きをしながら、バービアを物色。
特に収穫なし。
今回のソイ7は、ほんとイマイチ。
めぐり合わせが悪いのだとあきらめる。

なじみのバービアへ移動して、ひたすらビール。
今日もひたすらビール。
ビールとビリヤード三昧。

連れ出しは無し。
円安の今、いつも以上の節制が求められる。
ひたすらビールで性欲を押さえつけるしかないのだ。
ああ、そろそろ人肌が恋しくなってきた。

それにしても、ろくに夜遊びをしていないと、このブログも大した内容が書けない。
ローカル屋台料理を紹介するばかりの、しみったれた内容となってしまう。
まあ、それがパタヤ沈没生活の実態なので、あえて誇張して書くつもりはないけど、もっと派手さがほしいところではある。

とはいえ、限られた予算と円安の状況下でやっていくしかない。
うまく立ち回れば、まだまだ安く遊べるパタヤだ。
楽しんでいこう。


関連記事

パタヤ看板

2015年パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月15万円の予算で毎日夜遊びしながら滞在できるのか、経過報告。

ちょうど1ヶ月が経過したパタヤ沈没生活。 前半戦終了である。 まだ先はあるものの、とりあえず

記事を読む

ソイハニー

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき) 下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだ

記事を読む

サファイア

連夜のウォーキングストリートのゴーゴーバはしごで、すっかり下半身が冷えきってしまう。

(20日目つづき) 18歳と強欲ママさんのバービアをあとにする。 友人二人に電話すると、すで

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

名無し食堂のガパオ

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。 ソイブッカオ沿い、ちょうどソ

記事を読む

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)

ゴーゴー嬢と夜のタンブン&ムーガタデート

47日目続き。夜の部。 バービア嬢との昼間のタンブンデートは、あえなく不発に終わった。 が、

記事を読む

LKメトロ

ファランと結婚するというバービア嬢と再会。ちょっと涙酒。

46日目 昼飯はガイヤーンとカオニャオ いつものイサーン料理屋台へ。 ラーブでも食べよ

記事を読む

フルーツ屋台

パタヤラストナイトもバービア。でも水と栄養ドリンクとフルーツで過ごす。

50日目 パタヤ滞在残り一日。 パタヤの夜を楽しめるのも今日が最後。 でも悲しいかな下痢に

記事を読む

ビリヤード台

やっぱりバービアで過ごすのがパタヤ沈没スタイル

(49日目つづき。夜の部) パタヤの夜を楽しめるのは、本日と明日のみ。 昨晩は久々にペイ

記事を読む

コヨーテバービア

ソイ6からドリンキングストリートまで、ノースパタヤの夜遊びスポットめぐり

パタヤ沈没10日目 本日の昼飯 なんとなくコンビニ弁当を選択。 魚のチリソース炒めご飯

記事を読む

アドステア

Comment

  1. さる より:

    タイの食事の話しだけで充分面白いです。

    • pattayan night より:

      ありがとうございます。
      タイ飯の話は継続して書いていきます。

  2. ヨッシータルン より:

    いつも楽しく拝見させていただいてます。
    ところで今回の沈没はいつまでの予定ですか?3月下旬までおられます??

    • pattayan night より:

      うーん、3月中旬に帰国予定ですので、下旬はいませんねえ。

  3. 高原です より:

    こんにちは

    いつも楽しく拝見しています
    屋台の料理美味しそうですね

    常設市場のソイブッカオの赤いスープに麺がはいってるの美味しかったです

    • pattayan night より:

      赤いスープに麺が入っているのは、カノムジンのことでしょうか。
      カノムジンも定番中の定番料理ですね。食べやすくておいしいです。

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑