*

ビール三昧のパタヤバービア沈没

沈没生活7日目

友人二人はパタヤを離れ、プーケットへ。
友人のタイ彼女は田舎へ戻るそうな。

男二人でプーケットか。
ゲイの友人は、プーケットにもボーイズバーがあるのか、しきりに気にしていた。
わたしはその方面にまったく詳しくないけど、たぶんあるでしょう、と答えておいた。
バングラー通りはオカマだらけなんで、気をつけてね。

さて、またも一人となったパタヤ滞在。

本日の昼飯

今回のパタヤ滞在で初の焼き鳥。
といってもチョイスしたのは、豚のバーベキュー。

焼き鳥屋台1

画像一番右が豚肉。
真ん中は肝。
左が、たぶん鶏皮。
どれも1本10バーツ。

焼き鳥屋台2

炭火焼きで香ばしい焼き上がり。
数本ほど注文してカオニャオ5バーツをたせば、焼き鳥定食の出来上がりで安上がり。

カオマンガイ屋台でシンガポール野郎と知り合う

本日の夕食。
これも今回初のカオマンガイ。40バーツ。

カオマンガイ

肉がやや細切れすぎるけど、味自体は良し。

ソイダイアナとブッカオの交差点近くにある屋台。

カオマンガイ・クィッティアオ屋台

ここで、同じテーブルに座った色黒の若い男性から話しかけられる。
タイ人だと思いきや、実はシンガポールからの旅行者。
色黒のアジア人だから、いつもタイ人に間違われると笑っていた。
屋台のおばさんからも普通にタイ語で話しかけれていたし。

はじめての海外一人旅らしい。
シンガポールからタイなんて簡単に来られるから、もっと頻繁に旅行していそうなもんだけど。

初の一人旅で友人ができず苦労しているとか何とか。
わたしが初めての友人だといって喜んでいた。
フェイスブックのアドレス交換もした。

それにしても、シンガポール人の英語は聞き取りづらい。
ものすごく流暢にぺらぺらと話すんだけど、どうもわからん。
こちらの話す英語は完璧に聴きとってもらえるようだから、わたしのヒアリング能力が悪いだけかな。
これがシンガリッシュというやつか。

これからビールを飲みにいくと言うと一緒に来たい様子だったけど、こちらからは特に誘わなかった。
もっと積極的にならないと、旅先での友人はできないよ。

LKメトロ

LKメトロ

昨日再会した某ゴーゴーバーのダンサーに会いに行く。
以前は呼び込みをしていたが、現在はダンサーへ転向。
店内に入ると、ちゃんと踊っていた。
完全下着直用のコヨーテだな。

が、諸事情によりこの子は、ペイバー不可。
食事へ行くくらいならオッケー。
そのくせ、子どもを作ろうなんて誘ってくるものだからタチが悪い。

日本人は鼻梁が高くてうらやましい。タイ人はほとんど鼻がない。
子どもはきっと男前になるから、日本人の子どもがほしい。

男の子(ルークチャイ)と女の子(ルークサオ)が一人づつがいいな。

そんなことを平気で言う。
冗談に決まっているけど、その気になってしまうじゃないか。
ドリンクをタカられそうになったので、撤退。

ひたすらビール

あとは、ブッカオにあるバービアで一本40バーツのビアリオをひたすらあおる。
話し相手は、なじみのママさん。
世間話とか、ママさんの男性遍歴とか。
現在でもファランの彼氏がいて、そこそこ大きな家に住んでいる。
うらやましい。

すっかり安いビールでへべれけ。
本来なら、この日は、知り合いのタイ女性とファランとの結婚パーティへ遊びに行く予定だった。
が、日付を一日間違えてしまい、完全スルーしてしまうという体たらくぶり。
脳みそまでビールに浸されてしまったのか。
もう廃人寸前である。

今日もペイバーなしの一人寝。

新たな女性の収穫はないけど、シンガポール野郎と仲良くなってしまった。
男とフェイスブック交換するくらいなら、かわいいタイ女性とメール交換の一つでもしとけって話ですな。

まあ、いいか。
これも旅だ。

Gダイアリーにも掲載されていた高野秀行のイスラム飲酒紀行。おおっぴらに酒が飲めるタイや日本がいかに楽かわからせてくれる。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

バレンタインデー屋台1

パタヤ、恋人たちの聖なる夜は真紅のバラのように燃え上がるのか

(つづき) バレンタインバービア ブログ進行上はややディレイしているが、本日はバレンタインデーな

記事を読む

ソイエキサイト食堂2

ソイエキサイトの新食堂。ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。

23日目 友人2人はバンコクへ。 エカマイ行きのバスも少し値下げになったようだ。 ソイレン

記事を読む

PPマッサージ

いつもと変わらぬパタヤ沈没生活

パタヤ8日目 本日の昼飯 ブッカオの市場でぶっかけ飯。 節約生活の強い味方だ。 メニュー

記事を読む

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

ソイ6-2

友人二人がパタヤへ。パタヤ初心者をまずはソイ6へ連れて行く。

11日目 前夜ペイバーしたバービア嬢を宿の一階まで見送る。 見送りに行くことをタイ語で「パイ

記事を読む

ジョムティエン (2)

ジョムティエンの夜遊びめぐり。巨大バービア群、Rompho Complex。

(つづき) スワンナプーム空港行きのエアポートバス乗り場から、歩いてジョムティエン方面へ。

記事を読む

ビリヤード台

やっぱりバービアで過ごすのがパタヤ沈没スタイル

(49日目つづき。夜の部) パタヤの夜を楽しめるのは、本日と明日のみ。 昨晩は久々にペイ

記事を読む

名無し食堂のガパオ

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。 ソイブッカオ沿い、ちょうどソ

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑