パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ夜遊び情報全般 夜遊び情報

2017年5月禁酒日夜のパタヤ、ウォーキングストリートの開店状況

投稿日:2017年5月11日 更新日:

昨日5月10日は、ヴィサカブーチャ(仏誕節)と呼ばれる休日で、禁酒日にあたる。
アルコール販売は禁止。よって、酒の提供を主とするバーは基本的に閉店となる。
日付が変われば、禁酒日は終了となり、アルコール販売オッケー。深夜0時に開店するバーもある。
とはいえ、閉店時間は通例通り午前4時なので、営業時間は4時間しかない。わざわざその4時間のために営業するのは馬鹿らしいと終日閉店するバーも多い。
なかにはソフトドリンクだけの提供という名目のもと、やや前倒しでオープンしているバーもある。
これがここ最近のパタヤの禁酒日の流れ。

と、前置きはここまでにして、
日付の変わった11日0時過ぎから外出してみた。

ソイLKメトロ

Soi LK metro 201705

ゴーゴーバーは全滅です。一つたりともオープンしていません。暗くて何がなんだか。
以前はショーガールだけがオープンしていたと思うのだが、今回は全滅。ま、一軒だけオープンしていても客は集まらないだろうしね。
バービアはそこそこやっている。特にビラボンは大盛況。生バンド演奏も通常通りですね。

ソイハニー

いわゆるスペシャルなマッサージ屋通り。ここは表向きはマッサージ屋なんで、昼間も当然営業している。夜はバービアも営業していましたね。

バービア

ソイブッカオからセカンドロードにかけてのバービアの開店率は5割ってところか。
数年前に比べると、格段にオープン率は上がっている。

ウォーキングストリート

到着したのは午前2時前。
ソイ15から入った。

Walking street20170510 (6)

Walking street20170510 (7)

ソイ15はサファイアクラブとシャーク以外はすべて閉まっていた。ソイ15はかなり寂しい。

メイン通りへ出てみると、普段よりは劣るけれど、そこそこのにぎわい。

Walking street20170510 (1)

ざっとチェックしたところ、ウォーキングストリート沿いで開店しているゴーゴーバーは意外と多い。
予想通り、ハッピー系列とシャーク系列は軒並み営業している。

シャーク系列店で話を聞いたところ、午後10時台にはオープンしたと言っていた。

Walking street20170510 (4)

わたしの予想に反してセンセーションズも営業。
スカイフォールも営業。

むしろ、開店していないゴーゴーバーを列記するほうが早い。

閉店確認済みの主なゴーゴーバー

Walking street20170510 (3)

Walking street20170510 (5)

Walking street20170510 (2)

アイアンクラブ、エアポートクラブ、Gスポット、ギンザ、エレクトリックブルー、ドールハウス、ベイビードールズ、エンジェルウィッチ、ミスティーズ、スーパーガール、フェロモンクラブなどなど。
他にも小箱計が数店あるが、だいたいこんなもの。
あとの有名どころは、すべてオープンしていた。

普段のウォーキングストリートに比べれば寂しいものだけど、ハッピー&シャーク系列ががんばっているんで、それなりに盛況です。
しかも客が少ないし、夜中でも選びたい放題。
時間の限られた短期旅行者には、短い夜となって少々もったいないが、禁酒日でも普通に遊べますね。
ひたすら飲み歩きたい人には向きませんが、夜遅くなってから、さくっとペイバーするだけなら問題ないです。昼間は、ソイハニーかMPでどうぞ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.