パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート 麺類(クイティアオ・バミーなど)

白いスープがうまいクイティアオ屋@サードロード。胡椒をかけてどうぞ。

投稿日:2017年3月1日 更新日:


LDブティックホテルに宿泊した夜のこと。
食事どころを求めて、ホテルそばのサードロードをうろうろしていると、何の飾り気もないクイティアオ屋を見つけた。

Noodle soup in Third road near LD Boutique hotel (6)

何気なくふらふらと入ってみた。

クイティアオをオーダー。麺はセンレック、具材はムー(豚)で。

普通の透明スープ(ナムサイ)だろうと思っていたが、出てきたスープが白濁色でちょっと驚いた。

Noodle soup in Third road near LD Boutique hotel (1)

こんな色のスープはタイのクイティアオ屋では珍しい。クイジャップユアンでももうちょっと透明だ。

おっと、小さなエビが入っているぞ。これまた珍しい。

Noodle soup in Third road near LD Boutique hotel (2)

そのままスープを飲んでみると、たしかにおいしい。すっきりしているんだけど、深みがあるというか、少々複雑な味。よくあるナムサイとは明らかに別物。
でも、少しパンチが足りない。

定番の唐辛子や砂糖や酢やナンプラーを軽く入れても、どうにもしっくりこない。

よく見ると、テーブルの上には大きな胡椒入れが置いてあるではないか。

Noodle soup in Third road near LD Boutique hotel (4)

中国系の胡椒なのかな。
これをかけてみよう。

すると、ぴったりハマった。
スープのうまみがさらに増す。

店の人に「スープは何?」と聞いてみると、簡潔に「ムー(豚)」とだけ返事が戻ってきた。

この色はやっぱり豚骨ベースなんだろうなあ。
でも、日本の豚骨ラーメンとは全然違う。
エビが入っているところをみると、海鮮系のうまみも使っているかもしれない。
まあ、わたしの味覚など何のアテにもならない。

とにかく不思議な味。

麺は普通です。
具材は、豚ミンチとエビともやしとルークチンと香り付けの野菜の葉っぱ。
麺よりも豚ミンチ肉とスープを一緒に食べるといった風情だ。麺の味は正直覚えていない。

日本のラーメンでも、タイのクイティアオでも、スープだけを飲み干すことはまずない。
でも、ここのスープは思わず飲み干してしまった。

Noodle soup in Third road near LD Boutique hotel (5)

お会計は、35バーツ

Noodle soup in Third road near LD Boutique hotel (3)

冷たいお茶も無料で出してくれる。
ありがたや。

営業時間は、朝9時から午後9時までだそうです。

地図

ザLDブティックホテルから、徒歩1,2分といったところかな。

関連記事:ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

ゴルフの打ちっぱなし場からも至近距離。

お近くへお越しの際は、この白いスープのクイティアオをどうぞ。胡椒も忘れずにね。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, 麺類(クイティアオ・バミーなど)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.